西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迷宮クロスブラッド インフィニティ その10

<<   作成日時 : 2013/05/08 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

愛音チャペル地下1階のセクターMで、ひたすら経験値稼ぎをしていました。
前回も書きましたが、ここは狭い範囲に敵シンボルが6個密集していて、近くに階段もある為、階段とシンボルを往復するだけで楽に経験値とアイテムを稼げるんですよね。
出現する敵次第ですが、一度の戦闘で1,000〜3,000ほどの経験値を貰えることもあり、思ったより早くLv15に到達する事が出来ました。
主要なスキルも覚えてきたので、戦闘の効率が以前とは目に見えて違ってくるように・・・。



という所で現在のパーティメンバーですが・・・。
武術士はLv10でデュアルウェポンを習得したので、念願の片手刀二刀流が出来るようになりました。
単純な威力では両手刀のコジロースペックの方が上だったりするのですが、二刀のダメージを合算すれば、ほぼ同じダメージを叩き出せます。
それに手数が倍になった為、敵集団に切り込めばユニオンゲージもかなり溜まりますね。
首切りの発生率も、手数が増えた分だけアップしています。

画像

二刀流を有効活用するには敏捷が25以上必要ですが、こちらは装備品と特性値の補正でクリア。
ベースの敏捷は18しかありませんが、これ以上は特に上げる必要は無いと思われるので、今後はダメージアップに繋がる”力”、首切り発生率アップに繋がる”運”を重点的に上げていく予定です。

画像



王騎士はLv14でイージスを習得しました。
イージス使用中はACが低下し、味方への攻撃を身代わりとなって受け止めてくれます。
王騎士が装備可能な防具は優秀な物が多く、他のキャラが大ダメージを受ける攻撃でも、王騎士なら1桁、2桁に抑える事も少なくなりませんね。
防具さえしっかりしていれば、強敵とも安定して戦えるようになります。
G-XTHやデモンゲイズでもそうでしたが、盾役の王騎士(パラディン)がいるかいないでは、戦闘の難易度が激変。

画像

ステータスの方は、体力と運を重点的に伸ばしています。
体力はHP増加量に加え、防御力にも影響してきますし、運は状態異常への抵抗力に影響しますから。
今後はイージスで味方の盾となるのが役割になるので、HPと状態異常耐性は非常に重要。
今後もこの二つを重点的に伸ばして行く予定です。

画像



拳法士は一見ぱっとしない感じですが、現パーティで一番のダメージソースとして活躍中。
目に見えて違ってきたのは、Lv11装備のバーサクナックルを身に着けてからですね。
バーサクナックルはどのキャラクターが身に付けてもバグ状態になる上、HPマイナス効果が付いていますが、その分攻撃性能は優秀。

画像

何せ武術士や王騎士が80ダメージほどしか与えられない所、拳法士は150〜200ダメージとか叩き出しますからね。
その上、追加で恐怖や麻痺、気絶を発生させる事もあります。
敵によってダメージのバラツキも大きいですが、バーサクナックル装備後の拳法士はかなり頼れる存在になりました。

画像

ちなみにバグ状態のデメリットは、装備を外せない事とブラッドを変更できない事くらい。
有料になりますが、開発ラボでバグを解除できる上、解除後も装備は失われないので、頻繁に装備やブラッド変えるので無ければ特に影響無いと思います。

そういった事もあり、バグになる事前提でハルクチューンも装備中。
これは男性用の装備なので、女性が身に付けるとバグになりますが、性能が高いんですよね。
HPプラス効果も付いているので、バーサクナックルのHPマイナスを打ち消せますし・・・。

ステータスの方は、敏捷と運、力を優先して上げていました。
拳法士も左手に武器を装備する事が多い為、敏捷25以上無いと真価を発揮しないんですよね。
これも装備品と特性値の補正でクリアしました。
拳法士はレベルアップで防御力アップしていく特性があるので、防御力より敏捷アップの装備を選んだ結果。
今後は武術士同様、力と運を伸ばしていく予定。

画像



学術士は専用装備を多数身に着けられるようになってきました。
学術士用の装備は、学技+の効果が付いている物が多いんですよね。
これはスキルの効果をアップさせると言うもの。
学術士の場合で言えば、トラップの識別・解除の成功率が高くなると。
学技+装備の豊富さがメイン学術士の利点でもあるので、ようやくその特徴が発揮されてきたと言う感じ。

画像

さらにLv15でオープンディスクを覚えたのも助かります。
戦闘中でもサブディスク内のアイテムを使えるようになると言うスキル。
本作ではサブディスクと倉庫が一体化している為、さらに有用性がアップしていますね。
Lv8でファストユーズI(スタックアイテムを一度に2個連続で使用)も覚えたので、ピンチの時にはサブディスク内のアイテムの連続使用で乗り切ると言う事も可能に・・・。

ステータスの方は、敏捷と運を重点的に伸ばしています。
トラップ解除を優先している感じですね。
今後もしばらくは敏捷と運を伸ばしていくつもりですが、サブブラッドに聖術士や魔術士を付けた時の為に、知性や神秘性を育てる事も検討中。
無属性魔法を使わせるなら、運だけ上げておけば良さそうですが。

画像



聖術士は、回復・補助役として欠かせない存在に成長中。
ただ攻撃能力には期待出来なかったので、Lv12になった際、ロケットマンを開発して与えておきました。
ロケットマンは全ブラッドが装備可能で、攻撃力も高い上に射程Lと言う優秀な武器。
これを身に付けたことで、王騎士とほぼ同等のダメージを叩き出せるようになりました。

画像

その後で両手ハンマーのゴッドプレスを入手したのですが、これを身に付けてからの火力は凄まじいですね。
何気にパーティ内では拳法士に次ぐダメージを叩き出せるようになり、追加で麻痺を発生させる事も。
火力不足で嘆いていたのが嘘のように、一転して頼れる攻撃役となってしまいました。

ステータスの方は、神秘性と運を優先的に伸ばしています。
回復の要となる聖術士が状態異常になると、パーティ壊滅の危険性が高いと言う事。
神秘性は魔法でのHP回復量や、後々習得するスキルに関係して来ると言う事が理由。
敵より先に行動する為、敏捷も上げたい所ではあるのですが、この辺はユニオンスキルで補う事が出来ますからね。
神秘性と運を十分確保出来てから上げ始める予定です。

画像



魔術士は現状では要らない子になっています。
攻撃魔法使う機会少ないですし・・・。
補助魔法で敵のACを引き上げ、物理攻撃を当てやすくするのが、唯一の役割という所。
ちなみにAC(アーマークラス)とTH(命中率)は、低いほど良いステータス。

画像

ただLv14でマジックバースト(1ターン集中して魔法威力アップ)を覚えたので、今後は魔法での攻撃にも期待が持てるかもしれません。
ブートキャスト(範囲攻撃スキル)のダメージも増えてきましたし、ザコ戦では十分な火力はありますけどね。
大器晩成型のクラスなので、今後の成長に期待してます。

ステータスの方は、知性と運を伸ばしています。
エクスペリエンスのゲームだと、属性魔法は知性、無属性魔法は運に依存するので、魔術士はこの二つを上げて行けば問題無さそうですから。
ただサブブラッドに聖術士を付ける予定なので、将来的には神秘性も伸ばしていく予定。

画像



と言う感じで、かなり育ってきました。
このままサブブラッドをLv15まで上げて、それからはサブブラッド付けたままクエスト進めて行こうと考えています。
サブが育ってきたら、まずLv15キャップを解放しなければ・・・。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょうど愛音のダンジョンのとこまで進みました。
これの一つ前のダンジョンがかなり苦戦しました。屋上で黒騎士と対峙するところですね。
メイン、サブ共にキャップであるレベル7まで上げてもボスに勝てなくて、もうダメだと思った時、開発で武器に光や闇の属性を付与したりすることで難易度が激変しました。

開発は結構重要なんですね。
最初は複雑な印象から全く触れてなかったんですが、慣れてくるとアトリエシリーズみたいに好きな従属効果を付ける感覚で楽しめるようになりました。
ORUTA
2015/01/13 20:45
あそこは序盤の壁ですね。
レベルキャップ解放する事も出来ず、少しでも良い装備品を集めて挑むしかありませんし。

属性や開発は重要ですね。
私は汎用性重視で無属性武器を愛用していましたが、種族特攻はよく付与していました。
慣れるまでは難しいですが、開発は積極的に活用した方が良いでしょうね。
その辺りを楽しめるかどうかが、このゲームの評価を左右すると思いますし。
Westwood
2015/01/14 18:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
迷宮クロスブラッド インフィニティ その10 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる