西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ5 その12

<<   作成日時 : 2016/10/02 23:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ペルソナ5ですが、メーカー出荷が55万本を突破したようです。
それを記念して、一部DLCを前倒しで配信し、有料予定のDLCを期間限定で無料配布する事に決定した模様。
配信日は2016年10月5日を予定しており、水着セットが無料配信。
ゲーム「キャサリン」をイメージしたコスチューム&BGMセットが、10月10日までの期間限定で無料配信されると言う事。
キャサリンが無料なのは5日間限定ですから、この期間に忘れずに入手しておきたいですね。
入手するだけなら、ゲームソフトが無くてもできますし。





5月20日
テストの成績が貼り出されていました。
今回の結果は、中間よりやや上と言うもの。
やはり知識がランク2で止まっていたのが響きましたね。
この結果でも魅力が上昇したので、上位だったらさらに影響があったのかも。

画像

本日はパレスへ潜ってみました。
ここで祐介への説明も行われますね。
ペルソナ持ちは自分の本心と向き合っている状態なので、心の歪みであるパレスは生じない事も判明します。

パレスでは祐介のコードネームを決める事に。
狐のような面と尻尾から「アブラアゲ」が候補に挙がり、本人もその気になっていましたが、杏に却下されて「フォックス」に決定。

画像

怪盗団のメンバーが増えた為、今回からパーティ編成が可能になりました。
戦闘に参加できる人数は、主人公を含めて4人まで。
主人公はパーティから外せないので、残りの3人を選ぶことになります。

ただ過去のシリーズとは違い、選ばなかったメンバーはバックアップとして、パーティの後ろから付いてきていると言う設定。
戦闘中以外なら、ステータス画面から自由にパーティ編成が可能です。
状況に応じて自由にパーティを編成できるのは良いですね。
今回は電撃と疾風、火炎に弱い敵が多いので、いつものメンバーの方が楽ですが。

画像

マダラメ・パレスですが、宝物殿の入り口は開いたままでした。
入り口から少し奥へ進むと館内の案内図が置かれていて、これを入手すれば残りのマップが埋まりますね。
カモシダ・パレスの時は最後にボス戦があると思ってSPを温存していたので、道中の戦いが厳しかったりしましたが、今回は手順を理解しているので楽に進めそうです。
まぁ中ボス戦くらいはあるでしょうが。

ラウンジ南西の通路には鍵付き宝箱があって、中から疾風のリングパールスナフソウルが手に入りました。
リングは疾風ダメージを少し軽減するので、疾風が弱点の竜司に装備させると良さそうですね。

画像

ラウンジの東側にある通路は、赤外線センサーで道を塞がれています。
北西の角に警備室があるので、まずはそちらを目指すことになりますね。
中央の広間には敵が大量にいるので注意が必要ですが。

まぁ戦闘直後は周囲の敵が消え、プレイヤー付近で敵は沸かないと言う仕様があるので、落ち着いて不意打ちを仕掛けていけば何とかなります。
周囲には赤外線センサーが大量に配置されており、カバーで隠れる場所が無いのが難点ですが。
敵にとって赤外線センサーは壁扱いになるらしく、センサー越しに襲われないのが救い。

画像

中央奥には傾いた絵があり、これを調べると絵画の中へ入れます。
絵画は別の絵画に繋がっていて、サードアイを使えば移動できるポイントが表示されますね。
絵画から外に出るとラウンジの2階に出るので、ここにある通気口を通れば北西の警備室に辿り着けます。
南西にあるスイッチを操作すると、ラウンジ入り口へのショートカットが開通。

警備室の前には、シャドウが待ち構えています。
こいつは近付くと戦うかどうかの選択に。
戦う場合は、「凶事まねく憑代」との戦いになります。

物理と銃撃が通用しない相手なので、魔法主体で戦いたい所。
核熱でダウンが取れるので、フレイを覚えたシーサーが残っているなら楽に戦えますね。
相手は物理中心の攻撃で、タルカジャで攻撃力を上げてくることもあるので、タルンダが使えないと厳しいかも。

画像

戦闘に勝利すると、メディアのスキルカードを入手。
スキルカードを使うと、主人公が持つペルソナにスキルを習得させることができます。
合体時にしか継承させられないスキルを、カードを使う事で後から覚えさせることもできると。
これはP4Gで追加されたシステムですね。

警備室脇には鍵付き宝箱があり、中から武士の眼帯アメジストわら人形が入手できます。
眼帯は物理回避が少し上昇する効果。

警備室に入ると、システムを動かすのにパスワードが必要な事がわかります。
とりあえず南西の扉からラウンジ入り口に向かうと、2体のシャドウを発見。
このシャドウに近付くと、パスワードのヒントが貰えます。

パスワードのヒントは、「班目の足元の数字」。
宝物殿の入り口にある巨大班目像を調べれば、祐介がパスワードを推測してくれますね。
プレートに書かれていた「2つとなく」、「唯一無二」、「一流斎」から、パスワードが「2121」だと。
実際には選択肢が現れるので、プレイヤーが選ぶ形になりますが。

画像

後は警備室に戻ってセキュリティーを解除すれば、ラウンジの東エリアへ入れるようになります。
ここにセーフハウスもありました。

東の扉を抜けるとギャラリーに到着。
ここにある壺を壊した所、リージェントが現れました。
破壊できる物を壊した時に、宝魔が現れるんですね。
警戒度が高いほど遭遇率が上がると言う事ですが、警戒度が0%でも出現する模様。

リージェントは前に仲間にしたのが残っていますし、図鑑から呼び出すこともできるので、今回は普通に倒しました。
撃破すると経験値300と5,750円を入手。
獲得資金増加のアクセサリーを装備しているので、普通に戦うともっと少ないかも。

画像

ギャラリーでも絵画の中に入り、移動する事になります。
サードアイを使えば移動できる場所がわかりますが、今回は正しいルートを歩かないと入り口に戻されてしまいますね。
パターンは少ないので、実際に歩いてみれば迷う事は無いでしょうが。

一応ルートを書いておくと、東、中央、南東から外に出て、スイッチを起動。
入り口に戻り、東、東、中央から飛び降りてスイッチを起動。
入り口に戻り、東、中央、中央、東の出口から外に出ると言う流れ。

画像

ラウンジを進んでいくと、謎のフロアに到着。
地図にも載ってない場所ですね。
カメラが固定な上に立体的な構造なので、地形を把握するのが大変かも。

ここには、氷結弱点の敵が出現します。
パーティ編成で祐介を投入した方が楽かも。

今回の戦闘で会話に失敗し、敵が逃走しようとしたのですが、ここで怪盗同盟への救援要請が出現しました。
敵に逃げられそうになった時に救援要請を出すと、敵の逃走を確実に妨害可能。
要請回数には限りがありますが、日付が経過すれば要請回数も回復するようです。
救援要請を出した場合、他のプレイヤーの怪盗団が手助けしてくれた形となり、敵がダウン。

画像

奥へ進むと2枚の「サユリ」がありますが、これは赤い服を着ている方が本物ですね。
絵を調べて「本物だ」を選ぶと、絵が光となって消えて行きます。
後を追って高台の上の出口に入ると、今度は4枚の「サユリ」がありました。
こちらは手前から3枚目の絵が本物。

またも光を追っていくと、今度は8枚の「サユリ」が置かれています。
気になるのでちょっと試してみたのですが、贋作に対して「本物だ」を選ぶと敵が出現。
ただ気付かれてはいないので、素早く先制攻撃を仕掛ければ問題ありませんね。
「贋作だ」を選ぶと、祐介が「さすがだ」と言うだけで、何もおこらず。
本物の絵に対しても「贋作だ」を選ぶと、敵が出現します。

画像

8枚の絵のあるフロアはコの字になっていて、本物は通路の先から段差を降りた所の一番奥。
赤い服で梅らしい樹が背後に書かれていて、花が咲いているのが本物ですね。
近くにある青い扉に入ると最初の部屋に戻りますが、奥の扉に入ると先へ進めます。
後は道なりに進めば、謎の空間から脱出。

謎の空間から外に出ると、目の前にオタカラがありました。
ただ赤外線センサーで囲まれている状態で、まだルートを確保したとは言えない状態。
オタカラを奪う方法を見つける為、メインホールを調査する事になります。

画像

とりあえず北西の警備室へ向かい、制御端末で3つある項目を全て操作。
その後、敵との戦闘に突入します。
こいつらは電撃に弱いので、竜司を入れておくと楽ですね。
私は竜司を外していた状態だったので、主人公でダウンを取っていましたが。

その後は東の通路へ向かいます。
途中には鍵付きの宝箱があり、中から聖人のトゥニカパールを入手。
男性用の防具で、激怒耐性付き。

そのまま道なりに進むとセーフハウス。
その隣に、天井にある仕掛けを制御する部屋があります。
よじ登りで天井に出ると、オタカラの真上にワイヤーフックがある事を発見。
オタカラの上には赤外線センサーが無い事もわかります。

画像

後は制御室へ戻り、ワイヤーフックを動かすレバーを見つけたら、潜入ルートが確保できます。
展示室の電源を落として暗闇にし、その間にワイヤーフックを使ってモルガナがオタカラを回収する手はず。
予告状を出せるようになったので、後日、予告状を出せば作戦開始となります。
だいぶ消耗していたので、今回はここで脱出しました。



今回の探索で主人公がLv19になったので、マハガルを覚えたマタドールを作成。
モコイとリージェントを合体させ、リージェントからマハガルを継承させた形。
使い手が少ない祝福と呪怨属性のスキルも継承。
最初から念動属性も覚えているので、4属性の弱点が狙えるペルソナになりました。

画像

その後で双子に話しかけると、「双子の看守」コープがランク3に上昇。
独房送り」のアビリティを習得しました。
ペルソナをベルベットルームに預けて日数を経過させると、耐性スキルを習得できるようになります。

画像

次の課題は、タルカジャを持ったフラロウス。
ただ他にも課題をこなしてもらうと言う話なので、1回の提出ではランクアップしないのかも。



5月21日
朝は電車に座れたので、本が読めますね。
今回は「魅惑の会話術」を読んでおきました。
読破してないので、何も変化は起きませんでしたが。

この日の授業の答えは「白銀比」。

予告状を出せるようになりましたが、土日はイベントが起きそうなので、今回は見送り。
とりあえず本日は、セントラル街の映画館で映画を見ておきました。
上映している映画によって、主人公のステータスが上昇。

今上映している映画では、優しさが上がるようです。
チケット代が1,500円必要ですが、今回の映画は音声による劇もあって凝っていますね。
これで優しさがランク2にアップ。

画像

夜は三島から連絡が入ったので、一緒に過ごしました。
選択肢では「よくやった」、「怪チャンユーザー・・・」、「それなら仕方ない」の反応が良かったです。
これで「三島由輝」コープがランク3にアップ。
三島の本気応援」のアビリティを取得しました。
入手経験値獲得量が上がると言う効果。



5月22日
三島コープのランクが上がった為か、新しい情報が手に入りました。
以前改心させたいじめっ子には、黒幕がいたと言う内容。
学校のどこかにいるはずなので、調査してみる事になりますね。
本日は日曜で学校が休みなので、平日に話を聞いて回る事になるのかと。

テレビショッピングでは、絆創膏50個セットが1,980円で販売されていました。
味方1人のHP20回復と言う効果。
戦闘中に使うのは微妙ですが、移動中にSPを節約したい時には便利かも。

昼間は渋谷の地下通路にあるドリンクスタンドに向かったところ、美肌青汁が5,000円で販売されてました。
少々高いですが、飲むだけで魅力が上昇。
時間も経過しませんし、お金に余裕があるなら飲んでおくと良いかも。
ドリンクスタンドでは、他にもドリンクが販売されることがある様子でした。

画像

渋谷へ来たついでに、宝くじも購入。
10枚3,000円で、結果は5月29日に発表されると言う事。

その後はレンタル店へ向かいました。
ここではDVDをレンタル可能。
期限は1週間で、見たDVDによって主人公のステータスが上昇。
度胸を上げたかったので、今回は「Xフォルダー」をレンタルしました。

後はコインランドリーに向かい、汚れた防具を洗濯。
汚れた系のアイテムは洗濯する事で、別のアイテムに変化するようです。
料金は200円で、一度に4品まで洗濯可能。
洗濯は時間が経過するので、ある程度まとめて実行した方が良さそうですね。
今回は3品投入して、古風な肩パッドを3つ入手。

画像

夜は牛丼屋でバイト。
お金が心もとなくなってきていた事と、コープ発生に関係している事が理由。
牛丼屋でのバイトは、器用さも上がります。
初バイトなのに店には主人公1人しかいないと、かなり無茶な企業。
バイト代は3,600円。



5月23日
この日の授業の答えは「共感覚」。

放課後は校舎の中を歩き回っていたのですが、1階でマンガ雑誌を読んでいる真を発見。
何をしているのだろうと思ったら、プレイヤーの後をこっそりと追いかけてきていて、距離が近付いたら雑誌を読んでいるフリをしていました。
プレイヤーが距離を取ると、後を追いかけてきますね。
距離が近付いたら再び雑誌を読み出し、話しかけると何気ない会話をします。

画像

真面目でクールなキャラだと思っていましたが、今回の一件で一気に可愛く思えてきました。
後をつけていると思われない為か、道が分かれている所では一度そちらへ向かい、回り道して追いかけてくる辺りが芸が細かい・・・。
さすがに他のエリアまでは付いてきませんが。

学校前の通路を歩いていると、高梨と言う生徒を脅している、左右田と言う生徒を発見。
高梨は以前改心させたいじめっ子で、弱みを握って脅している左右田が黒幕のようですね。
二人の会話を聞くと、アジトで左右田をターゲットに定める事が出来ます。
後はメメントスに潜ると、左右田を改心させられると。

画像

アジトへ向かうと、祐介が疑問を投げかけてきました。
人の認知が具現化した異世界なんでものが、どうしてあるのかと。
モルガナも理由は知りませんが、鴨志田の事件より前からあったのは間違いないと言う話。
この辺りの事も、今後明らかになっていくのかもしれませんね。

この日は予告状を出しました。
予告状を祐介に書いて貰おうと言う話になりましたが、祐介の絵や文字は班目にバレてしまうので、竜司のアイデアを祐介がデザインすると言う形になります。

後は明日に備えて眠るだけですが、潜入道具の作成は可能なので、キーピックを3本作っておきました。
手持ちの分は全て使い切ってしまったので。



5月24日
朝は座れたので本を読んでおきました。
これで「魅惑の会話術」を読破し、魅力がランク2に上昇。
知識以外は上がりやすい感じがしますね。

放課後、班目の元に予告状が届きました。
ここで使われてるマークが、今後怪盗団のシンボルになるようですね。
監視カメラにはネコが1匹映ってたと言うので、張り付けたのはモルガナの様子。

画像

予告状を見た班目は機嫌を悪くし、鴨志田の時のようにシャドウの姿が映ります。
警戒度はMAXになりますが、これでオタカラが実体化した模様。
主人公たちはこのチャンスを逃さず、オタカラを盗みにパレスへ突入。

パレスではワイヤー装置のある部屋へ移動。
レバーを調べると、作戦開始。
竜司が警備室のシャドウを連れ出し、その間に杏が警備室へと突入。
祐介はモルガナをワイヤーに縛り付け、主人公がレバーを操作する担当。

そして祐介の合図で杏が電源を落として暗闇を作り、作戦通りにモルガナがオタカラを盗み出すことに成功しました。
目的の物は手に入れたので、主人公たちは急いで逃走。
オタカラを盗まれたシャドウ班目が扉を閉鎖しているので、屋根裏にある窓から外に出る形。

画像

中庭に出た主人公たちがオタカラを確認するのですが、それは「へのへのもへじ」が書かれた落書きみたいな絵。
そこにシャドウ班目が現れ、本物のオタカラを見せてきます。
主人公たちが来るのを知って、偽物を用意していたと。

そのオタカラとは、本当の姿の「サユリ」。
今まで目にしていた絵とは違い、赤子を抱いている女性の絵ですね。
サユリは祐介の母親が描いた自画像で、死期を悟った母親が、遺していく我が子への願いを描いたものだとか。
班目はこれに手を加えて自分の名前で出せばウケると考え、サユリを自分の物にしたようです。
赤子を塗りつぶしたのは、女の表情の理由を謎にする為。

画像

さらに班目は、目の前で発作を起こした祐介の母親を、絵を手に入れる為に見殺しにしたと自白。
祐介を引き取ったのも、サユリの真実に気付かれないようにする為でした。
その話を聞いた祐介は、班目を許してやる理由が全て無くなったと言い放ちます。
処女作のサユリさえも盗作で、芸術を金儲けの道具としてしか考えておらず、挙句祐介の母親を見殺しにしたわけですからね。
それでもシャドウ班目は、自分こそが芸術界の神だと宣言し、姿を変貌させて襲い掛かってきました。

と言う事で、シャドウ班目との戦いに。
こいつは顔のパーツが4つの額縁に分かれていて、攻撃部位が4か所あります。
それぞれ耐性が違うのが面倒ですね。

画像

左目と右目は火炎や氷結等の4属性を吸収し、鼻梁は念動や核熱等の4属性を吸収、口腔は物理ダメージを吸収します。
迂闊に攻撃すると回復されてしまいますから、攻撃は1体に集中させたいですね。
部位ごとのHPは低めなので、吸収にさえ気を付ければ撃破は難しくありません。

顔のパーツを破壊すると、シャドウ班目の本体「マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ」が出現。
こいつは威力低めの全体攻撃を使うだけですが、2ターン経過で再び顔を呼び出してしまいます。
それまでに可能な限りダメージを与えたいですね。

画像

2回目の顔は、新たに全属性が弱点になる状態異常を付与してきます。
弱点を突かれて2回行動されると厳しいので、状態異常になったキャラクターは防御させた方が良いかも。
防御中は弱点が無くなりますから。
また倒したパーツは1ターン後に蘇生するので、全てのパーツを同一ターンに撃破する必要有り。
各パーツにギリギリまでダメージを与えた後、同じターンで倒さなければキリがありません。

本体を引きずり出したら、やはり2ターン経過で顔を呼び出しますね。
この時、特殊な作戦を実行可能。
中庭に転がっているペンキを発見するので、それで班目を塗りつぶしてやろうと言う内容。
私は祐介を派遣してみました。

画像

3ターン耐えると祐介が敵の顔を塗り潰してくれて、敵は全属性が弱点に変化。
通常攻撃でもダウンが取れるので、一斉攻撃を仕掛ければ簡単に始末できます。
塗りつぶし前にパーツを倒しても即座に復活するので、攻撃よりは防御中心の方が良いですね。

後は現れたシャドウ本体を倒せば戦闘終了。
なかなか厳しい戦いで、モルガナはメディアを使わせっぱなしでSPが尽きそうになり、死人も2名出て回復アイテムを使う羽目になりました。



戦闘後はイベント。
静かに詰め寄る祐介に、シャドウ班目は怯えます。
真の芸術などは誰も望まず、欲しいのはわかりやすいブランドだけ。
自分だって被害者なのだと、シャドウ班目は訴えていました。
金の無い芸術家はみじめなだけで、もうそんな頃には戻りたくなかったのだと。

画像

祐介はシャドウに、本体に戻ってこれまでの罪を全て告白しろと約束させます。
命が惜しいシャドウ班目は、その要求を呑んでいました。
その後に一同を見渡し、「黒い仮面のあいつは来ないのか?」と言っていたのが気になりますね。
誰の事かはわかりませんが、パレスには他にも侵入者がいた様子。

シャドウ班目は、これからどうしたらよいかと祐介に縋りつきますが、有終の美くらい自分の作品で飾れと、祐介は突き放します。
そして崩壊を始めるパレスから、モルガナカーで一同は脱出しました。

画像

現実に戻った祐介は、班目との決別の言葉を口にします。
そして時間はかかりましたが、祐介の手に本当の姿のサユリが届きました。
祐介は母親の顔も満足に覚えていないようでしたが、最初に「サユリ」を見た時の衝撃は間違いでは無かったと話しますね。
祐介は今後も怪盗団へ参加する事となり、みんなと連絡先を交換してその日は別れました。
黒い仮面の侵入者が気になる所ですが、そちらは祐介が班目に探りを入れてみると言う話。

自宅へ帰った後は、「モルガナ」コープがランク3に上昇。
追い打ち」のアビリティも習得しました。
主人公の攻撃でダウンを奪えなかった際に、追撃してくれると言う効果。

画像


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ペルソナシリーズはやったことないんですが、記事を読んでて楽しそうだなと思いました。

ドラクエモンスターズみたいにモンスターを合成して、特技とか引き継がせる感じなんですかね?
そういうのなら好きなのですが。
ORUTA
2016/10/03 20:47
イメージとしてはそんな感じですね。
素材が習得させているスキルを合体後のペルソナに継承させられるので、それによってより強いペルソナを生み出していくと言う感じです。
ペルソナによって弱点や耐性も違いますし、どんなペルソナを作るかが面白い所ですね。
Westwood
2016/10/03 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ5 その12 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる