西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス その7 [CROSS DIMENSION]

<<   作成日時 : 2016/12/05 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079」シナリオを開始しました。
私はプレイした事ないのですが、スーパーファミコンで発売されていた同名のゲームが元になったシナリオ。
ゲームなどに登場する事も多いガンダムピクシーやイフリートも、このゲームオリジナルのMSとして作られたようです。

画像

■ STAGE 01 「炎の魔人と砂漠の妖精」
ガルマ・ザビが戦死してから間もない頃、ゴビ砂漠で物語が展開されます。
犯罪者で構成されたジオンの特殊部隊「ウルフ・ガー」は、連邦との戦いに敗れ、砂漠を彷徨っていました。
そんな時、ウルフ・ガー隊は連邦の基地を発見。
物資を補給する為にも、連邦基地を襲撃します。

その連邦基地には、アルバトロス中隊が立ち寄っていました。
新型MSのピクシーを、ホワイトベースの元へと届けるのが目的。
ただ輸送中にジオンの襲撃を受け、護衛のガンキャノン隊が壊滅。
連邦パイロットのボルク・クライは、ピクシーの使用を上官に求めるのですが、その提案は却下されます。

画像

そんな時、連邦の基地を、ウルフ・ガー隊が襲撃。
ボルク・クライは部下を引き連れ、ガンキャノンで迎撃に出ます。
と言う流れで、戦闘に突入。
今回はウルフ・ガー隊のMSを操作する事になりますね。

今回のチャレンジ条件は、イフリートで敵を2機以上撃破する事。
こちらの戦力はイフリートとザクIIの2機だけなので、ザクIIでダメージを与えてイフリートで止めを刺すと良いかと。
このステージのガンキャノンはビームライフルを持たず、キャノン砲しか武器がありません。
1〜3マスの距離で戦えば、反撃を受けずに攻撃できますね。
回避を選ばれてしまうので、命中率は少し下がってしまいますが。

画像

敵を全滅させるとイベント。
ウルフ・ガー隊は連邦基地から物資を奪い、退却していきます。
補給を済ませたウルフ・ガー隊は、再び連邦基地を襲って輸送機を奪い、砂漠から脱出する計画を立てていました。

そんな時、砂漠を横断するジオンの味方部隊を発見。
ウルフ・ガー隊の隊長ヘンリー・ブーンは、連邦基地の様子から新型MSがある事を予測し、味方部隊を噛ませ犬として様子を見る事にします。

その頃ボルク・クライは、再度ピクシーの使用許可を求めていました。
しかし上官のノクト・ガディッシュは、ボルクの訴えを却下。
そこへジオンのMSが襲撃を仕掛けてきて、ボルクは独断でピクシーを動かし、迎撃に向かいます。

画像

と言う流れで、戦闘に突入。
今回は連邦側のユニットを操作する事になりますね。
チャレンジ条件は、ボルクが敵軍ユニットを3機以上撃破する事。
敵を6機以上倒すとイベントが起きるので、それまでに条件を達成する必要があります。

ゲストとプレイヤー部隊は密集して配置されているので、協力して戦えばチャレンジを達成するのは難しくありません。
ターン制限も無いので、初期配置付近で敵を待ちかまえると楽に戦えるかと。

画像

ただこのステージ、妙に敵が強いなぁ・・・と思っていたら、知らない間に難易度がハードになっていました。
操作ミスでハードにしてしまい、ステージを開始してしまった模様。
その事には「CROSS DIMENSION 0079」シナリオをクリアするまで気が付かなかったので、かなり苦戦する事になりました。

画像
画像

敵ユニットを6体破壊すると、マップ北側からウルフ・ガー隊のMSが5体出現。
イフリートを除けばザクばかりですが、パイロット搭乗のユニットなので、キャラクターアビリティには注意が必要かと。
イフリートに乗っているヘンリー・ブーンは、ガンダム系ユニットにダメージがアップし、格闘武器の威力も上がってたりしますし。

チャレンジを達成していると、ウルフ・ガーと同じ地点に、ヒルドルブが3機出現。
リーダー機を撃破すれば、捕獲する事が出来ます。
このステージには戦艦系ユニットはいないので、捕獲できるのはシークレットのヒルドルブのみ。

しかし今回のヒルドルブは厄介な相手ですね。
ヒルドルブには煙幕弾のアビリティがあり、周囲5マス以内にいる敵の命中率を20%低下します。
1体倒すだけで結構な経験値を貰えるので、EXPブーストなどを使えば、美味しい相手ではありますが。

画像

ちなみに私は難易度ハードになっていた事もあり、こちらの命中率は50%を下回っている状態。
HPの低いユニットは即死してしまうダメージを受けたので、撃破するのにかなり苦労しました。
今思えば、この時点で難易度の事に気が付くべきでした・・・。

画像

敵を全滅させるとステージクリア。
ステージ1をクリアした事で、パイロット「ダバ・ソイ」、「サナ・ニマ」がスカウト可能になりました。
ボルグ・クライの部下。

また前半戦でヘンリーが敵を2体以上倒した為、オプションパーツ「ナノスキン」が生産可能に。
毎ターンHPを10%回復すると言う効果。
これがあると言う事は、今回も∀ガンダムがいるのですかね・・・。

画像



今回は下記の機体を開発。

■ 開発
・ジム・ガードカスタム Lv3 → ジム・スナイパーカスタム
・量産型ガンタンク Lv4 → 陸戦強襲型ガンタンク
・ジム・カスタム Lv4 → ジム・クゥエル
・ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) Lv3 → スーパーガンダム
・Zガンダム Lv2 → Zプラス (テスト機カラータイプ)

・ジュアッグ Lv3 → ジュアッグ [ジオン残党軍]
・アプサラスII Lv5 → アプサラスIII

アプサラス系列の機体を全て生産リストに登録した為、パイロット「ギニアス・サハリン」もスカウト可能になりました。



Zガンダムは、相変わらず開発先が豊富ですね。
Zプラスからはセンチネル系のMS、リ・ガズィからはZ系の発展機へと開発できるようで、どちらを優先的に開発するか悩みどころ。
量産型Zガンダムは、百式系列へも進めそうですしね。
Lv3でも何かガンダムタイプの機体へと開発できるようですし、2〜3機作ってそれぞれの開発ルートへ進んだ方が良さそうです。

画像

残党軍仕様のジュアッグですが、機体性能が底上げされ、新たにビーム砲が追加されています。
MSV版のジュアッグは、武装がロケット砲だけだったんですよね。
そのロケット砲も、攻撃属性が連続攻撃に変化しています。
ヒット数によってダメージが増減すると言うタイプで、今作では割と使いやすい武器。

ただ強化されたとは言え、トルネードガンダムと大差ない性能ですから、愛が無いと使い続けるのは難しいかも。
防御力だけは、ガンダムと同等なんですけどね。
後の時代のMSになると、量産型でさえステータスがALL200超えとかになってきますし、やはり愛が無いと厳しそうです。

画像

今作のジム・スナイパーカスタムは、MAP兵器に狙撃を持ちますが、最大射程は5マスと長射程の武器は持っていません。
「スナイパーカスタム」と言う名前から勘違いされやすいですが、本来はベテランパイロット用に強化されたジムで、狙撃用の武器も携行できるだけですからね。
今作でようやく設定通りの機体になったと言えます。
過去作だとビームサーベルと長射程のライフルしか持ってませんでしたし・・・。

画像

ちなみにジム・スナイパーIIも、ベテラン向けに総合性能を強化したと言う設定で、狙撃用のMSと言うわけではありません。
ベースになったのはジム・コマンドで、性能的にはガンダムを上回ると言う設定。
ゲームだと、ガンダムより性能は劣る事が多いですが。

スーパーガンダムはロング・ライフルに、貫通属性が付いてますね。
敵の防御力を20%カットしてダメージを与えると言う効果。
ベースの攻撃力も高いですし、武装の威力も高めですから、数値以上のダメージを叩き出してくれました。
意外とこのままでも活躍してくれそうですね。

画像



■ STAGE 02 「死にゆく者たちへの祈り」
退却へと追い込まれたウルフ・ガー隊は、2人のパイロットを失っていました。
隊長のヘンリー・ブーンは生き残りの仲間と共に、連邦の基地を再度襲撃しようと計画。
昼間の襲撃の傷が癒えぬ内に、夜襲を仕掛けると言う内容。

画像

ウルフ・ガーが本隊からはぐれ、砂漠を彷徨っていたのも、連邦の新型MS破壊の密命を帯びていた為。
隊長のヘンリーしか真相は知りませんでしたが、出撃前にその事を打ち明けていました。
作戦成功の見返りは、ウルフ・ガー隊員の犯罪歴抹消。
ヘンリーは作戦内容を伝えたら任務に支障をきたすと思って隠していたのですが、精神的に不安なメンバーが既に戦死した為、生き残りには真実を伝えたという形。

一方、連邦基地ですが、ピクシーの無断使用についてボルグが責められている所でした。
上官のノクト・ガディッシュは、意地の悪い所を見せつつも、輸送中はボルグがピクシーを運用する事を認めます。

画像

そしてウルフ・ガーが襲撃を仕掛けてくるのですが、ノクトは出撃の許可を与えませんでした。
この基地は放棄する事にしたという理由。
ノクトは既に脱出の準備を整え、ミデアに乗り込んでいました。
基地を放棄する作戦に異議を唱えたボルグでしたが、ノクトの命令により、単身でウルフ・ガーの撃退に向かわされます。

そしてボルグは、夜の砂漠でウルフ・ガーと対峙すると言う形で戦闘スタート。
ボルグとウルフ・ガーはマップの北側に配置されていますが、マップ南にはジオンの部隊が配置されていますね。
プレイヤー部隊は、そちらの迎撃に向かうと良いかと。
ノクトの乗るミデアは行動不能で、撃破されるとゲームオーバーですし。

画像

ボルグの周囲には、MS用の地雷が大量に設置されています。
これは自爆型のMAP兵器で、隣接した状態で敵のターンを迎えると爆破。
POWER分の固定ダメージを受けます。
地雷は目に見えるのが全てではなく、一定の範囲に入ると出現するタイプもありますね。

チャレンジ条件は、ボルグが地雷を6基以上撃破してから、イフリートを倒すと言うもの。
地雷はピクシーのノーザンライト・アタックで、一撃で倒せます。
超一撃になれば、マシンガンやビームダガーでも一撃ですね。
難易度ハードだとテンション上がるまで一撃では地雷を破壊できず、マスターユニット2機を援軍に向かわせましたが。

南側の敵部隊ですが、ターンが経過する事で2回まで敵増援が現れます。
向こうから攻めて来てくれるので、こちらはミデア周辺に陣取り、敵を待ちかまえると楽でした。

北のウルフ・ガーですが、ザク2機は積極的に攻め込んできます。
イフリートは3ターン目まで動かず。
マユターユニット辺りを援軍に差し向け、地雷を処理しつつ、先に攻め込んできたザクを倒すと楽ですね。

イフリートを倒すとイベント。
ヘンリーは基地を襲撃し、ミデアの防衛についていたサナとダバのガンキャノンを撃破。
その後、マップの南へと移動します。

画像

同時にジオンの増援もマップ南から現れました。
それを受けて、ノクトはミデアを離陸させます。
ボルグは命令違反の上に脱走し、ジオンにやられたと言う筋書きにされ、砂漠へと置き去りにされました。

画像

と言う事で、戦闘が継続されます。
チャレンジを達成した場合、マップ南からイフリート・ナハトとザクII 砂漠仕様2機が出現。
捕獲できるのはザクIIの方ですね。
増援のギャロップは通常のザクIIも搭載しているので、こちらも捕獲できます。

後は敵を全滅させるだけですが、イフリート関係のクエストが2つ設定されていました。
ひとつはMS地雷を除くヘンリー以外の全ユニットを撃破後、ボルグがヘンリーを倒すと言うもの。
もうひとつは、1ターン以内にボルグがヘンリーを倒すと言うものの2種類。
前者はマップ南に移動したイフリートを、最後に倒すと言う事ですね。
適当なユニットで足止めしつつ、他の敵を倒して回ると良いかと。

シークレットユニットのイフリート・ナハトですが、こいつも厄介な相手。
ジャミング機能で5マス以内の敵の命中率を10%ダウンさせ、ステルスシステムで自身の回避率を10アップさせてきます。
ジャミングの範囲内では攻撃が当たり難いので、倒すのに苦労しました。
まぁ私は難易度がハードになっている事に気付かず、レベルの低いユニット・パイロットで立ち向かったので、余計に苦労したわけですが。

画像

ここはスキルや射程6以上の武器を活用すると、楽に戦えるかも。
MAP兵器は確実に命中しますし、MAP兵器を活用する手もありますね。
MAP兵器で倒しても、経験値を貰えるようになりましたし。

敵を全滅させるとイベント。
強者と戦う事に喜びを感じ、満ち足りながら死亡するヘンリーと、これは何のための戦いだったのかと苦悩するボルグ。
その後、ピクシーを回収にミデアが現れますが、ボルグの消息は不明と言う状態でステージクリア。

画像
画像



ステージクリア後、ピクシーのGETゲージをMAXにした事で、ピクシーが生産可能になりました。
チャレンジやクエスト達成の為にイフリートを2回倒す事になりますし、地雷処理でも割と経験値が稼げるので、MAXにするのは難しくありませんでしたね。

また難易度ハード以上でシリーズをクリアした為、ペイルライダー (陸戦仕様)も生産可能に。
ステージ1、ステージ2の両方を、ハードでクリアした為ですね。
今回のシナリオは全2ステージでしたが、初代ガンダムならステージ1〜5まで全てハードでクリアすると、クエスト達成できるのでしょう。
そう考えると、ステージ数の少ないシナリオで挑戦した方が、クエスト達成は楽。
私は狙ったわけではなく、気付かずにハードでプレイしていただけですが・・・。

画像

他にもパイロット「ボルク・クライ」、「ヘンリー・ブーン」、「マーチン・ハガー」、「サキ・グラハム」もスカウト可能に。
ボルグはピクシーのGETゲージをMAXにする事。
ヘンリーは地雷とイフリート以外の敵を全滅させた後、ボルグでヘンリーを倒すと言う事。
マーチンとサキは、ステージ2をクリアする事が条件ですね。

またユーザー戦績の総合撃墜数が1,000機以上を達成した為、「ヤザン・ゲーブル」、「ラムサス・ハサ」、「ダンケル・クーパー」もスカウト可能になりました。
色々と条件が重なったこともありますが、今回で一気にスカウト可能なパイロットも増えましたね。

画像

クエスト「チェンバロ作戦」をクリアした事で、オプションパーツ「ソーラーパネルII」も生産可能になりました。
毎ターンENを10%回復すると言う効果。

クエストの内容は、9ロックできる状態で、戦艦のグループ攻撃で敵1機を攻撃すると言うもの。
2チーム出撃可能な戦艦にユニットを詰め込み、マスターユニット含めて9機のユニットを出撃させ、グループ攻撃を行うだけですね。
これとは別に、グループ攻撃で9体の敵を一度に攻撃すると言う内容のクエストもあります。



今回は下記の機体を開発しました。

■ 開発
・スレイヴ・レイス Lv4 → ピクシー
・ジムII (連邦仕様) Lv3 → ジムII (エゥーゴ仕様)

・ズゴックE Lv3 → ハイゴッグ
・ジュアッグ [ジオン残党軍] Lv3 → ズゴック [ジオン残党軍]
・キュベレイ Lv3 → キュベレイMk-II (エルピー・プル専用機)
・リバウ Lv6 → シナンジュ

画像



未達成のクエストがあったので、もう一度ステージ2をプレイ。
1ターン以内にボルグがヘンリーを倒すと言う内容。
これはピクシー単機では無理なので、プレイヤー部隊に足が速く、攻撃力も高いユニットが必要ですね。
私は先ほど開発した、シナンジュを活用しました。

まず戦艦を北へ動かした後、シナンジュを出撃させます。
そして地雷を破壊しながら北上し、ヘンリーのイフリートへ攻撃。
ボルグのピクシーも、地雷を破壊しながら北上。
プレイヤーユニットでHPを減らしたイフリートに、止めを刺すとクエスト達成できました。

画像

重要なのは、イフリートをピクシーの攻撃で撃破できるまで、HPを減らす事。
強気状態のノーザンライト・アタックで5,000程度のダメージですから、プレイヤーユニットでも5,000程度のダメージを与える必要がありますね。
加えて2回のチャンスステップでイフリートを攻撃しなければなりませんし、足の早い高火力・長射程のユニットがいないと達成は困難かと。

ついでにグループ攻撃で9体の敵を同時に攻撃するクエストも、達成しておきました。
これはステージ2のMS地雷を利用すると楽ですね。
戦艦を北に進ませ、MSで隠れている地雷を発見。
9体のユニットを出撃させた後、グループ攻撃を仕掛けるという感じで簡単に達成できました。
事前にセーブしておいて、地雷が埋まっている場所を確認しておくと、失敗しにくいかと。

画像

クエストを達成したことで、オプションパーツ「ディスクレドーム・システムII」、「サイコフレーム」を生産可能になりました。
前者は1ターンでボルグがヘンリーを倒す、後者はグループ攻撃で9体の敵を攻撃するのが条件。
レドームは自分を含めた周囲4マス以内の味方の命中率+10%、サイコフレームは命中・回避率+5、覚醒値+30という効果ですね。

また今回のプレイで気がついたのですが、超一撃のユニットが支援防御で被弾しても、テンションが下がりませんでした。
通常だと超一撃で被弾すると、テンションが初期状態までダウンするんですよね。
支援攻撃で覚醒武器を使ってもMP減りませんし、今回は支援系の行動でMPが変動しない仕様なのかも。



ステージクリア後は、下記の機体を開発。
難易度ノーマルでプレイした為、敵を倒すのも楽で、経験値も結構稼げました。
ハードだと支援攻撃を使わないと敵を倒せなくて、1体辺りの獲得経験値が少なかったんですよね・・・。

■ 開発
・ピクシー Lv3 → ジーライン・スタンダードアーマー
・ジム・スナイパーカスタム Lv4 → ジム・スナイパーII
・ガンキャノンII Lv5 → ガンキャノン・ディテクター
・ジム・クゥエル Lv4 → ガンダムTR-1 [ヘイズル]
・ジムII (エゥーゴ仕様) Lv4 → ネモ
・ハイザック・カスタム Lv3 → ハイザック・キャノン増加装甲装備
・スーパーガンダム Lv3 → ガンダムMk-III
・Zプラス (テスト機カラータイプ) Lv2 → Zプラス
・ジェガン Lv3 → ジェガンD型

・ドム・フュンフ Lv3 → ドム・トローペン
・ズゴック [ジオン残党軍] Lv3 → ゾゴック [ジオン残党軍]
・ギャン改 Lv5 → R・ジャジャ
・アプサラスIII Lv2 → ライノサラス

■ 設計
・ザクII + ドム・トローペン = ザクII 砂漠仕様
・ネモ + ジム・クゥエル = ネモ [地上配備機]



偶発的に作れるようになったペイルライダーですが、陸戦仕様と空間戦仕様に換装可能。
それぞれ地形適正が違うほか、武装にも変化があります。
どちらの形態もマグネットコーティングで命中・回避率+5に加え、HADESによって攻撃力+20、機動力+40の効果を得られますね。
ただし毎ターンMP10ずつ減っていくので、それが欠点。

画像

ジーラインですが、3タイプに換装できますね。
標準的なスタンダードアーマー、機動力が高めのライトアーマー、防御力が高いアサルトアーマーの3種。

この中では特にアサルトアーマーが優秀ですね。
アビリティにフルアーマーを持ち、物理系のダメージを30%軽減します。
武器も射程1-2マスの格闘武器であるヒート・ランス、貫通属性付きのショットガン、長射程・高威力のアサルトキャノンと隙がありません。
機動力は3タイプで一番低いですが、移動力は変わりませんし、アサルトアーマーが一番使いやすそうな感じでした。
ただ他の形態にも強みはあるので、どれを使うかは好みの問題かもしれませんね。

画像

今回でついにシナンジュを開発できました。
今作はガンダムUCまでのシナリオしか収録されていない事もあり、さすがに高性能ですね。
全ての能力が300を超え、移動力も7と言う状態。
武装も豊富で、射程も7マスまで穴がありません。

画像

リバウ同様、ビーム・アックスは貫通属性付きですし、底力属性のついたキックも使えます。
HPが少ないほど威力が上がると言う特性。
ただしキックは、超強気の時にしか使えません。
格闘武器が3種搭載されているので、ファイターや格闘センスのスキルを覚えるパイロットを乗せると活躍してくれそうです。

アビリティも優秀で、命中率・回避率+5%に加え、パイロットの覚醒値+30の効果があります。
さらに覚醒値が200以上のパイロットが乗っていると、攻撃力・機動力+20。
Zガンダムとは違い、常に効果を発揮する為、覚醒値の高いパイロットが乗ると真価を発揮。
アビリティの効果で覚醒値30アップしますから、覚醒値170程度のパイロットでも問題なく扱えます。

シナンジュからは、ネオ・ジオングやシナンジュ・スタインへと開発出来そうな感じです。
シナンジュ・スタインからは、ユニコーンに開発出来るかもしれませんね。
シルエットで判断しているだけなので、もしかしたら別のMSと言う可能性もありますが。

画像



と言う感じで、ガンダムUC世代の高性能MSを開発出来ました。
これも元をたどれば、リック・ドムなんですよね・・・。
系図としては、リック・ドム → ドライセン → バウ → リバウ → シナンジュと言う感じ。

私はリストを埋める為に間に量産型バウなども挟んでいましたが、シナンジュが欲しければリック・ドムから開発を進めていくと良さそうですね。
リック・ドムは初代ガンダムの最終ステージで捕獲できる他、ザクIIから高機動型ザクII、高機動試作型ザクを経由しても作れますし。

序盤に手に入るユニットがここまで育つわけですから、今作のドムは開発素材としてかなり優秀ですね。
リック・ディアスへ開発すれば、エゥーゴ系のMSにも発展させられますし。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス その7 [CROSS DIMENSION] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる