西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス その20 [ミッシングリンク]

<<   作成日時 : 2017/01/07 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■ STAGE 3 断ち切られた鎖
ジャブローで謎のMSペイルライダーに襲撃されたトラヴィスは、自分たちが口封じで始末されそうになっている事を察します。
とは言え、黙ってやられる義理は無いので、レイス隊は連邦軍から離反する事を決意し、宇宙へ逃れる事を計画。
その為にジオンの部隊に偽装し、ジオンが制圧中のキャリフォルニア・ベースから、堂々と宇宙へ向かう事になります。

画像

凄腕のハッカーであるドリスによって、レイス隊はジオンの命令書と作戦コードを偽造。
ジオンの特務部隊としての肩書を手に入れ、ジオンが管理するHLVに搭乗する手続きを済ませました。
しかしジオンとの通信を傍受され、ペイルライダーを含む連邦の部隊が出現。
これらを撃破して、キャリフォルニア・ベースへ向かう事になります。

画像

と言う事で戦闘が開始されますが、今回はレイス隊だけで戦う必要がありますね。
敵はジムとジム・キャノン、それにペイルライダーとビッグ・トレーと言う構成。
ペイルライダーは結構な強敵なので、ホバートラックを中心に陣形を組み、支援攻撃・支援防御を受けられる態勢で敵を待ちかまえた方が楽です。
こちらのユニットはターン経過で少しずつHPが回復するので、じっくりと戦えば苦労しません。

チャレンジ条件は、トラヴィスがペイルライダーを倒す事。
トラヴィスが起点となっていれば良いので、支援攻撃を活用して撃破すると楽かと。

画像

敵を全滅させるとイベント。
レイス隊のエドワードは、逃避行を続ける自分たちの前に、ピンポイントで暗殺部隊が送り込まれたことに疑問を感じます。
足取りや痕跡を消しつつ移動しているのに、そこへ暗殺部隊が差し向けられたので。

するとレイス隊のマーヴィンが、自分がグレイヴに伝えたと告白。
元々マーヴィンは、レイス隊の監視役として送り込まれていたようでした。
機密情報や昇進の話を伝えられていたので、マーヴィンはグレイヴから信用されていると思い、仲間を売っていた模様。

しかし先日のジャブローでの一件から、グレイヴは自分諸共レイス隊を始末するつもりだと気付き、スパイだった事を打ち明けたと。
裏切られていたわけですが、レイス隊のメンバーは、そんなマーヴィンを仲間として受け入れます。

画像

そこにキャリフォルニア・ベース奪還を狙う、連邦の先遣部隊がやってきました。
この窮地を救ったのが、かつて敵として戦ったマルコシアス隊。
レイス隊を知る相手だけに偽装も意味を持たないのですが、トラヴィスはジオンの特殊部隊だと嘘を付きながら、連邦のMSを撃破してみせます。
マルコシアス隊のシュナイドは、嘘だと感付いている様子を見せつつも、レイス隊を味方として受け入れていました。

画像

そしてレイス隊とマルコシアス隊は、キャリフォルニア・ベースへと移動。
連邦軍から基地を守るために、共闘する事になります。
やはりシュナイドはレイス隊の嘘に気付いていましたが、人を見る目には自信があると、背中を任せてくれます。
基地を守るために少しでも戦力が必要だと、かつて敵として戦ったフレッドとも、息の合う連携を見せていました。

画像

そしてレイス隊とマルコシアス隊は、HLVの発射準備が整うまでの間、連邦からHLVを守る事になります。
ちなみにこの戦闘ですが、ジオニックフロントの最終ステージの裏側と言う設定。
フェンリル隊が味方を逃す為に連邦軍と戦っている頃、別の区画でレイス隊とマルコシアス隊も戦っていたと。

と言う感じで、戦闘に突入します。
マップには2基のHLVが配置されていて、これを敵部隊から守る事が目的。
ジオニックフロントのステージでは四方を敵に囲まれていましたが、このステージは左側にしか敵は配置されていません。
その為、積極的に前に出て行くと守りやすいですね。

画像

レイス隊とマルコシアス隊が共闘すると言う事で、ゲストに9体のMSが配置されていると、こちらの戦力も多いです。
これにプレイヤー部隊も加わりますから、プレイヤーの戦力が低めでもなんとかなるかと。
後々の事を考えると、ゲストの機体はHLV付近に待機させておく方が楽ですが。

チャレンジ条件は、4ターン以内に敵を20機以上撃破する事。
敵は密集気味に配置されてますし、プレイヤーの戦艦で突っ込めば割と楽ですね。
戦力が整っているなら、1〜2ターン目に達成する事も可能。
長射程の敵も多いので、戦艦が落とされないように気を付ける必要はありますが。

敵を20機以上倒すとイベント。
HLVの打ち上げ準備が整うので、レイス隊とマルコシアス隊は、HLVへ乗り込むことになります。
レイス隊は上のHLV、マルコシアス隊は下のHLVの周囲に移動させる形。

画像

マップ東からも敵の大部隊が現れるので、HLVを破壊されないように気を付けながら、8ターン以内にユニットを移動させる必要があります。
放置しているとHLVが危険なので、あらかじめゲスト部隊をHLV周辺に展開して守らせるか、プレイヤー部隊の一部を待機させておいた方が良いかも。

チャレンジを達成していると、マップ東からガンキャノン重装型も出現。
東西のビッグ・トレーはジムを3機ずつ搭載しているので、今回捕獲できるのはこれらのユニットになります。

画像

後半戦ですが、全員がHLVに搭乗するとクリア。
8ターン以内に搭乗出来ないと敗北となります。
少しでも多くの敵を倒したい場合は、ゲストの機体をHLV付近に待機させ、ギリギリまで粘ると良いですね。
敵を全滅させても、ゲストをHLVに乗せるまではクリアになりません。

ゲストを全機HLVに搭載するとイベント。
発射態勢に入るHLVでしたが、HLV周辺に連邦のMSが出現。
そこでシュナイドとフレッドが、敵を食い止める為に地上へ残ります。
シュナイドはヴィンセントを隊長に任命し、マルコシアス隊を任せていました。

画像

そして二人が敵を足止めしてくれたおかげで、HLVは打ち上げに成功。
しかしレイス隊が乗るHLVは、地球上空で待ちかまえていた連邦のサラミスに撃墜されます。
サラミスの艦長はグレイヴの手の者で、レイス隊を始末した事をグレイブへ報告していました。

ただ、撃墜されたHLVは、レイス隊が用意していたダミー。
本物のレイス隊はマルコシアス隊と共にジオンの艦隊に拾われた後、再び地上へ再突入。
ダミーのHLVを撃破させることで、自分たちの死を偽装する事に成功したと言う形。

画像

イベントが終わると、ステージクリア。
クリア後には、パイロット「ダグ・シュナイド」、「マーヴィン・ヘリオット」がスカウト可能になりました。
シュナイドは4ターン以内に敵を20機以上撃破する事、マーヴィンはステージ3のクリアが条件。



クリア後は下記の機体を開発しておきました。
今回のステージは敵が密集気味に配置されていて、数も多いので、稼ぎには悪くないかもしれません。
ゲストをHLVに搭載した時点でクリアとなるので、途中で切り上げる事も出来ますし。

■ 開発
・パーフェクトジオング Lv5 → グレート・ジオング
・ジ・O Lv5 → タイタニア
・ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機) Lv5 → サザビー

・ゾディ・アック Lv2 → ガザE
・サイコ・ガンダムMk-III Lv5 → サイコロガンダム

・FAZZ Lv6 → フルアーマーZZガンダム

■ 設計
・サイコロガンダム + ハロ = サイコ・ハロ
・陸戦型ガンダム [第08MS小隊仕様] + 陸戦型ジム = 陸戦型ガンダム (ジムヘッド)
・ピクシー + スレイヴ・レイス = ピクシー (フレッド・リーバー機)
・シュツルム・ガルス + ザクI = ザクI (エリク・ブランケ機)
・アクト・ザク + イフリート改 = アクト・ザク (マレット・サンギーヌ機)
・グフ + グフカスタム = グフ (ヴィッシュ・ドナヒュー専用機)
・グフ (ヴィッシュ・ドナヒュー専用機) + 陸戦型ゲルググ = 陸戦型ゲルググ (ヴィッシュ・ドナヒュー専用機)
・ゲルググM + ガーベラ・テトラ改 = ゲルググM指揮官用
・ザクII F2型 + ザクII 寒冷地仕様 = ザクII F2型 (連邦軍仕様)
・ザクII F2型 [サンドカラー] + ザメル = ザクII F2型 (キンバライト基地仕様)
・ザクII F2型 (キンバライト基地仕様) + ドム・トローペン (キンバライト基地仕様) = ザクII F2型 (ノイエン・ビッター機)
・ギラ・ズール (親衛隊仕様) + ギラ・ドーガ (重武装仕様) [袖付き] = ギラ・ズール (アンジェロ・ザウパー専用機)
ギラ・ドーガ (重武装仕様) [袖付き] + ローゼン・ズール = ギラ・ドーガ (アンジェロ・ザウパー専用機)
・ギラ・ドーガ [袖付き] + サザビー = ギラ・ドーガ (フル・フロンタル専用機)

画像



設計でのみ作れる機体は、今回でほぼ全て作り終えました。
ハマーン用のガザCが残ってる状態ですが、こちらはベースのガザCを開発できてないので、現状では設計できませんでした。
ただゾディ・アックからガザEが開発出来たので、ガザ系の機体もこれで開発出来そうです。

画像

今回開発したサザビーですが、武装にキックが追加されてますね。
超強気以上で使える、底力属性の武装。
射撃武器も豊富ですが、格闘値の高いパイロットを乗せると真価を発揮するかもしれません。
サイコフレームの効果で覚醒+30となるので、覚醒の高いパイロットでファンネル使わせても良いでしょうが。

画像

タイタニアは、ジ・Oの後継機と言う設定のGジェネオリジナル機体。
武装にファンネルが追加され、覚醒値の高いパイロットを乗せると真価を発揮します。
ジ・O同様、サイコミュ・デバイスの効果で、覚醒値が200以上のパイロットが搭乗すると、攻撃力・機動力+20。

ただジ・Oのサイコ・プレッシャーのアニメーションが格好良かったので、今回はジ・Oを使おうかと考えている所。
武装が違うだけで、ジ・Oとタイタニアはステータスも同じですし。
攻略的な観点だと、長射程・高威力のファンネルを使えるタイタニアの方が強いでしょうが。

画像
画像

そして新たに、パイロット「マリオン・ウェルチ」をスカウトしました。
今回は覚醒値が高いと効果を発揮するアビリティなどが多いので、ニュータイプ系のキャラが欲しかったのですよね。
とりあえずは即戦力として、初期の覚醒値が高いマリオンを雇った形。

画像



■ STAGE 4 ソロモンの落日
地球へと戻ったレイス隊は、グレイブの正体を探っていました。
しかしミデアとMSを強奪し、戦力を補強したものの、物資が不足している状態。
そんな時、連邦の部隊が近くのジオン軍基地を襲撃すると言う情報を掴んだ為、それに紛れて物資を強奪する事になりました。

問題のジオン軍基地では、ブルーディスティニー3号機に乗ったユウの姿もあります。
ニムバスに奪われたBD2号機を取り戻す為、HLV打ち上げ基地の攻略に参加していた形。
その場にレイス隊も現れるのですが、トラヴィスは同じモルモット隊のよしみで、ユウ達に手を貸す事にしました。

画像

と言う事で、ユウ達と協力して、HLVの打ち上げを阻止する事になります。
ターン制限があり、6ターン以内にHLVを破壊出来ないと敗北。
こちらの戦力は、ユウのBD3号機とフィリップ、サマナのジム・コマンド。
それにスレイヴ・レイス、ガンキャノン重装型、陸戦型ジム、ミデアと言う布陣。

チャレンジ条件は、ユウがEXAMを発動した状態で、敵を6機以上撃破する事。
1ターン目はEXAMを温存して敵のHPを削り、2ターン目以降でEXAMを発動して敵を倒して行くと良いですね。
EXAMは1ターンで効果が切れますが、1ターン後に再使用可能となります。

画像

レイス隊のMSはミデアに収納し、早めにユウ達と合流させると楽。
ミデアは戦闘能力が低いものの、ミノフスキー粒子を散布して味方の回避率を上げられるので、毎ターン散布しておくと良いかと。

注意点としては、レイス隊はターン経過でHP・ENが回復せず、ミデアに搭載して回復する必要があるのですが、ミデアには整備の人員が配置されてない為、回復量が少なめ。
ダメージを受けすぎたりENを消耗しすぎると、2〜3ターンはミデアの中で耐えるしかなくなる為、ここはユウ達を主力にした方が良いかと。
ユウ達の機体は、ターン経過でHP・EN回復しますし。
3ターン目まで敵増援が現れて数の上では不利なので、早めにHLVを壊した方が楽かも。

HLVを撃破するとイベント。
HLVの打ち上げは阻止できず、生き残った敵も撤退していきます。
残念ながら、作戦には失敗してしまったと。

画像

戦いが終わった後、トラヴィスはユウに質問します。
以前ジャブローで、BD3号機に似た機能を備えた蒼いMSに襲われたと。
その問いには、技術仕官のアルフ・カムラが答えていました。
それは恐らく、EXAMをベースに作られたHADESを搭載した実験機、ペイルライダーの事だろうと。

そしてオーガスタ基地の郊外で、非人道的な研究が行われている事を教えて貰えました。
思わぬところから、グレイブに繋がる情報を得られたレイス隊。
この情報は協力してくれた礼代わりだと言って、アルフ達はBD2号機追撃の為に基地を後にします。

画像

その頃、マルコシアス隊のヴィンセントは、ソロモン防衛の任務に就いていました。
しかし連邦のソーラシステムによって、防衛の艦隊は大打撃を受け、連邦の大部隊がソロモンを取り囲みます。
司令官のドズルは自らビグザムで出撃し、味方艦艇が脱出する時間を稼いでいました。
マルコシアス隊もドズルと協力し、ギリギリまで敵と戦う事になります。

画像

と言う事で、後半戦がスタート。
こちらの戦力はドズルのビグザムに、マルコシアス隊のMSが5体。
アルバート以外のマルコシアス隊には、宇宙用のMSが与えられています。

チャレンジ条件は、ドズルがサラミスを2隻以上撃破する事。
ターン制限は無いので、プレイヤー部隊をドズルに合流させ、まずは接近してくる敵から始末していくと楽ですね。
その後でサラミスを倒すと良いかと。
サラミスは6隻配置されていますが、2隻倒した時点でイベントが発生するので、ドズル以外の機体では倒さないようにしたいもの。
ちなみにサラミスはジムを3機ずつ搭載しており、計18機のジムを捕獲可能。

サラミスを2隻倒すとイベント。
連邦軍はさらなる増援をソロモンに差し向けます。
その時アンネローゼは、何か嫌な気配を感じ取っていました。
そしてマルコシアス隊の目の前で、ビグザムがガンダムに倒されてしまいます。
マルコシアス隊はソロモンから脱出するドロワ、ムサイを守るため、戦闘を継続。

画像

という感じで、戦闘が再開されます。
マップ南からは敵の増援が現れ、ドズルのビグザムがいた地点には、アムロのガンダムが出現。
マップ北には操作不能のNPC戦艦が現れるので、破壊されないように守ることになりますね。
NPC戦艦は、マップ南へと移動します。

アムロのガンダムですが、かなりの強敵。
ビグザムの配置によっては自軍のすぐ近くに現れる上、マルコシアス隊の攻撃では命中率が30〜60%程度となります。
アムロの方は100%近い命中率で攻撃を当ててくる為、支援攻撃で早めに倒したいですね。
プレイヤー部隊が育っているなら、アムロといえど楽に倒せますが。

画像

チャレンジを達成していると、マップ南からジム・スナイパーIIが出現。
リーダー機を倒すと捕獲可能です。
全てのユニットを捕獲すると20機ものMSを手に入れられるので、お金稼ぎに良いステージかも。
勝手に動くNPCの戦艦は厄介ですが、マルコシアス隊のユニットで進路を妨害すれば、突出するのを避けられますし。

敵を全滅させるとイベント。
艦隊の脱出ルートを確保するも、新たな連邦艦隊が進路を塞いでしまいます。
その時、アナベル・ガトーが専用のリック・ドムで現れ、連邦艦隊を殲滅。
ガトーが作ってくれた隙をついて、マルコシアス隊は味方艦隊と共にソロモンからの脱出に成功。

画像

と言う所で、ステージクリア。
クリア後はパイロット「ギー・ヘルムート」がスカウト可能になりました。



クリア後は下記の機体を開発しました。
開発出来た機体は少ないものの、稼ぎは悪くありませんね。
ジムだけでも全て捕獲して売却すれば、10万くらいのお金が手に入るので、お金稼ぎにも良さそうなステージでした。

■ 開発
・ガザE Lv3 → ガ・ゾウム

開発・設計にお金を使わなくなってきたので、新たにパイロット「ユウ・カジマ」、「マリーダ・クルス」をスカウト。
今後は好きなキャラ、機体を育成する為に、お金を使っていくつもりです。
本当はリディもスカウトしたかったのですが、そこまでの余裕はありませんでした。
バンシィ・ノルンに乗せてあげたいのですが、スカウト料込みで17万くらいの出費になりますし。

ちなみにマリーダは、プルトゥエルブと切り替えできます。
リディも初期の方とやさぐれた方に切り替え出来ました。
見た目だけでなく、ステータスや性格も変化。

画像
画像


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス その20 [ミッシングリンク] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる