西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムブレイカー3 その10 DLC第三弾 [BUILD RISING]

<<   作成日時 : 2016/11/27 20:50   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016年11月26日、ガンダムブレイカー3のDLC第三弾 [BUILD RISING]が配信されました。
価格は1,000円
本来は25日配信の予定だったのですが、PSNの障害で配信が遅れ、26日の配信となった形。
PSストアの評価が微妙に低いのは、その影響だと思われます。

画像



今回のDLCですが、新機体が4体追加されています。
他にも新シナリオ、新ビルダーズパーツ、エレメントスフィアが追加。
追加された機体は下記の通り。

■ 追加機体
・ガンダムAGE-FX
・ガンダムグシオン
・ガンダムアスタロト
・リバウ


画像

新機体や新ビルダーズパーツは、DLCステージに出現する敵を倒すと入手可能。
これらの機体は一定数のパーツを入手する事で、ショップでも購入可能となります。
ただグシオン以外は、HGショップにしか並ばない模様。
HGはHGでパーツを集める必要があるので、プレイする難易度には注意。



■ シナリオ1 「CHILDHOOD」
今回の僚機は、ミサの父親であるユウイチ、そして商店街メンバーのマチオとミヤコの3名。
私はガンダムブレイカー3からシリーズをプレイしたのですが、どうやら初代から世界観は繋がっているようです。
設定的には、初代から30年後が、3の世界の模様。

画像

今回はガンプラシミュレーター30周年を記念して、昔のマップを再現したと言う設定になっていて、旧作のマップでプレイできるようです。
このステージは、ジャブロー風のマップになっていますね。
ユウイチ達は30年前にチームを組んでガンプラバトルを楽しんでいたらしく、懐かしくなって主人公を誘って一緒にプレイしているという形。

画像

エリア1では、ドム、ザクII FS、ザクII Sが出現。
強敵として、シャア専用ザクIIも現れました。
ボスは新機体のリバウ。

画像

エリア2では、ジム、ガンダムが出現。
エリア3では、ボスのPG ガンダムとの戦いになります。
ボスを倒すとコンテナが現れ、開けると中からエレメントスフィアを獲得。
その後、ステージクリアとなります。

画像

ビルダーズパーツですが、下記の2種類を獲得できました。
・U字型ブレードアンテナ
・ショルダーシールド




■ シナリオ2 「RECOLLECTION」
今回はルーレット台の上で戦うマップになっています。
リアルなガンプラのサイズを再現している感じ。

画像

エリア1では、シナンジュ、マスターガンダム、百式が出現します。
ボスは2回現れ、それぞれガンダムグシオン、ガンダムAGE-FXと戦う事に。
強敵ではウイングガンダム(EW版)が現れました。
ボスを倒すとコンテナが現れ、エレメントスフィアを回収したらステージクリア。

画像

ビルダーズパーツですが、下記の4種を入手できました。
・Cファンネル ショート
・Cファンネル ロング
・ハンマー
・チークガード




■ シナリオ3 「REGRET」
今回は洞窟風のマップ。
NPC達はマウンテンサイクルと呼んでいました。

画像

エリア1では、Hi-νガンダム、ストライクフリーダムガンダム、ダブルオーガンダムが出現。
エリア2では、ZZガンダム、デスティニーガンダム、∀ガンダムが出現します。
ボスは新機体のガンダムアスタロト。
最後のエリアでは、PG ガンダムアストレイ レッドフレーム改2体と戦う事に。
今回もボスを倒すとコンテナが現れ、エレメントスフィアを回収可能。

画像

このステージに現れる強敵は多く、Zガンダム、キュベレイ、サザビー、ゴッドガンダム、ガンダムデスサイズヘル(EW版)、ストライクルージュ(I.W.S.P)などの複数の候補から、ランダムで選ばれるようでした。

ビルダーズパーツは、下記の2種類を入手。
これでトロフィーが取得できたので、今回追加されたビルダーズパーツは全ての模様。

・サイドバインダー
・大型マニピュレーター




■ シナリオ4 「SWEET PAINFUL」
ここがDLC最終ステージ。
今回はお台場を再現したマップになっています。
ボスラッシュとなっていて、敵は全てPG機体。
2体ずつボスが現れるので、計3回倒せばステージクリア。
やはり最後にコンテナが現れ、エレメントスフィアを取得できます。

画像

ボス機体
PG νガンダム
PG ユニコーンガンダム

PG ゴッドガンダム
PG ウイングガンダムゼロ(EW版)

PG ストライクフリーダムガンダム
PG ガンダムダブルオーライザー



ガンダムグシオンですが、全身のパーツに固有アビリティ「超重装甲」が付与されています。
吹き飛び耐性+200%と言う効果。
胴には「大型推進タンク」も付いていて、こちらはブースト回復効果+20%と言う効果ですね。
どちらも本編に登場する機体には付いていない、この機体限定のアビリティ。

画像
画像

武器のグシオンハンマーは意外と攻撃速度が速く、空中での□ボタン長押しによる攻撃には、テイクダウン効果もあるようです。
足が外れた敵を一撃で倒せるので、なかなか便利そうでした。

ただグシオンボティを使っている場合、ハンマーを装備していても、背中にハンマーを背負ったままになるので、見た目が変になってしまいますけどね。
オプションのグシオンハンマーを使ってる最中は背中のハンマー消えますし、手持ちのハンマーを使っている時にも消えてくれると良いのですが、
これはグシオンに限らず、他の機体でも言える事ですが。

画像
通常だと背中にハンマーを背負ったまま

画像
オプションのハンマーを使ってる時は、背中から消えます



ガンダムアスタロトですが、足に固有アビリティ「ブーストアーマー」が付いています。
空中近接ダメージ+20%と言う効果。
本編に登場する機体に同種のアビリティを持つ機体はいないので、アビリティ構成に新しい選択肢が加わりそうですね。

画像
画像

近接武器のデモリッションナイフは、攻撃パターンが大剣連続攻撃IVと、強攻撃IVで固定の様子。
通常だと大剣連続攻撃IIIが最高でしたから、この武器固有のアクションになりそうですね。
ちなみに大剣連続攻撃IVは、回転斬りを連続して繰り出す感じで、集団戦に強いのかも。

ライフルは榴弾連射と拡散弾連射の2種類あるのですが、拡散弾連射の方は普通のマシンガンで、ショットガンタイプではありませんね。
榴弾連射の方は当たると爆発するようなエフェクトの弾を発射しますが、単に見た目が違うだけなのかもしれません。
対物ライフルも2種類ありますが、こちらは弾の見た目や弾速が違うだけみたいです。

画像



ガンダムAGE-FXは、胴の「サイコフォローシステム」が新規固有アビリティですね。
キャンセルEXアクションダメージ+10%と言う効果。

画像
画像

この機体の胴と腕を同時にセットしていると、バーストアクション「FXバーストモード」も使用可能になります。
アビリティ類はそれほど特色はありませんが、腕、足、バックパックにそれぞれオプション兵装の「Cファンネル」が付いているのが特徴。
複数セットすると、同時に展開するファンネルの数が増えます。
ビルダーズパーツのCファンネルとは別枠になってしまいますが、交互に使えば長時間ファンネルを展開したまま戦えそうですね。

画像

FXバーストモードは、突進系の攻撃技。
使用後はしばらくの間、ブーストで攻撃が可能になるようです。
また攻撃をブーストでキャンセルする事も可能。

武器のタイダルバズーカは、攻撃タイプが「射撃」、「ビーム弾射撃+照射」の2種類を確認。
後者のタイプは長いビームを発射し、長押しで照射型のビームになると、なかなか強そうな感じ。

またオプションのビームサーベルは、固有のアクションとなります。
今回の追加機体の中では、一番アクションに力が入ってそうな機体でした。

画像



リバウはこれと言った特色の無いMS。
一応バックパックに空中近接ダメージ+15%の固有アビリティが付いてますが、アスタロトより効果は低いですからね。
足のアビリティ枠が無いと言う時にこちらを選ぶくらいしか、アビリティを移植する事は無いかも。

画像
画像

ただシールドには内臓武装が2種類あり、他のパーツにもオプション兵装が付いているので、武器の種類は豊富ですね。
ビームライフルも、「射撃+チャージ射撃」、「射撃+照射」、「バースト射撃+チャージ射撃」、「バースト射撃+照射」と種類があるので、自分の好きなタイプを選べるのは利点かも。

画像



と言う感じで、DLC第三弾をプレイしていました。
今回のDLCは、かなり面白かったですね。
本編とは違うマップで遊べるので、新鮮な感じでしたし。
ストーリーの方も、なかなか面白かったです。

画像

そして何より、僚機が3体いると言う所が大きいですね。
このゲームは僚機に自分が設計した機体を与えてプレイできるのですが、僚機はステージによって完全に固定です。
そして大部分は、ミサとロボ太が僚機と言う状態。
ロボ太はSDガンダム専門なので、実質的にはミサにしか自分が作った機体を与えられないと。

それが今回は僚機が3機もいて、その全てに自分が作った機体を与えられますからね。
自作MS4機で挑むことが出来るので、そういった意味でも本編とは違う感覚で楽しめました。
全てのステージで、僚機を自由に設定できるのが一番ではあるのですが・・・。

また今回の僚機の一人であるミヤコさんですが、オリジナルの機体に乗せていると面白いアクションをしてくれます。
上空高くに飛び上がった後、パラシュートで緩やかに降下して来ると言う感じ。
私は全てのアクションを使ったわけではないので、ミヤコが何をしているかはわからなかったのですが、機体の見た目だけでなく、アクションにもこだわりが持てるのだと、新しい発見でした。
こういった面白い機体も、その内作ってみたいですね。

画像


ガンダムブレイカー3 - PS4
バンダイナムコエンターテインメント
2016-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガンダムブレイカー3 - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。拡散連射で検索してこちらの記事を読ませてもらいました。ドムを1から作ろうかなぁ…。
ミヤコさんのアクションはガンダムEz8バックパックのパラシュートかと思われます(前作から変更がなければですが)。最終話で見たときから渋い機体だと思っていました(笑)
マチルダ
2016/11/30 00:14
マチルダさん、はじめまして。
ミヤコさんのアレは、Ez-8のバックパックだったのですね。
似たような機体を作りたいと思っていたので、助かりました。
NPCは割と趣味的な機体に乗ってる事が多いですが、ミヤコさんはかなり渋いですよね。
個人的には結構気に入っているので、似た感じの機体を作りたいと思っていました。
Westwood
2016/11/30 19:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンダムブレイカー3 その10 DLC第三弾 [BUILD RISING] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる