西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄拳レボリューション配信開始

<<   作成日時 : 2013/06/12 17:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

6月12日より、PS3専用タイトル「鉄拳レボリューション」の配信が開始されました。
基本無料のオンライン対戦ゲーム。
プレイするにはオンライン環境が必須で、対戦には”対戦コイン”、アーケードモードには”アーケードコイン”を必要とします。
対戦コインは30分に1個入手し、最大5個までストック可能。
アーケードコインは60分に1個入手し、最大2個までストック出来ると言う事。
対戦で勝利すれば、コインを消費せずに遊べるとか・・・。
この辺は同じくバンダイナムコから配信されている、ガンダムバトルオペレーションと似たような仕組みですね。

画像

コインは有料販売もされていて、時間を気にせず遊びたいと言う人は、そちらのコインを購入すればOK。
対戦なら2時間で4回は無料で遊べますし、有料コインもゲームセンターでお金使う感覚だと思えば、抵抗は少ないのではないでしょうか。
対戦、アーケードどちらもプレイ可能なコインが、10枚300円ですし。
格闘ゲームは人を選ぶ部分も大きいですし、体験版替わりにプレイすると言うのも良さそうです。

画像

最初に使用できるキャラクターは、三島 一八、ラース・アレクサンダーソン、風間 飛鳥、リリ、ポール・フェニックス、キング、マーシャル・ロウ、ジャック6の8名。
ただプレイする度にギフトポイントが貰え、一定数に達すると使用キャラクターが増えたりするようです。

他にもキャラクターの育成要素があり、3種類のステータスをプレイヤーの好みで育てられる模様。
攻撃力に特化させたり、体力を増やす、クリティカル発生率を高めて一撃必殺に賭けたりと、自分の好きなように育成出来ます。
対戦でもそれらのステータスは反映されるようなので、その事を踏まえた上で育てると良いかも。

画像

私も軽くプレイしてみましたが、数年のブランクがあると厳しいですね。
アーケードモードは程よい感じで簡単にクリアできましたが、対戦はそうも行きませんでした。
私は鉄拳派の人間で、学生時代は友人たちと一緒に対戦に明け暮れていたんですけどね・・・。

初期キャラクターの中では一八と飛鳥が持ちキャラなのですが、コントローラだと一八は厳しい・・・。
それに飛鳥の場合、正確には飛鳥の元キャラとなった準が持ちキャラだったので、知らない技も多く、新キャラのような感覚でした。
鉄拳5はそこそこプレイしたものの、それ以降の作品には触れていませんし。

まぁ友人たちと遊ぶのが楽しかっただけで、対戦自体が好きだったわけでもありませんしね。
今後は気が向いた時に軽く遊ぶ感じになると思います。
手軽に対戦出来るので、最近の鉄拳を楽しんでるユーザーには良い作品かもしれませんが。

[リンク]
鉄拳レボリューション 公式HP
ソフトウェアカタログ



基本無料の対戦ゲームと言えば、9月5日にパッケージでも発売されるPS3ソフト「デッドオアアライブ5 アルティメット」も、基本無料版が配信されると言う事。
こちらは4人のキャラクターが使え、ストーリーモードはプレイ出来ないものの、製品版とのオンライン対戦が可能。

その他のキャラクターは1体400円で販売され、DLCを購入する感覚で基本無料版にキャラクターを追加可能。
ストーリーモードも1,500円で追加出来るようです。

全て購入するとパッケージ版より高くなりますが、パッケージ版買えば全て含まれているわけですからね。
ストーリーモードはプレイしない、一部のキャラクターしか使わないと言う人には、基本無料版の方が安上がりになると思います。

VITA版のリッジレーサーに触れた時にも同じ事書いたような気がしますが、こういう販売スタイルは良いですね。
ゲームソフトをカスタマイズする感覚で、欲しい機能・キャラクターだけを追加していき、出費を最低限に抑えられると言うのは、悪くない販売形式では無いかと。
特定の要素はいらないから安くして欲しいと言う人は、決して少なくないでしょうし。

特にこういう格闘ゲームの場合、人によって使うキャラクターと使わないキャラクターは、ハッキリと分かれる事が多いと思います。
それがこのゲームの場合、デフォルトの4名+3名のキャラクターしか使わないのであれば、出費は1,200円だけで済みますしね。
毎回フルプライスの新作買うと言うのは結構高くつきますし、こういう販売スタイルが定着すると嬉しいです。

ただ前提として、本体が安い事が必須ですけどね。
それと本体&DLCの総額が7,000〜10,000円を超えそうな場合、価格抑えめのフルパッケージを出すのも重要。
さらに本体とDLCが同時に登場する事も必須事項かと。

VITA版のリッジレーサーの場合、本体は安かったのですが、まともなDLC出るのに数か月かかりましたからね。
それに本体だけで遊べる要素は、かなり少なかったらしいですし・・・。

ただ今回のDOA5はある意味理想の形ですから、これを機に他のメーカーも同じような販売スタイルに踏み切ると面白いかと。
まぁ私自身は上記の通り鉄拳派でしたし、DOAシリーズにはまともに触れた事ないので、DOA5もプレイする事は無いと思いますが。

[リンク]
デッドオアアライブ5 アルティメット 公式HP



もうひとつPSストア関係のニュースを挙げると、先日E3でFFヴェルサス13が「ファイナルファンタジー15」と名前を変え、PS4とXBOX ONEで発売される事が発表されました。
それを記念して、ファイナルファンタジー関連のゲームアーカイブスが、6月17日まで半額で販売されています。
FF関連のアーカイブスは他より値段高めなので、興味があるソフトはこの機会に購入しておくと良いかもしれません。

画像

また話は変わりますが、PCで利用できるSENオンラインストアが登場してから結構経ちましたが、これの使い勝手はかなり良いですね。
PS3のPSストアはリニューアルしてから非常に重く、利用中は常にスローモーション状態。
さらには重すぎて途中で強制終了する事もあり、検索は検索で探したいものを見つけにくいと、かなりの改悪さが目立ちます。
唯一、現在行ってるキャンペーンの一覧が、視覚的に確認しやすくなった所が利点。

一方、SENオンラインストアはかなり快適で、PS3、PSP、VITA全てのコンテンツを購入可能。
検索は相変わらず不便ですが、PCでなら十分許容出来る内容。
そういう事で、最近はSENオンラインストアでコンテンツを購入し、PS3のダウンロードリストから購入したコンテンツをダウンロードするようにしています。
PS3のストアが使いにくいと言う方は、この方法を試してみると良いかもしれません。

[リンク]
SENオンラインストア

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とうとうPS4が発表されましたね〜ソフトのラインナップは嬉しい反面、PS3た期待してたので、このへんは正直残念ですけど…
やはり、個人的にPS3がまだまだ充実しきってないのに、PS4というのは…互換性もどうなるか分からないんですけど、これで互換性がないのなら、ガッカリすぎて発売されても、当分は必要ない機種になりそうです。

鉄拳の基本無料もびっくりしました♪
けれど、言われてるように必要最低限の好きなキャラさえ使えれば格闘ゲームは節約出来るんで、この手法は他のメーカーさんでもやって欲しいですね〜
ユーク
2013/06/12 20:50
PS4は思ったよりいい感じでしたね。
ソフトも色々と出るようで、楽しみになってきました。
ただ互換性も無いですし、急いで買う必要もなさそうなので、ソフト揃ってきた頃に購入を検討すると思います。

DOA5の販売スタイルは開発者もテストケースと言っていましたが、相性良い作品は多いと思うので、今後も定着していくと嬉しいですね。
私は格ゲーだと全キャラ使いたくなる性質なので、買うならパッケージ版買ってしまいそうですが、選択の幅が広がると言うのは良い事かと。
Westwood
2013/06/12 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鉄拳レボリューション配信開始 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる