西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス

<<   作成日時 : 2016/11/22 22:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

PS4ソフト「SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス」購入しました。
据え置き機で発売されるGジェネは、PS2以来、実に7年ぶり。
原作追体験型のGジェネとしても、9年ぶりの発売となります。
前作と言えるオーバーワールドも4年前の作品ですし、かなり久々の登場ですね。
それだけに発売が待ち遠しかったです。

画像

Gジェネシリーズは原作シナリオを再現したタイプと、作品間のクロスオーバーを重視したタイプの2種類がありますが、本作は原作シナリオを再現したタイプ。
前述の通り、こちらのタイプはPS2で発売された「SDガンダム GGENERATION SPIRITS」以来、実に9年ぶりの発売となります。
シリーズ初のHDグラフィックでもありますね。

ゲーム内容もスピリッツに近く、初代ガンダムからガンダムUCまでの宇宙世紀作品を収録。
外伝系の作品も多数参戦している為、ボリュームは結構ありそうですね。
前作「SDガンダム GGENERATION OVER WORLD」は、初代ガンダムからガンダムOOまでを収録し、総ユニット数は950体ほど。
今作は宇宙世紀限定ながらも、650体ほどのユニットが登場すると言う話ですし。

画像

ちなみに本作の予約特典は、有料販売される4種のDLCを無料で入手できる「ダウンロードコンテンツPASS
PSストアだと2016年12月6日までに購入すると、早期購入特典としてダウンロードコンテンツPASSも付属するようなので、パスが欲しいならそちらを検討してみても良いかと。
DLCの総額は1,200円なので、店頭価格との差額を考えると、パッケージ買う方が安くなるかもしれませんが。



ゲームをスタートすると、トップメニュー画面になります。
こちらが本作のメイン画面。
ステージへ出撃したり、部隊の編成などが行えます。
最初は編成画面に向かった方が良いでしょうね。

画像

編成画面からグループ編成を選ぶと、出撃させる部隊の編成が行えます。
最初は本作初登場のオリジナルキャラクターで、部隊が編制されていますね。
過去作のオリジナルキャラクターも最初から使用できるので、気に入らないなら入れ替えてしまうと良いでしょう。
スカウトにはオーバーワールドのキャラクターが用意されていますが、初期状態ではお金が足りないので雇えません。

画像
初期キャラクター

本作の特徴ですが、過去作にあったSFSが復活しています。
SFSにユニットを乗せる事で、そのユニットの移動タイプを変更する事が可能。
空を飛べないユニットを飛行させたり、地上用のMSを宇宙で活用したりと、SFSによって運用の幅が広がりますね。
SFSが復活したのも、10年ぶりくらい。

SFSですが、専用の枠が用意されていて、最大12機までセットできます。
ユニットの出撃枠を圧迫しないので、余裕があれば追加しておくと楽になるかも。

画像

キャラクター管理画面に移動すると、キャラクターの育成やマイキャラクターの作成が可能。
キャラクター育成では、戦闘で入手したACEポイントを消費し、キャラクターの能力を上昇させられます。
アビリティのレベルアップも可能。
今作のアビリティはレベルアップ時に習得し、好きなものをセットする形になるとか。

マイキャラクター作成では、自分だけのキャラクターを作成可能。
用意されているグラフィック、ボイスを組み合わせ、名前や戦闘BGM、誕生日を決めると完成。
誕生日と血液型によって、習得しているアビリティやスキルも変化する模様。
性別と誕生日、血液型以外は、後で変更する事も出来ます。

画像
画像

とりあえず私は、初期の編成にマイキャラクターを追加。
新たにザニーを1機生産し、配置しておきました。
キャラクター、ユニットは何でもよいですが、4機編成にしてからステージを開始した方が良いかと。



トップメニューからメインステージを選ぶと、プレイする作品を選択する事になります。
選べる作品は、下記の17種類。
時代的には、一年戦争寄りの作品が多いですね。

・機動戦士ガンダム
・MS IGLOO
・第08MS小隊
・CROSS DIMENSION 0079
・THE BLUE DESTINY
・コロニーの落ちた地で・・・
・ジオニックフロント
・ガンダム戦記 Lost War Chronicle
・宇宙、閃光の果てに・・・
・ミッシングリンク
・ポケットの中の戦争
・ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081
・機動戦士ガンダム0083
・機動戦士Zガンダム A New Translation
・機動戦士ガンダムZZ
・逆襲のシャア
・機動戦士ガンダムUC




どの作品からプレイするかはプレイヤーの自由ですが、私は年代順にプレイするタイプなので、最初は初代ガンダムを選びました。
開始時には3種類から難易度も選べます。
ノーマルが普通で、ハード、エクストラと徐々に難しくなる模様。
プレイ済みのステージの場合、そのステージで取得できるユニットも表示されるようになっていました。

画像

■ STAGE 01 「ガンダム大地に立つ」
アニメ「機動戦士ガンダム」の1話を再現したステージ。
偵察に来ていたジーンが独断専行し、軍の施設を襲撃。
それにアムロが巻き込まれ、ガンダムに乗り込んで戦う事になります。

最初はアムロのガンダムを操作して、ジーンのザクIIと戦う事に。
チャレンジ条件は、デニムをビームサーベルで撃破する事。
ザクIIに比べてガンダムはかなり強いので、接近してビームサーベルで攻撃すれば楽ですね。

画像

しかし、今作は戦闘シーンの進化が凄いです。
PS4版だけかもしれませんが、ロード無しに即座に戦闘シーンへと切り替わり、迫力あるアニメーションが展開。
ガンダムのビームサーベルなんかは、地上と宇宙で微妙に演出が変わっていました。
これだけでも、次世代のGジェネと言う感じがありますね。

画像

ジーンを撃破すると、デニムと戦う事になります。
こいつをビームサーベルで倒すと、チャレンジ達成。
スコアボーナスを獲得できました。

その後はコロニーを脱出するホワイトベースを、飛来するミサイルから守る事になります。
ここで自軍ユニットも出撃可能に。
自軍は最大で2グループまで出撃させられます。
初期資金で戦艦を購入しておけば、いきなり2グループで出撃できるかも。

今回のチャレンジ条件は、アムロでミサイルを3機以上撃破する事。
ミサイルは接近した状態でターン終了すると自爆するので、注意が必要ですね。
巻き込まれると4,000の固定ダメージ。

こちらの戦力は、アムロのガンダムとリュウのコアファイター、ブライトのホワイトベース。
後は自軍ですね。

今作から追加された要素に、GETゲージがあります。
アムロなどのゲストユニットで敵を倒すと、GETゲージが上昇。
ゲージを最大まで溜めると、そのユニットを生産可能になると言うシステム。
過去作だとゲストに敵を倒させるのは経験値が勿体なかったのですが、GETゲージの追加により、ゲストに敵を倒させる意味が生まれたのは良いかと。

画像

ミサイルを全滅させると、シャアのザクIIが登場。
チャレンジを達成していると、さらにシークレットユニットのザクIが3機出現。
シークレットユニットにはリーダー機がいて、リーダーを撃破すると他のユニットを捕獲できます。
敵ユニットが増える分、難易度は上がりますが、ユニットを入手するチャンスもあると。

このステージの敵ユニットは、シャアの専用ザクII、ドレンのファルメルに、ザクIIが4機。
ファルメルはザクIIを2機搭載しているので、捕獲のチャンスですね。
搭載されているユニットが出撃している状態で戦艦を撃破すると、搭載ユニットが捕獲可能になります。
ただ戦艦を最後に倒すとステージクリアとなるので、戦艦以外に1機は敵を残しておく必要有り。
シークレットユニットを捕獲する際も、同じことに気を付ける必要がありますね。

今作からの変更点ですが、戦艦にグループ攻撃が追加されました。
戦艦のグループ範囲内にいる搭載ユニットの数だけ、範囲内の敵ユニットを攻撃可能。
搭載ユニットを5体出撃させていたら、最大で5体の敵を同時に攻撃できます。
通常攻撃及びグループ攻撃は移動後にも使えるので、戦艦も戦力として期待できるかと。
戦艦もレベルアップするようになりましたし、今作は戦艦でも敵を倒した方が良さそうです。

画像

ちなみにグループ攻撃のダメージですが、同時に攻撃する敵の数が多いほど、ダメージが分散されてしまう模様。
1体だけに狙いを絞った方が、大ダメージを与えられます。
敵を倒した際の経験値は、グループ範囲内にいる搭載ユニット全員が獲得できる模様。

また今作では、キャラクター毎に設定されているスキルを使用する事も可能。
同じスキルは、1ステージに一度だけ使う事ができます。

このスキルが少々独特で、マスターユニットの場合、自分が所属するグループのMSパイロット全員のスキルを使用可能。
リーダーユニットの場合、同じチームに所属するパイロット全員のスキルを使用可能。
戦艦は戦艦クルー全員のスキルを使用できます。
発動できるのが上記3ユニットと言うだけで、パイロット全員分のスキルが使えると。
スキルを使っても行動終了にはならず、一度に複数のスキルを使用する事も可能でした。

画像
マスターユニットはMSパイロット全員のスキルを使用可能

画像
戦艦ユニットは戦艦クルーのスキルを使用可能

このステージは、シャアを含む敵を全滅させるとクリアになります。
シャアは回避が高いので、攻撃が当たりにくいですね。
こちらもアムロをぶつけたり、支援攻撃を活用してダメージを与えたいもの。
命中率を100%にするスキルを活用すると、楽に倒せるかもしれません。

戦艦のファルメルも、HPが高くて撃破は難しいです。
しかし戦艦同士の支援攻撃でダメージを与え、MSによるピンポイント攻撃で撃破すると楽かと。
戦艦には弱点となるポイントが設定されていて、そこに対する攻撃はダメージが増加。
支援攻撃を行う場合、弱点を狙える味方でしか支援に参加できませんが、上手く活用すると戦艦も簡単に倒せます。

画像

ステージをクリアすると、リザルト画面に。
ステージ中に獲得したスコアが、そのまま資金として獲得できます。
GETゲージをMAXにした場合、対象のユニットが生産リストに登録。

また今作にはクエストとして、いくつかの条件が設定されています。
これらの条件を達成すると、特典を入手可能。
例えば一年戦争でアムロ搭乗ユニットのGETゲージをMAXにすると、一年戦争時代のアムロがスカウト可能になると言う感じ。
今作はクエストが大量に用意されていて、基本的にはクエスト達成すると、原作キャラクターをスカウトできるようになるようです。



今回のプレイでは、ガンダムのGETゲージをMAXにした為、ガンダムが生産リストに登録。
クエスト達成により、アムロ、ガイア、オルテガ、マッシュをスカウト可能になりました。
黒い三連星は、味方ユニット3体による支援攻撃でピンポイントアタックを行い、戦艦を撃破すると言う条件。
クエスト「V作戦」を達成した為、オプションパーツ「エネルギータンク」も生産可能となりました。
他にはザクIを2体、ザクIIを1体捕獲。

画像

ステージクリア後にはトップメニューに戻ってくるので、レベルアップしたユニットを開発し、新しいMSを作っていく事になります。
捕獲ユニットは捕獲整理で、自軍に配置する必要がありますが。
これを繰り返し、自分だけの部隊を作り上げ、原作シナリオに介入していくのが、Gジェネシリーズの面白い部分。

ちなみに私はステージ1をもう一度プレイし、コアファイターを生産リストに登録。
クエスト達成により、リュウ・ホセイがスカウト可能になりました。
同じステージは何度でもやり直せるので、クリア済みのステージでお金や経験値を稼ぐのも手。

これにより、ザニーをLv3にすることが出来ました。
ユニットは一定のレベルに達すると、開発で別の機体に変化させられます。
ザニーの場合、Lv3でザクIIかジムに開発可能。
開発先のユニットは生産リストに登録され、以後はお金を出して直接作る事も出来ます。

画像

また交換を選ぶと、同等の性能の別のユニットを手に入れる事も可能。
開発では設定された機体にしか変化させられませんが、交換ではまったく別系統のユニットを手に入れる事も出来ますね。
欲しいユニットがなかなか手に入らない場合、交換で手に入れるのもひとつの手段。
ただし交換するには、ユニットをLv2以上にしておく必要があります。

私は先ほどのザニーを、ジムへと開発しておきました。
ザクIIはステージ1で捕獲可能ですし。

さらに稼いだお金で、戦艦ユニットのミデアを購入。
ミデアは地上でしか出撃できませんが、2チーム配置可能なのが特徴。
出撃チームが多いとそれだけ戦力アップになりますし、複数のユニット育成も楽になりますからね。
これからしばらくは地上戦がメインになると思われるので、思い切って購入したと。

画像

2チーム編成になったので、チーム2には初期から使えるGジェネオリジナルパイロットを配属。
ステージ1で捕獲したザクII、ザクIを編成しておきました。
ガンダムも購入したかったのですが、ミデア購入でお金が尽きた為、しばらくはお金を貯める必要がありそうです。

ちなみにシリーズ経験者にはお馴染みですが、ザクIIなどの一部ユニットは、リーダー枠に配置すると指揮官機になります。
ユニットリストを埋めるには指揮官機を一度は表示させる必要があるので、対象ユニットを手に入れたら忘れずにリーダー枠に配置したいですね。
経験者でもよく忘れるミス。



■ STAGE 02 「ガルマ出撃す」
シャアの策略で北米に降下したホワイトベースは、ガルマの地上部隊の包囲を突破する事になります。
アムロが出撃拒否し、ブライトに粛清されることで有名なシナリオ。

今回のチャレンジ条件は、5ターン以内にガルマを撃破する事。
倒すのは誰でも構いません。

画像

このマップは地上と空の2階層になっていて、階層を移動しながら戦う事になりますね。
ゲスト部隊は地上にいるので、自軍ユニットも地上に降りて合流した方が良いかと。
障害物も多いので、飛行可能なSFSを多めに配置すると楽かもしれません。

ゲストユニットは、ホワイトベース、コアファイター、ガンキャノン、ガンタンクのみ。
アムロはまだ出撃拒否中なので、配置されていません。

敵ユニットは、Gジェネシリーズで嫌な敵上位に入るであろう、マゼラ・アタック。
こいつらは脱出機能があり、撃破しても無傷のマゼラトップになります。
合計で2回倒さなければ、完全に撃破できないと。
その分、経験値を多く入手できるので、経験値稼ぎには良い相手かもしれません。

画像

敵の数は多いので、ゲストのGETゲージを稼ぐにも良いですね。
GETゲージは経験値と同じ分だけ上昇するようで、塵も積もれば山となります。
頑張ればホワイトベースも、ここでMAXまで上げられるかも。
私は1回のプレイでガンキャノンとガンタンクをMAXまで上げられ、それでも敵が大量に残っている状態でしたから。

ガルマを倒すとイベント。
アムロがガンダムで出撃し、敵にも増援が現れます。
敵増援は、シャアのザクIIとガルマのガウ。
ガウにはドップが3機搭載されていました。
シークレットユニットは、ザクタンクが3体。

画像

ターン制限は無くなるので、マップ中央の広い所で敵を待ちかまえ、接近してきた敵から各個撃破していくと楽です。
敵の数も多いですし、ステージ1と違ってシンプルな内容ですから、序盤の経験値稼ぎに向いているステージかも。

ステージクリア後、GETゲージをMAXにした事で、ガンキャノンとガンタンクが生産リストに登録されました。
ステージ2をクリアしたことにより、ガウも生産登録。

クエストを達成した為、シャア・アズナブル、ガルマ・ザビもスカウト可能に。
ガルマはステージ2をクリアする事が条件。
シャアは味方ユニット1機が、2ターン以内にチャンスステップを4回発動し、敵軍ユニットを撃破すると言う内容。

画像



ステージクリア後は、開発タイム。
今回は自軍ユニットも結構な経験値を稼げた為、色々なユニットを開発出来ました。
開発したユニットは、下記のような感じ。

・ジム Lv3 → 陸戦型ジム
・ザクI Lv3 → ザクII
・ザクI Lv3 → ザクI・スナイパータイプ
・ザクII Lv3 → 陸戦高機動型ザク
・ザクII Lv3 → 高機動型ザク

生産リストに30体以上登録した為、クエスト「木馬とガンダム」を達成。
ガンダム6号機(マドロック)[未完成状態]が、生産リストに登録されました。

ユニットも色々と増えてきたので、初期戦艦のキャリー・ベースを旗艦とする、グループ2も作成。
お金も貯まったので、ガンダムも生産。
これで1ステージに2つのグループを出撃させられるようになったので、戦力的に楽になるはず。

画像

今作で変わった部分ですが、ユニットのレベルアップが少し変化してますね。
ユニットはレベルアップ時に、全ての能力が上昇。
それとは別にポイントが貰えるので、そのポイントを好きなステータスに割り振り、任意のステータスを上げる事が出来ます。
過去作だとポイントを振ったステータスしか上昇しませんでしたが、レベルアップだけでも強くなるのは良いですね。

画像
Lv1のジム

画像
Lv3のジム



と言う感じで、序盤の2ステージをクリアしました。
オーバーワールドの基本システムを踏襲しつつ、遊びやすいように改良が加えられていて、かなりいい感じですね。

宇宙世紀に絞られている事もあり、1ユニット当たりの開発先も多く、前作でリストラされていたようなマイナー機体が復活しているのも良い部分。
陸戦高機動型ザクのような、シリーズ初登場ユニットなんかもいますし。

戦闘シーンもロードが無くスムーズに画面が切り替わりますし、ユニットの等身が上がった為、SDでもカッコイイ感じで見応えもあります。
シナリオは若干カットされたり改編されている部分もありますが、理想的な正当進化と言える作品かと。
Gジェネ スピリッツ辺りが好きだった人なら、購入して損は無いと思います。
ホント、こういうGジェネを、長年待っていました・・・。

[リンク]
SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス 公式HP


SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス 【予約特典】ダウンロードコンテンツPASS配信 - PS4
バンダイナムコエンターテインメント
2016-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス 【予約特典】ダウンロードコンテンツPASS配信 - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はvita版ですが購入しました♪PS4は戦闘のロードがないんですね〜
vitaはいつものジージェネのようにロードがありますが、それでもインストールデータのおかげか体感ですがPSPの時よりは速いかなぁと。
しかし、このジワジワと戦力を揃えていきつつ好きな機体など増えてくる楽しさはやはりたまりませんね♪
自分はマイキャラもジージェネの醍醐味になってるんですが、20人の枠しかないのが少し残念と言えば残念で用意された声優さん分のキャラを作りたかったですが(笑)
ユーク
2016/11/23 08:27
やはりロード時間が短いのは、PS4の恩恵なんですね。
Gジェネは徐々に戦力が整っていく過程が面白いですよね。
シナリオ追いかけるよりユニットを開発したくて、クリア済みのステージで経験値を稼ぎたくなります。
ここしばらく登場していなかったマイナーな機体も増えてますし、どんなMSが開発できるのか、かなり楽しんでいます。
私の場合、マイキャラクターは男女2名作るくらいですが、もう少し枠があっても良さそうですね。
今作は誕生日等で習得スキルも変わりますし。
ハードの性能的にも、もう少し増やせるくらいの余裕はありそうですから。
Westwood
2016/11/23 10:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる