西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS タクティクスオウガ 運命の輪 発売2週間前

<<   作成日時 : 2010/10/27 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PSPで11月11日に発売予定の「タクティクスオウガ 運命の輪」、いよいよ発売2週間前となりました。
発売が間近に迫ってきた事もあり、いろいろと新情報も発表されてきていますね。
それらを見ていると、なかなか面白そうな感じ・・・。
中でも運命の輪 W.O.R.L.Dシステムは、思っていたよりも便利そうです。

画像


W.O.R.L.Dシステムとは、シナリオ上に用意されたチェックポイントに、騎士団の状態を維持したまま戻る(進む)ことが可能なシステム。
使用の度にタロットカードが必要となるようですが、それ以外に制限は無く、前のポイントに戻って経験値稼ぎを行ったり、NPCの救出に再挑戦するといった感じで使用出来るようです。
また、異なるルートに進む事も可能なようですね。

図にすると↓のような感じでしょうか。

画像

上の図のアルファベットがチェックポイントだとすると・・・。
カオスルートに進んだ後、敵が強すぎたので、W.O.R.L.DシステムでA地点に戻り、騎士団の育成を行ったり・・・。
カオスルートをクリアした後、A地点に戻り、騎士団の状態を維持したままロウルートへ進んだり、B2地点からニュートラルルートに進むことが出来るという感じでしょうか。

他にはシスティーナの救出に失敗したものの、B2地点まで進めて騎士団を育成し、その後でA地点へ戻り、システィーナを救出。
そのままシスティーナが生きている時間軸で物語を進めるとか。
逆にシスティーナが死亡している展開を見たい場合は、同じようにA地点へ戻った後、わざと救出に失敗して進めると良いみたいです。

10月15日に松野氏のtwitterで明らかになった情報では、固有キャラを仲間にした状態で、過去や別ルートへ進む事も出来る模様。
例えばカオスルートのChapter-2でアロセールを仲間にした後、A地点(Chapter-1)に戻ると、アロセールをChapter-1で使用する事が可能と言う具合。
そのままロウルートに進む事も出来るようですね。

ただこの場合、ユニットとしてのアロセールと、シナリオに登場するアロセールとは別人扱い。
味方ユニットにアロセールがいる状態で、敵ユニットとしてアロセールが登場するという事もありえると言う事ですね。
本来の歴史の流れにいないキャラクターは、固有キャラと同じグラフィック・能力を持つ汎用キャラ扱いになるという感じでしょうか。
同じキャラ同士や関連するキャラクターと対決させても、セリフやイベント等は用意されていないと言う事。
時間があればその辺りも用意したかったみたいですが、今回はあくまで「仲間キャラクターを全員仲間にしたい」という要望をかなえる為みたいですね。

例を挙げると、通常ではニュートラルルートに進むとアロセールは離脱してしまいますが・・・。
そのままC3地点のチェックポイントまで進めた後、A地点へ戻り・・・。
アロセールを仲間に加えた後で、再度C3地点へ移動すれば、ニュートラルルートでもアロセールを使用する事が可能。
しかし、シナリオの流れとしては、アロセールは騎士団から離脱したと言う展開で進められると。

と言う感じで、W.O.R.L.Dシステムは使い方次第で、かなり便利になりそうなんですよね。
攻略を助ける目的でも、仲間キャラやレアアイテムなどのコンプリート狙い、異なる分岐や展開に進むという目的でも使用できそうですから。

ルートによって仲間に出来るキャラクターは変化するので、その全キャラクターを仲間に加える事が出来るというのは嬉しいですね。
ちなみに騎士団に加えられるメンバーは、最大50人に増えていると言う事です。



他には、アイテム合成といった要素もあるようですね。
合成でしか入手出来ないといったアイテムがある一方、合成を使わなくてもクリア出来るような説明でした。
またスクリーンショット機能も用意されているみたいです。

しかし変更点多くて、簡単にはまとめられないくらいですね。
いよいよもって、発売が楽しみ。
あと2週間ですよ、2週間。
もう今から待ちきれない気持ちでいっぱいです。




・松野氏のtwitterから引用
W.O.R.L.D.の機能を用いる事で、他ルートで仲間にしたユニットを自軍に加えたまま、他ルートの攻略が可能になります。その際、物語的に(歴史的に)矛盾が生じるわけですが、ここは「仲間にする」というメリットを優先して、矛盾は不問にしています(続

続)時間に余裕があればその矛盾(タイムパラドックス)を解消するイベントを用意することも可能でしたが、残念ながら今作ではそこまでフォローしていません。W.O.R.L.D.を使用し移動した時間軸で、例えばアロセールが「歴史的に死亡している」場合は(続

続)たとえ自軍にアロセールが存在していても、歴史的には死亡したままとして扱われます。それはWR上の人物項目が死亡したままであったり、死亡しているが故に戦闘中の会話が発生しなかったり…と。(※一部、例外的なイベントも存在します) (続

続)逆に歴史的に死亡しているアロセールを「生存」状態に戻した場合は、アロセールが登場するルートの時間軸まで移動し、再度、救出イベントを実行することで歴史的に生存した状態へ戻すことが可能となります。ようは、物語的な生死とユニットの生死は(続

続)ある意味、分離しているともいえるでしょう。 説明だけではわかりにくいとは思いますが、それがプレイにどう影響を与えるかは、実際にソフトを遊んでいただくのが一番かな〜と思います。長文失礼しました。

追記。4つ目の記述で『逆に歴史的に死亡しているアロセールを「生存」状態に戻した場合は〜』とありますが、正確には『〜状態に戻したい場合は〜』でした。謹んで訂正いたします。

昨夜のW.O.R.L.D.機能の説明についてちょっと言葉が足りないので自己フォローを。 仲間にしたキャラがルート間、もしくは時間軸を移動して「歴史的に死亡」している状態の場合、「歴史的に死亡」しているためイベントや戦闘中の会話は発生しないことになっています。(続

続)これは物語上の矛盾を回避するための措置でして、ユニットとしては存在しても物語的には死亡扱いとする…ということを意味しています。全キャラを集めたいという要望を実現しつつ、かつ物語が破綻しないようにするための措置とお考えください。 ※「歴史的に生存」させるための措置は過去ログを。

続)過去の発言で「矛盾を不問にしている」とありますが、それはキャラ自体が本来存在しない時間軸に出現するという矛盾を不問にしている…という意味です。いちユニットとして戦闘に参加可能であるという事であり、物語(歴史)に関与することはありません。※ヴァイスvsヴァイスの会話は無い。(続

続)なお、救出イベント等を繰り返すことで固有キャラが無限増殖するといったこともありません。ケースによって異なりますが、固有キャラを救出するのにそのキャラ自身を用いることも可能であれば、育成したキャラ自身が救出される側として強制的にマップに設置されるパターンもあります。(続

続)W.O.R.L.D. 機能は育成した騎士団やゲットしたアイテム等を保有したまま他ルートへ移動したり、過去や未来へタイムワープのような移動を実現可能としています。全ルートの物語を楽しむだけなく、全ての固有キャラやアイテムを収集するためにご利用いただけたら幸いです。





公式HP
タクティクスオウガ 運命の輪


[関連記事]
PSPでタクティクスオウガが復活
タクティクスオウガ 運命の輪 発売2ヶ月前



タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き
スクウェア・エニックス
2010-11-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




タクティクスオウガ 運命の輪 オリジナル・サウンドトラック
Sony Music Distribution inc. (JDS) =music =
2010-11-10
ゲーム・ミュージック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タクティクスオウガ 運命の輪 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タクティクスオウガ 運命の輪 発売2週間前 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる