俺の屍を越えてゆけ

PSP版「俺の屍を越えてゆけ」購入してみました。
これは1999年にPS1で発売された同名タイトルのリメイクで、PS時代の名作RPGとして有名ですね。
私も当時熱中したものです。
ただゲームアーカイブス版も所持している作品なので、購入するかどうか結構迷いました。
グラフィック綺麗になってるだけなら、見送っても良いかと思って・・・。
購入の決め手になったのは、体験版でしたね。

画像

PSストアや公式HPで配信されている体験版ですが、実はこっそりプレイしていました。
体験版に触れてみた感想ですが、グラフィックが綺麗になり、操作のレスポンス良くなってはいますが、オリジナルとはあまり変わって無いと言う印象。
そこでアーカイブス版を起動させ、久々にプレイしてみたのですが・・・。
比べてみるとかなり違いましたね。

目だった違いは少ないものの、全体的にプレイが快適になっている感じ。
例えば戦闘中に表示されるメッセージ。
オリジナル版ではキャラクターが行動する直前に表示されていました。
「主人公Aの攻撃、敵Aに○○のダメージ」と表示されてから、キャラクターの攻撃アニメーションが実行されるという感じ。
敵も同様なので、多数の敵が出てくると、この辺にストレス感じていました。
PSP版だとダメージ等の数字が表示されるだけなので、かなりスピーディに展開されます。

画像
上記SSはオリジナル版

他には戦闘前のスロットで、アイテムが出る率が明らかに高くなっています。
オリジナルだとなかなかアイテム手に入りませんでしたが、PSP版だと1回の探索で、袋が回復アイテムで一杯になるほど。
特に回復アイテムが頻繁に手に入るという点があり難く、長期間の探索が簡単になり、戦闘でも死ににくくなりました。

そんな感じで、小さい変化ではあるものの、快適さはアップしていますね。
それでいてオリジナル版の雰囲気も損なっていないので、これは良い移植かもしれないと思い、購入に踏み切りました。
気になる人は、まず体験版をプレイしてみると良いと思います。
体験版のデータは製品版に引き継げ無いのですが、PSストアで体験版を入手すると、発売日以降、専用のレア神様をダウンロード可能になりますから。

画像

・公式HP 体験版
http://www.jp.playstation.com/scej/title/oreshika/trial/index.html



という所でゲーム開始。
最初はプレイヤーキャラの設定を行う事になります。
設定項目は、性別苗字名前生年月日ですね。
「本名入れろ」みたいな事言われますが、ここで設定したキャラクターが最初の主人公(一族の当主)になるので、適当でも問題無いと思います。
苗字だけは変えることが出来ず、最後まで付いて回るので、それなりに気に入ったものにした方が良いでしょうけど。

とりあえず私は、苗字(一族名)を「東」、名前を「兼継」という風に設定。
ブログ名的に西か東の入った苗字にしようと思ったのですが、両方入れると変な感じになってしまうので、東だけに。
西でも良かったのですが、ランダム選択で「東」が入った苗字が先に登場したので・・・。
名前は毎回考えるの面倒なので、ランダムで良さげなものを選んでいます。
生年月日は、平成11年6月18日(オリジナル版の発売日)に。

そして最後にゲームモードの選択。
4つのモードが用意されていて、あっさりモードだと戦闘で得られる経験値2.5倍、敵のHPが75%、敵から得られる資金2倍と、時間が無い人でもゲームを楽しめるモード。
一番難しいどっぷりモードでも、入手経験値、敵のHP、得られる資金が100%というものなので、プレイヤーの好みで選択して問題ありませんね。
ダンジョン内での時間経過の速度が違うだけで、ゲーム内容的な変化は特にありませんし。

画像

ちなみに私はどっぷりモードにしてみました。
ゲームモードは後からでも変えられるので、その日の気分で変更するというのも手。
初めてこのゲームをプレイするという人は、あっさりモードでサクっとクリアして、コツを掴んでからどっぷりモードでやり込む・・・という方法も。
オリジナル版と同じなら、あっさりモードの方が交配時に良い遺伝情報を引き継ぎやすいので、その時だけモード変えるという手段も・・・。

画像

ここまで選択すると、ゲーム開始。
このゲームはどういうものかと言うと、鬼の首領「朱点童子」に、短命と種絶の呪いをかけられた主人公(一族)が、神との間に子を成し、朱点童子を倒すまで戦い続けるという内容。
短命の呪いにより、プレイヤーの一族は急速に成長し、最大でも2年程度しか生きられません。
さらに種絶の呪いで人間との間に子孫を残す事が出来ず、神々との間に子供を作り、子孫を残していくという設定。
端的に言うと、能力の高い競走馬を作り出し、ダンジョン深くにいるボスを倒すゲーム。

画像

というわけで、最初はいきなり交配相手となる神を選ぶ事になります。
私はプレイヤーを男性にしていたので、女性の神4人から選ぶ形。
これも趣味で選んで問題無いと思いますが、攻略的には体の火の素質が高い「ささらノお焔」が良いかもしれません。
体の火が高いほど、攻撃力高くなりますから。
まぁ上手く引き継いでくれるかどうかは、運頼みの部分が大きいですけど。

神様を選ぶと、早速最初の子供が生まれます。
私は「ささらノお焔」を相手に選んだ所、青い髪の女の子が生まれました。
名前は「千草」。
名前はプレイヤーが付ける事が出来ますが、容姿や性別はランダム。
たまに見た目や性別が気に入らない子供も生まれますが、そういう所もゲーム性だと思って割り切った方が面白いと思います。

画像

次に一族の衣装の色を選択。
これは最後まで変える事が出来ず、どのキャラクターも選択した衣装で戦う事になる為、気に入った物を選んだ方が良いかと。
今回は「黒-椿」を選択。
オリジナル版の頃から、これか「黒-縹」しか選んだ事無いような・・・。

画像

ここまで設定し終わると、ゲーム本編に突入。
一族の身の回りの世話をしてくれる「イツ花」も現れます。
彼女、とある情報欄をじっくり眺めていると、ある事に気付くはず・・・。

画像

一族情報も見られるようになりました。
初代当主となる兼継ですが、結構なイケメンですね。
容姿は毎回ランダムなので、こういうパターンも珍しいかも。

画像

兼継の第一子となる千草は、想定通り体の火の素質が高いですね。
第一子の職業は薙刀士固定なのですが・・・。
薙刀士は範囲攻撃出来るものの、攻撃力が低めという欠点があります。
その弱点をいい感じに補えたかもしれません。
しかし趣味が下ネタというのは・・・。

画像

最初は出来る事も少ないので、とりあえずダンジョンへ出陣。
その前に携帯袋に入っているアイテムは、蔵へと移し変えておいた方が良いですね。
回復アイテムだけ4~5個持っていけば大丈夫だと思います。

現状突入できるダンジョンは3つありますが、今回は相翼院へ。
オリジナル版を初めてプレイした時、最初に突入したのがこのダンジョンだったので、いつの間にか通例となってしまっています。
最初に相翼院向かわないと、ちょっと気持ち悪い感じが・・・。

ダンジョンに入ると、黄川人(きつと)という幽霊のような青年と出会います。
何気に重要人物。
彼とはダンジョン突入時に何度か遭遇し、色々な話を聞かせて貰えますね。
攻略のヒント的なものから、裏設定みたいな話まで・・・。

画像

ダンジョン内部では、左上に表示されている炎が無くなるまで行動可能。
時間経過で炎が消えて行き、全て無くなると1ヶ月終了。
続けて探索も行えますが、HPなどが低下してしまうというデメリットも。
序盤は1ヶ月ごとに戻った方が良いでしょうね。
PSP版では袋が一杯になりやすいので、整理にも向かいたいですし。

画像

敵との戦闘はシンボルエンカウント。
背後から接触されると先制攻撃を受けてしまうので、その辺だけ気を付けておきたいですね。

戦闘に突入したら、まず最初にルーレットが回り始めます。
ここに出たアイテムを、戦闘終了時に入手可能。
術や武器・防具、職業を増やすための指南書なんかも、これで手に入れる事になります。
ただ敵のリーダーは、不利な状況になるとアイテムを持って逃げる為、欲しいアイテムが出た場合は早めにリーダーを倒すと良いかと。

画像

ちなみにルーレット欄に朱ノ首輪が混ざっていた時は要注意。
世の中には朱点童子に姿を変えられた神様もいて、朱ノ首輪を奪う(ルーレットで引き当てる)ことで元の姿に戻す事が可能です。
開放した神様は交神の儀で相手役に選ぶ事が出来るので、積極的に助け出したい所。

ただ、神様を解放するには条件があり、条件を満たさなければ朱ノ首輪をルーレットで引き当てる事は出来ません。
(特定の術を身に付けたキャラクターが戦闘メンバーにいる等)
ゲームを進めていくと自然と条件満たしている事も多いので、朱ノ首輪を持った敵がどこで出るのか、覚えておくと良いでしょう。

敵集団には必ずリーダーがいて、リーダーを倒した時点で戦闘は終了。
倒した敵の数が少ないと、獲得経験値や資金が少なくなりますが、状況によってはリーダーだけ倒していくのも戦略。

プレイヤーのパーティですが、当主以外はコマンド入力出来ません。
他のメンバーは行動前に3つ提案を行ってくるので、どれかひとつを採用するという感じになります。
提案を却下し、自分でコマンド入力する事も出来ますが、その場合相手の忠誠度が低下。
忠誠度が下がると最悪家出をし、二度と戻ってこない事もあるので、その辺気を付ける必要があります。
有効な提案を行ってくる事が多いので、わざわざ提案を却下してコマンド選ぶ事は少ないと思いますが。

画像

まぁそんな感じで、相翼院を探索。
1ヶ月粘った結果、キャラクターは結構育ちました。
アイテムの戦利品は少なかったですけどね。
それでも回復アイテムは袋埋まるほど出ましたが。

画像

という感じで最初の4月は終了。
ここまでは体験版と変わらない感じですね。
気になっている人は、体験版をプレイすると参考になるかと。
初代当主が死亡するまでの期間、プレイ可能ですし。

ただメディアインストールに対応していない為、その辺気にする人は少し煩わしく感じるかもしれません。
私は気にならないレベルですが、所々でロードが少し長引く場面が見られましたから。
全体的には快適と言えるレベルですが。
オリジナル版とは違い、セーブが圧倒的に早いのも嬉しい所。

気になった所は、ダンジョンでの操作がアナログパッドになるという所。
PSPのアナログパッドは非常に操作しにくいですからね。
それに私は防水ケースを付けて、入浴時によくPSPをプレイするのですが、防水ケース付けているとアナログパッド操作できないので、この仕様は残念な所。
操作方法を十字キーとパッドから選択出来れば良かったのですが・・・。

とは言え気になっている所はそれくらいな物で、全体的には良い感じ。
久々のオーソドックスなタイプのRPGですし、のんびりとプレイしていきたいですね。

・俺の屍を越えてゆけ 公式HP
http://www.jp.playstation.com/scej/title/oreshika/




俺の屍を越えてゆけ (通常版) (プロダクトコード同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2011-11-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の屍を越えてゆけ (通常版) (プロダクトコード同梱) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

オルタ
2011年11月10日 20:06
今日発売だったんですね。
自分はプレイしたことがないのですが、日記を読んでとても興味を持ったので、まずは体験版からしてみようかなと思いました。

ドラクエモンスターズみたいに、配合を繰り返して、両親の能力を受け継いでいくようなやつならハマる匂いがします。
Westwood
2011年11月10日 21:37
体験版は初代当主が死ぬまでの期間ですが、ゲーム内時間で1年ほど遊べるので、結構参考になると思います。

キャラクターには遺伝情報というものがあり、子供には親の遺伝情報が引き継がれるので、基本的には子供の方が強くなりますね。
配合に必要になる奉納点というものは、戦闘で得た経験値と同量が獲得可能なので、子供を作ってはダンジョンで育成し、同時に得られた奉納点でまた子供を作る繰り返しというゲームになります。
各キャラクターの寿命は短いですが、ハマる人はハマりますね。