西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS イース セルセタの樹海 その13

<<   作成日時 : 2014/05/05 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セルセタの地図作成率が100%になりました。
前回で99.5%と言う状態でしたが、過去に探索したフィールドの外周部を歩き回り、地形の外の黒い部分を埋める事で、100%に到達した形。
どこが埋まっていないのかわからなかったのですが、セルレイ周辺に埋まっていない黒枠が固まっていたので、意外と楽に達成できましたね。
セルレイ北は水辺の地形があるのですが、水辺で敵と戦うのを嫌がって、外周部に近付いていなかった模様。

画像

地図作成率が100%になったので、キャスナンでグリゼルダに報告した所、闘神の刻印を貰えました。
EXTRAゲージの上昇量がアップすると言う魔法具。
さらに10万ゴールドも獲得。

また各地で新しいクエストが発生していたので、達成しておきました。
キャスナンの酒場で受けられるクエストでは、ロダの葉を届けるとメンバー一人の最大HPを300上げて貰えますね。
ロダの葉ルーの住み処で交換して貰えます。

画像

HP300アップは大きいので、HPの低いカーナやカンリリカ辺りを選んでおくと良さそうですね。
私は効果もわからなかったのでアドルを選んでしまい、地図作成率100%にしてからセーブしていなかったので、やり直す事も出来ず。
まぁアドル使う事は多いですし、悪い選択ではないのですが。

セルレイのクエストでは、太陽石と引き換えに武器と防具のセットを作って貰えます。
手持ちに2つあったので、アドルとカーナの武器を作ってもらいました。
ほとんどアドルを操作していますし、カーナは遠距離攻撃で楽に立ち回れますからね。
両者の火力を上げておきたかったと言うのが理由。

画像

と言う事で、アドル用の王剣アイアスと、カーナ用の光刃ウェヌスを入手。
防具は聖鎧ヴィクトール聖鎧ヴィクトリアの選択式だったので、それぞれ一つずつ手に入れておきました。
前者が男性用、後者が女性用の防具。



寄り道も終わった所で、太陽神殿へ。
仮面兵団はバミーが死んだことで正気に戻り、レオが連れ帰ってくれたようです。
障害も無くなり、アドル達はリーザやレファンス王とも合流。

画像

この時にレファンス王から、エルディールへの対策を教えて貰えました。
月の仮面には僅かな時間だけ黒き翼を抑える力があり、エルディールに月の仮面を被せると元の人格が蘇るはずだと。
その間にエルディール本人から話を聞こうと。

そして月の仮面を身に着けたアドルが、太陽神殿の扉を解放。
いよいよ内部へと突入します。

画像

太陽神殿の中では、黒き翼のエルディールが生命の書から知識を得る為の儀式を行っている最中でした。
黒き翼は、生命の書の力で大陸全土に天変地異を引き起こすと宣言。
そして太陽の仮面を身に着けた黒き翼との戦いに突入します。

画像

エルディールは基本的に3種類の攻撃を繰り出して来ます。
開幕に攻撃属性を叫ぶので、それを聞いてから対処可能。

炎属性は正面に火炎弾を投げるので、背後に回り込むと安全。
水属性は巨大な水泡を正面に投げて来るのですが、水泡は攻撃する事で破壊可能。
カーナなら離れた地点で破壊できるので安全。

画像

雷属性のエフェクトをまとったら、近接攻撃の合図ですね。
槍を召喚して薙ぎ払ったり突いてくるので、ガードで耐えると良いかと。

HPが半減した辺りで、エルディールはオーラをまとい始めます。
この時に攻撃すると、スタンゲージを溜める事が可能。
最大まで溜めるとエルディールの攻撃を中止させられ、一定時間行動不能に追い込めます。
その時にEXTRAスキルを使い、別のキャラクターでスキルを連発させると一気に大ダメージを与えられました。

画像

黒き翼を倒すと、白い翼のエルディールに戻りました。
ここで月の仮面を使い、エルディール本人から話を聞けます。

エルディールは生命の書から知識を得て、世界に調和をもたらす事を使命としていたのですが、いつしかその事に疑問を抱くようになったと言う話。
その疑問がひとつの心となり、ついには実体を得るようになったようです。
それが黒い翼のエルディール。

画像

黒いエルディールは破壊と混乱を巻き起こすことで、人間自身が創造し、前に進む力を身に付けさせようとしているとか。
手段はともかく、人間を愛し将来を案じていると言う点では、白いエルディールと同じみたいです。
エルディール自身の疑問から生まれた心と言う事ですから、人を導く手段にエルディール自身が迷っていると言う形かも。

その話を聞いていたのが、姿をくらませていたグルーダ。
グルーダは神と呼ばれたエルディールも完全では無かった事に失望し、自分自身が人間に対して試練を与える為、太陽の仮面を手にいずこかへと去っていきました。
グルーダは人々が過酷な状況下におかれた時、どうなってしまうのか見てみたいのだとか。

画像

エルディールが言うには、グルーダの向かった先はイリス。
生命の書の記録世界で、この世界とは別次元にあるようです。
エルディールが月の仮面の力で入り口を作ってくれたので、アドル達はイリスに乗り込んで、グルーダとの決着を付ける事に。



記録世界イリスは、無数の石版が浮かぶ不思議な風景ですね。
まぁアカシックレコード的な世界なのでしょう。
太陽の仮面はイリスの記録を書き換える力があるらしく、早くグルーダを止めないと危険と言う話。

画像

最上階には中枢区画があり、グルーダが向かったのはこの中枢区画。
しかし仮面の力を持たないアドル達は、3体の守護者を倒さないと移動できないようです。
イリスには3つの道があるので、その先に守護者が待ち構えていると。

最初は左手側の道にある青銅の間に向かってみました。
ここは所々に移動する床があり、行き先を切り替えながら進んでいく事になりますね。

マップ中央にある石像は、視線に触れると弾き飛ばされてしまいます。
ここは小人の腕輪を身に着け、視線の下を潜り抜けて先へ進む事に。
反対側にある石版を調べると石像の機能を停止できるので、以後は普通に通過できます。

画像

左側の区画の中央下にある金色の宝箱からは、デュレン用の武器プルガトリオが入っていました。
店売り武器よりも格段に強いですし、忘れずに回収しておきたいもの。

他にも宝箱が置かれているので、回収しながら進みたいですね。
テンプルクロスという防具が入った宝箱もありますし。
奥に進んだ後で戻ってくると言った感じに、スイッチ操作する必要がありますが。

奥のフロアでは獣王の篭手を身に着け、水瓶を破壊すると先に進めます。
ワープゾーンを使って移動する事になりますが、往復できる上に構造も単純なので、迷う事は無さそう。

画像

ワープゾーンでも宝箱がいくつか落ちてるので、回収しておくと良いかと。
男性専用防具のベルセルクアーマー+1の入った宝箱もありますし。

ワープゾーンを抜けた所にある金の宝箱からは、アドル用の武器アポカリプスが入手可能。
太陽石で作れる王剣アイアスよりは性能が下なので、準最強武器と言った所でしょうね。

画像

最深部には石碑があり、その奥でボス・ギルグザーム戦に突入。
こいつは両手に持った剣を叩きつけて衝撃波を放ったり、自身の周囲を回転斬り。
両手の剣を投げて来ると言った感じのパターンですね。

ダメージが高いので的確にガードや回避したい所ですが、近接戦闘だと割と厳しいです。
ここはカーナで距離を取りながら、相手の隙をついていく方が楽かも。
普通に殴るだけでスタンゲージが溜まっていくので、スタンしたらEXTRAスキルで時間を止めつつ、スキルを全力で叩き込むと言う感じで撃破できました。

画像

ボスを倒すと、最初の通路に戻ってきます。
後は白銀の間と黄金の間をクリアすれば、最深部へ辿り着けると。

今回の冒険中にアドルがオーラフェンサーのスキルを覚えましたが、かなり強いですね。
オーラをまとった突きが命中したら、広範囲の薙ぎ払い攻撃を繰り出すと言うスキル。
威力ある上に硬直時間が短めなので、かなり使いやすかったです。
この時期に習得できるだけの事はありました。

画像

そんな感じで、ラストダンジョンと思われるイリスの探索を開始。
意外と広いエリアで、残すは最終決戦だけだと思っていましたが、まだまだ先は長いようです。
とは言え、そこまで時間かかるとも思えませんし、今度こそ次くらいにはクリアできるかも。

しかしエルディール以降のボス戦はBGMがカッコイイですね。
イリス内のBGMも派手さはありませんが良い感じですし、ラストに向けて気分を盛り上げてくれます。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イース セルセタの樹海 その13 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる