スパロボZ 2周目開始

ここしばらくDVDのキングゲイナーを見ていたのですが、やはり面白いですね。
富野監督作品は独特の間やセリフ回しが心地よい・・・。
思わずブレンパワードやターンAガンダムも見たくなってしまいましたが、それよりもゲームでキングゲイナーを使いたくなったので、スパロボZの2周目を開始する事にしました。
という事で、ランド編開始。

1話はウォーカーマシンが相手。
敵を2体倒したところでガロードが味方の増援として出現。
最初からディバイダーなんですね。
まぁ戦力的にはこちらの方が上なので、ただ突っ込んで反撃していれば3ターンでクリアできました。
クリア後はゲインとガチコが仲間に。

2周目でのPP引継ぎはキャラ個別のようですね。
以前の作品のように1周目で獲得した総PPを、全キャラで平均となるように分配・・・という事にはならない模様。
ちなみにランドはセツコのPPを引き継いでます・・・。
最初から4400PPとかあるので楽ですね。

2話はキングゲイナーの話。
ウルグスクのエクソダスの所から始まりますね。
ACE3ではすでに始まっているところからだったので、ちょっと新鮮。
敵を2体倒したところでキングゲイナーとガチコ登場。
さらにガウリ隊のメンバーも増援で登場。
SRポイントのアデット撃墜は、ゲインに援護攻撃させれば楽に獲得できますね。
前のインターミッションでガチコの武装を改造していたので、かなり余裕でした。

クリア後はゲイナーとサラ、ベロー、ガウリが仲間に。
1周目はEセーブやら気力+(回避)、サイズ差補正無視を付けていたゲイナーですが・・・。
終盤に獲得するスキルの効果もあって、かなり技量が高くなるのですよね。
という事で、今回は再攻撃を覚えさせました。
再攻撃は相手より技量が20以上の場合、もう一度攻撃する事が出来るというスキル。
キングゲイナーはどちらかと言うと手数で勝負するタイプなので、相性としては良さそうな感じ。

3話の敵にはキッド・ホーラのランドシップが混ざっています。
今回のザブングルはすでにイノセントを倒した後の話。
という事で、シベリア鉄道に雇われているという設定で登場。

ホーラを倒すとヤッサバのラッシュロッドが出現。
さらに敵増援も現れますが、こちらもキングゲイナーが登場。
次のターンにはアイアン・ギアー御一行も到着。
前述の通り原作終了後の話なので、ジロンはいきなりウォーカー・ギャリアに乗ってます。
こちらはヤーパンの天井側に雇われた助っ人という扱いですね。
原作の話を期待していた人には残念な展開かも・・・。
そして増援出現後はキングゲイナーがオーバースキル攻撃を使用可能に。
やはり最初からオーバーフリーズなんですね。
最初は加速の方が良かったかな・・・。

ちなみにキングゲイナーのオーバースキル、原作ではそのスピードであると言われていましたが・・・。
何気に多彩なスキルを発揮して見せていたのですよね。
加速だけでなく、ゴレームの防御を打ち破るほどの怪力やマッハバンドシェイカーの中和(?)、オーバーフリーズ、オーバーヒートなんかも使って見せていましたし。
しかしキングゲイナーのオーバースキルが何なのか、何故多彩なスキルを使用できるかは公式には明言されておらず、様々な物議の結果、原子や分子のスピードを操るスキルではないかという説が有力だったりします。
原子や分子を操作できるなら、過熱や冷却を行えるという事も説明できますしね。
と、キングゲイナーのマメ知識(?)

しかしラッシュロッドのオーバースキルは厄介ですね。
ラッシュロッドのオーバースキルは、運動性+10+オーバーセンスLVx2。
さらに毎ターン覚醒の効果というもの。
覚醒は2回行動可能になるという精神コマンドですね。
ヤッサバのオーバーセンスはLV3なので、運動性+16に覚醒という効果。
序盤にしては結構なもの・・・。
まぁキングゲイナーを改造してあったので、結構楽に撃破できましたが。

しかしここで登場するトラッド11は、ゲーム中、役立たずなように言われてましたが・・・。
何気に貴重な補給装置付きのユニット。
小隊に入れているだけで、部隊のENを毎ターン10%回復すると結構役に立ちます。
むしろもう何体か欲しいところ・・・。
まぁ戦闘面ではかなり弱い部類なので、強化パーツなどで補わないとすぐに沈みますけどね。

4話はブラックメールの話ですが・・・。
ゲームにはブラックメールは登場せず、ラッシュロッドが継続して登場。
最初は敵味方共に数部隊だけですが、ある程度敵を倒すと増援が登場。
増援登場後は、ヤッサバのラッシュロッド撃退でゲームクリア。
SRポイント獲得するには5ターン以内に敵を全滅させる必要がありますが、展開的には楽なステージですね。
ブラックメールが出ないので、ヤッサバのセリフも「消えてやる、こんな現実からは消えてやるよ」が「こんな現実は止めてやる!」に変わってますね。
原作見慣れているからかもしれませんが、おかげでセリフにちょっとした違和感がありました。

5話ではゲッコーステイトのメンバーが登場。
最初は主人公と月光号の部隊のみ。
ある程度敵を倒すと味方の増援。
ここは自分で小隊編制を行う必要がありますね。
セツコ編はほとんどイベント出撃ばかりだったので、ランド編もそうとばかり思っていました・・・。
敵の増援は無く、数も大した事無いので結構楽ですね。
戦艦のHP多くて、少し面倒というくらいでした。
ゲッコーステイトのメンバーはクリア後に離脱。

6話は∀ガンダムの成人式の話。
味方はロランの∀と主人公、キングゲイナー、アイアンギアーの部隊。
敵はウァッド部隊とポゥのウォドム。
ウァッドはHPも機体性能も低いザコ敵ですが、小隊を組んでいるのが面倒ですね。
見た目より数も多いですし。
とは言えフォーメーションやALL攻撃を行えば、楽に殲滅できます。
アイアンギアーにはMAP兵器も付いていますし。
クリア条件もウォドムの撃破なので、ここも結構楽なステージでした。
クリア後はロランと∀ガンダムが仲間に。



スーパーロボット大戦Z
バンプレスト
2008-09-25
ユーザレビュー:
ジャ○コ風リミックス ...
惜しいです。中盤まで ...
システムが劣化1周目 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ブログパーツ

この記事へのコメント