西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS サムライ&ドラゴンズ その14 [Ver1.06]

<<   作成日時 : 2012/06/20 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日6月20日にサムライ&ドラゴンズがバージョンアップしました。
第一の変更点は、新種族「傭兵族」が追加されたと言う事。
下位ラボで研究出来る種族で、騎士族の下位バージョンという感じ。
これに伴い、ゴールドパックやダンジョンパックの中身が一部変更されています。

画像

また、ゴールドパックや一部ダンジョンパックには、騎士族も追加。
今まではシャイニングパックで先行配信されていたと言う感じでしたが、ゲーム内でも正式に騎士族が追加された事になります。
騎士族はアーサー王やランスロット、トリスタン等、アーサー王伝説関係のユニットが多め。

・1.06パッチでのアップデート内容について
http://livearea.samuraianddragons.com/news/?mode=view&id=118



私は以前、楽しもう3Gキャンペーンで傭兵族のカードが貰えるという発表があってから、シャイニングパックの販売が終わる6月20日以降にゴ−ルドパックの更新があると睨み、ゴールドチケットを溜め込んでいたんですよね。
新種族が特典だけで終わるはずが無く、ゲーム内でも実装されるはずだと。
その読みが辺り、今回ゴールドパックを2回引く事が出来ました。

結局ゴールドパックからはUCしか出ず、通常のダンジョンパックから傭兵族のUCマジシャンと騎士族のUCドン・キホーテが手に入りましたが。

マジシャンはコスト2.0、射程2というユニットで、射程4の範囲攻撃を所持しているのが良いですね。
攻撃力ダウンの効果も付属する上、発動率もLv1の状態で32%と高め。
シーズン開始直後などでは、十分主力として活躍してくれそうです。

画像

ドン・キホーテはコスト3.5、射程1というユニット。
固有スキルは射程2の範囲攻撃ですね。
コストが高い分、ユニットとしての性能はそれなりですが、固有スキル発動時に兵士数を失ってしまうのが難点。

画像

なかなか優秀そうなのが、傭兵族のRソーサレス
コスト2.5で射程2と言うユニットで、固有スキルはバインドソング
敵全体に対し、ターン開始時に発動するスキルをキャンセルさせる効果。

現在の主流は、戦闘開始時に発動するスキルで先制攻撃やバリアを付与、攻撃力や防御力を増加させるというもので、高レベルの土地に出現するNPCも同様の戦術使ってきますからね。
これらをキャンセルさせられるというのは大きいです。

画像

しかもスキルをLv5にする事で、35%枠として継承出来ますからね。
合成素材用としても優れているかもしれません。
最初からスキルレベル3なので、3枚手に入れれば条件満たせますし。

ちなみに戦闘開始時のスキル発動順ですが、基本的に素早さの遅いユニットから発動します。
その為、バインドソング持ちの素早さを低めにしておけば、ターン開始直後に敵の行動をキャンセル出来るかと。
通常の行動順が遅くなり、目的地に辿り着く為の移動時間も長くなってしまうのが難点ですが。

騎士族ラインナップ
傭兵族ラインナップ



次の変更点は、ユニットの所持数が、デフォルトで150体になったと言う事。
今までは100体が初期数でしたが、レアなカードをコレクションしていたり、実働部隊や合成素材をストックしていると、意外とすぐに100枠埋まってしまっていたのですよね。

画像

300円で10枠(永続的)、最大50枠増やす事が出来ましたが、デフォルトの所持数が150体になったのは大きいです。
尚、バージョンアップ前に課金で枠を増やしていた場合、150枠+課金枠となる模様。
カード所持数の最大は、課金時で200体になると言う事ですね。

細かな変更点では、カードの情報欄に、スキル合成で追加されるスキルのリストが表示されるようになりました。
ゲーム内で手軽に確認できるようになったのは便利ですね。
まぁスキルLv7で習得可能なスキルは隠されていますが。

画像

そしてもうひとつ。
今回のバージョンアップで一番の目玉が、魂機能の搭載。
魔獣を廃棄する事で、種族別の魂を入手出来るようになりました。
この魂を集める事で、対応した種族のスキルを強化可能。

例えば亜人族のユニットを廃棄すると、亜人族の魂が手に入ります。
亜人族の魂を一定数集めると、亜人族が持つスキルをレベルアップさせる事が可能と。
今まではまったく同じカードを生け贄にする必要がありましたが、魂機能を使えば、同種のカードが手に入らずともスキル強化が出来るようになったという事。

画像

カード廃棄時に貰える魂は、カードのランクで変化します。
コモンだと1、アンコモンだと20、レアは500、スーパーレアになると2,500の魂を入手。

ちなみにカードを使った合成に失敗した時にも、少量の魂が入手可能。
コモンで1、アンコモンで4の魂を入手出来ました。
話に聞く所によると、魂合成に失敗した時にも、一定量の魂が貰えるとか・・・。

魂を使った合成でも、必要となる魂数はカードのランクで変化。
コモンだと400、アンコモンだと800、レアだと2,000、スーパーレアだと7,500の魂が必要となります。
これだけの魂があれば、同名カードの代わりに魂を使用する事が可能。

画像

魂機能の実装は、スキル強化が難しかったレアやスーパーレア、有料かつ販売終了したシャイニングパックのカードは助かりますね。
時間をかければ、魂も集まるでしょうし。
シーズンで魂もリセットされるとしたら、厳しいものになってしまいますが。

これにより、シャイニングパックの亜人族が、脚光を浴びるかもしれません。
シャイニングパックのレア以上のカードは、成長率が高い上に有用なスキル持ちも多く、下級ラボで研究可能という利点があります。
亜人族のカードは通常のダンジョンパックからも手に入りますし、入手頻度も高いですからね。
魂機能でスキルを強化してしまえば、シーズン開始から終了まで頼れるユニットになってくれそう・・・。

騎士カードは出現頻度の関係で、亜人族より簡単に・・・とは言えないかもしれません。
少なくとも現状では、シャイニングパックの亜人族の方が、利便性高いかと。
それでも入手手段の無くなったカードを強化出来るのは助かりますが。

[リンク]
・6月20日から導入の「魔獣の魂機能」について
http://livearea.samuraianddragons.com/news/?mode=view&id=115

・サムライ&ドラゴンズ 運営サイト
http://livearea.samuraianddragons.com/

・サムライ&ドラゴンズ 公式サイト
http://samurai-and-dragons.sega.jp/



サムドラの話ではありませんが、ブラウザカードゲームの戦場のヴァルキュリアDUELがユーザーテストを開始しました。
名前からもわかるとおり、戦場のヴァルキュリアを題材としたカードゲーム。
SLGパートは、サムドラに似た部分もありますね。
ユーザーテストはPCのみですが、正式サービスではスマートフォンでも遊べるとか。

画像

登録すれば誰でも参加出来ますし、ユーザーテストに参加しておくと、正式サービス開始時にプレミアムカード「セルベリア・ブレス」が貰えると言う事なので、興味がある方は参加してみては如何でしょうか。

私も試しにプレイましたが、正直な所、面白いとは思えませんでした。
カードの所持数も少なめなので、コレクションするというのも大変そうですし。
まぁこの辺は正式サービス開始時に手が加えられる可能性もあるので、将来性に期待という所。
それよりも、PS3でヴァルキュリア復活して欲しいものですが。

戦場のヴァルキュリアDUEL
http://valkyria-duel.hangame.co.jp/lp/
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サムライ&ドラゴンズ その14 [Ver1.06] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる