西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ナチュラルドクトリン その3

<<   作成日時 : 2014/04/09 14:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月9日にアップデートファイル1.02が配信されました。
いくつかの不具合修正に加え、敵ユニットの移動スピードを向上させると言った変更が加わっています。
4月16日までにMultiモードへログインすると、お詫びとして7,000CPも配布されるようです。
PS4版は不具合からオンラインプレイが出来なかったようですし、アップデートしておいて損は無いでしょうね。

画像

敵の移動速度ですが、×ボタンを押している間だけ高速化。
以前に比べるとかなり早くなっているので、敵の行動時の待ち時間が短くなっていますね。
これは楽になりました。
敵の数が多いと、移動で結構待ちますから。
高速化自体は以前からありましたが、通常時と大差無い速度でしたし。

画像
通常時

画像
高速モード

[リンク]
「アップデートファイル1.02」配信のお知らせ



ジークと別れアスヤット古遺跡群に向かったイフ、アンカ、ネブラの3名は、フェステの戦士団に遭遇。
彼らはネブラを確認するといきなり襲い掛かってきて、これを迎え撃つ展開。

画像

敵は3体だけですが、銃士が2体もいるのが面倒ですね。
射線の通らない所に味方を退避させ、敵を誘き寄せてから戦うと良いかと。
敵にダメージを与えるか一定ターンが経過すると敵援軍が現れるので、階段を登った隅の部分で待機していると安全。
初期配置付近だと、敵の連係ターンで一気に近付かれますから。

しかし数の不利は否めないので、ネブラの魔法を有効活用したいもの。
魔法はプルトンを消費するので乱用は出来ませんが、敵を眠らせるゆりかごや回復魔法は便利ですから。

敵が接近してきたら、ネブラの魔法で1〜2体眠らせておきます。
その後は魔法を温存し、イフやアンカがダメージを受けたら回復。

画像

イフは盾ガードで敵戦士を抑え、その間にアンカは敵の銃士を撃破。
その際にアンカは、応射で敵を攻撃できる配置にしておくと楽になります。
応射だけで十分敵は倒せますから、イフは盾防御でひたすら耐えると良いかと。

画像

プルトンを1.0g使ってしまいましたが、この方法で余裕でしたね。
敵の銃士にアンカが狙われHP半減したくらいで、特に危なげなくクリア。

画像



フェステからの追手から逃れる為、イフ達はトルメス遺跡に逃げ込みました。
ここは行き止まりになっていますが、アンカの発破を使えばもろそうな壁を壊せます。
壁の向こう側ではタチアナと言う少女がゴブリンに襲われており、これを助ける為に戦闘開始。

画像

イフ達のスタート地点はかなりの高所で、射線が通りにくいです。
アンカは少しずつ前進させながら、敵を攻撃させた方が楽。
TPS視点で射線を確認するのを忘れずに・・・。

ネブラはタチアナ近くの敵を1体眠らせたら、宝箱でも回収に向かわせると良いかと。
魔法でタチアナの回復役になっても良いですが。
まぁタチアナは非常に攻撃力が高く、多少の攻撃にも耐えてくれるので、1体眠らせてしまえば自力で敵を殲滅してくれます。

イフは道中のゴブリンを倒しながら、タチアナの元へと移動。
敵を全滅させると、ゴブリンの援軍が現れるので。
タチアナは袋小路に逃げ込む為、その前にイフを配置し、盾としたいですね。
迂闊に盾防御すると連係でタチアナが前に出てしまうので、普通に待機。

画像

敵は連係ターンを使って一気に攻めて来ますが、多少の敵ならタチアナが応射で倒してしまいます。
後はネブラの魔法でHPを回復させ、イフやアンカで攻撃していくだけ。
タチアナの火力を生かしたいので、タチアナの連係ターンを発生させるようにイフとアンカを行動させると良いかと。

画像

敵を全滅させるとステージクリア。
タチアナはフェステの人間を嫌っているらしく、イフ達を警戒していましたが、フェステに終われる身である事を話したら打ち解けてくれたようです。
彼女はオークの集落に身を寄せているらしく、困っているならオークの野営地を訪ねてみてはと言って去っていきました。

画像

しかし・・・。
今さらながら、何故イフ達がフェステの兵に追われているのか、理由がわからなかったり。
ネブラは都市の外にいるだけで襲われる理由になるみたいな事を話していましたが、何故それが理由になるのかがわかりません。
ネブラと初めて会った時は密命を帯びていると言っていましたし、それが関係しているのでしょうか・・・。



オークの集落に身を寄せているタチアナが心配になった一行は、彼女の様子を確かめる為にもオークの野営地へ。
オークたちはタチアナから話を聞いてると、集落の中に案内してくれますね。
普通に攻撃可能ですが、ここはオーク戦士長の元へ向かい、交渉する事が目的。

画像

しかし戦士長の元へ辿り着くと退路を断たれ、オークの襲撃を受けます。
敵は2体だけですがHPが高いので、結構な強敵ですね。
ここはイフを囮に、アンカの射撃と応射でダメージを与えて行きたいもの。
オーク1体は眠らせておくと安心。

画像

敵を全滅させるとステージクリア。
どうやらイフ達が戦ったのはオークの裏切り者だったらしく、その処分に利用された模様。
その礼に願いを聞くと言う戦士長に対して、イフはタチアナの解放を要求します。

その物言いにイフ達の事を気に入った戦士長は、オーク族の王アスランの戦斧が盗まれたので、これを取り返して来ればタチアナを解放すると宣言。
そこでイフ達は戦斧を取り戻す為、ウルサ坑道を調査する事に・・・。

画像



ウルサ坑道の入り口には敵がいませんが、床にある仕掛けを踏むと扉が開き、中から大量の敵が襲い掛かってきます。
3人では厳しい戦いとなるので、仕掛けを踏まないように気を付けながら進みたいもの。

画像

入口正面にある大扉をアンカで調べると、中へ入る事が出来ます。
内部にはゴブリンが2体いるので、早めに倒してしまうと楽に。
中にあるレバーはトラップで、操作すると敵の居る部屋の扉が開きます。
この場合も大量の敵と戦う羽目になり、勝利が難しくなってしまいますね。
レバーには触らず、奥へと進みたいもの。

マップの一番奥まで進むと、目的のアスランの戦斧を発見。
斧を回収したら、入口に戻ればクリア。
しかし途中でグリオンが出現する為、そう簡単にはいきませんね。
厄介な中型のグリオンは魔法で眠らせ、その隙に逃げると良いかと。

画像

小型のグリオンは遠距離でも酸を吐いてくるので、地形を盾に回避。
後は盾防御や回復薬で連係発生させながら移動すれば、特に苦戦も無くクリア出来ました。



斧を届けると、オークは約束を守らずに襲い掛かってきました。
敵は3体。
ここではイフを前進させた後に、盾防御で囮になって貰うと良いですね。
その時に連係を発生させ、オークの戦士長を眠らせると楽に。

敵の最速ユニットは戦士長なので、眠らせると続けて味方の行動に。
通常だとアンカの番になるかと。
この時オークの1体を攻撃させ、イフとネブラを連係させたいですね。
攻撃しない方のオークも、魔法で眠らせておくと安心。

画像

次のターンになったらイフは攻撃。
連係は発生させず、アンカは応射で援護。
アンカの行動順でイフを連係させ、この時に盾防御で敵の攻撃に備えると良いかと。
ネブラはイフの回復に専念。

上手く行けばオーク戦士長が目覚める前に2体のオークを倒せるので、後は残った戦士長を倒すだけ。
連係の使い所を間違えず、アンカの火力を最大限に生かせば、割と簡単にクリア出来ました。
さすがに戦士長は攻撃力高いので、反撃を受ける可能性のあるイフは、攻撃に参加させない方が安全。

画像

敵を全滅させると、オークの王アスランが登場。
直後に戦闘となりますが、ここはアスランから離れる必要がありますね。
ネブラを後方に下げたら回復魔法を使い、それに連係させる形でイフとアンカを後退。
これでイベントが発生します。

画像

イベントでは斧を取り戻したのは自分たちだと主張し、その物言いを気に入ったアスランは矛を収めました。
タチアナが同行する事も許可し、褒美として宝箱も用意してくれます。
開けると守護聖剣セラフとプルトン3.5gを入手。

アスランはタチアナを娘と呼び、タチアナもアスランを父上と呼んでいて、二人の関係は良好だったようですね。
一人になっていたタチアナに優しくしてくれたのが、アスランだったと言う話も聞けますし。
今回襲撃されたのは戦士長の独断と、アスランが事情を知らなかったと言う感じ。

画像

後は集落の入り口に向かい、退却するだけ。
敵対はされないので、単に移動するだけとなります。



これでタチアナが仲間となり、4人パーティに。
タチアナは銃を装備した遠距離攻撃タイプのキャラクター。
このゲームでは銃が非常に強いので、頼りになりますね。

画像

タチアナはアンカに比べると火力が高く、攻撃に特化した感じ。
アンカは回復薬の使用回数を増やすスキルを習得するので、銃を使いながら味方を回復させる役目ですね。
それでも優秀なダメージソースになっていましたから、タチアナはさらに活躍してくれそう・・・。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナチュラルドクトリン その3 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる