西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の屍を越えてゆけ2 その16

<<   作成日時 : 2014/08/13 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

俺の屍を越えてゆけ2」ですが、Ver1.03のアップデートが予定されているようです。
主に不具合の修正と、不満の多かった部分の調整になる模様。
配信時期は未定ですが、9月中旬を予定していると言う話。
予定している変更内容は、下記の通り。

・マップ切り替え時や戦闘前後などに、無限ロードやハングアップする現象の修正。
・地上に降りる神様が多くなり過ぎないようにする調整を予定。
・鬼神やボス戦、および奉納試合・大奉納試合の戦勝点について上方調整を予定。
・夜鳥子の転生に必要な奉納点について下方調整を予定。
・夜鳥子の自習期間について、1ヶ月あたりの上昇値について上方調整を予定。
・夜鳥子の「鍋料理」について、一族への影響率を大幅に下方調整を予定。
・クリア後の一族ロールについて、夜鳥子については最後に転生した時のみ登場するように変更を予定。
・一度神社に祭った神様については、地上に降りても祭られたままにするように変更。
・その他不具合などの修正を予定。

個人的には夜鳥子がストーリーの主軸になるのは気になりませんし、転生に必要な奉納点もあっさりモードなどに切り替えながらプレイすれば十分稼げますからね。
神様が頻繁に地上へ降りてしまうと言う所以外は、特に不満は無い状態。
他に不満点を挙げるとすれば、たまに戦闘中の演出が重くてカクカクになるくらいですね。

それだけに、何故これほどの騒ぎになるのか、理解できません。
とは言え、多くの人が不満を感じている部分が緩和されるので、早めのバージョンアップを期待したい所。
私としても、神様が地上へ降りにくくなるのは歓迎ですし。

[リンク]
次回アップデートの予定内容について



■ 1127年10月
槍使いである真吾の息子が、屋敷に到着しました。
名前は「宗一郎」。

画像

狙い通り土系統の素質は高くなりましたが、技の火と風が低めなのが残念ですね。
術を習得させる為に土を伸ばしたのに、これでは習得可能な術の数が減ってしまいますから。
仕方ないので、ある程度育ったところで装飾品を装備させ、無理やり術を覚えさせるつもりです。

今月は他国にある氷結道に向かいました。
真吾が宗一郎の教育係になった為、出撃メンバーに欠員が出ましたから、遠征先で傭兵を雇う事で対処。

途中で鬼神の祠を見つけましたが、待ち構えていたのは十六夜 伏丸
こいつはかなりの強敵なので、祠を避けて進みました。
一応戦いを挑んでみたのですが、ザコの狼から一撃で200ダメージを受け、さらに隊長が集中攻撃されてしまい、あっさり敗北しました。
特注防具の防御力が低いと言う事も影響していますが、まだまだ勝てそうにありませんね。

画像

と言う事で、データをロードして鬼神の祠を無視して進んだと。
その過程で、剣士の深雪が奥義「深雪炎返し」を習得。
敵の物理攻撃に自動で反撃する効果で、炎属性の敵には発生率が2倍。

そのまま調子に乗って奥地で戦っていたのですが、敵から受けるダメージが予想以上に多く、踊り屋の研が倒されてしまいました。
戦闘には勝利したものの、研の健康度が25まで低下。
このまま戦い続けるのは危険なので、今回は途中で帰還しました。

画像

ただ苦労した甲斐はあって、巻物の牛頭丸を入手。
敵全員に石を飛ばして大ダメージと言う効果ですね。

■ 1127年11月
前回の戦闘で倒された研ですが、健康度65まで回復しました。
そして街の薬屋で漢方薬を購入し、健康度88まで回復。
これで戦闘には耐えられる状態に。

今月は傭兵を雇い、自国にある根の子参りに出陣。
そして鬼神の祠で、七枝 タケル荒吐鬼 ぺこに遭遇。
こいつらは梵ピンと石猿を重ね掛けすれば、大したことの無い相手。

画像

ペコのバリアは、どうやらダメージ量で消滅するタイプのようです。
梵ピンかけた状態で殴ったら、簡単に壊れましたから。

タケルとペコは、名前を抹消された神の存在を教えてくれます。
この神様が存在を抹消されたのは、とある祭具が原因。
そして鬼頭のせいで、本物の鬼になってしまったと言う事。

画像

晴明は獅子舞の頭のような物を持っていますが、恐らくアレが祭具の鬼頭。
夜鳥子の記憶に鬼頭が人の姿をしている映像がありましたから、あれが鬼になった晴明の父親でしょうね。
それがかつての騒ぎで退治され、晴明が持つに至ったのかも。
そうなると、最後に待ち構えているのは・・・。

画像

鬼神を倒した後は、適当にザコを狩って帰還。
奥地の敵は結構強く、現状で相手をするには少し厳しかったです。

■ 1127年12月
今月は踊り屋の研の子供を作りました。
相手は前作から引き継いだ氏神の「一白星東
土系統の能力を伸ばしたかったのですが、手頃な土系の神様がいなかったので。
とは言え、氏神も能力高いですから、相手としては不足無し。

画像

■ 1128年1月
今月は七色温泉で奉納点稼ぎ。
槍使いの宗一郎が初陣なので、無理はせずに育成していました。
と言ってもこのダンジョンの敵は結構強く、術を多用する傾向がありましたから、割と危ない状況も数回ありましたけど。

今回の戦闘で、宗一郎が奥義「崩山宗一郎衝」を習得。
前列の敵1体に、土属性の会心の一撃と言う効果。
健康度の消費が2と少ないので、気軽に使って行けるのが強みですね。

画像

そして巻物の寝太郎も入手しました。
敵一列を行動不能にすると言う効果。
前作だと猛威を振るった術ですね。
今回は行動不能中にダメージを受けると、効果が切れるようになってしまいましたが。

■ 1128年2月
研の娘が屋敷に到着。
名前は「君江」
素質は心の水と体の水、土が低めですが、それ以外は良い感じですね。
術習得に関わる心の水が低いのは気になりますが。
HPに影響する体の水も低いので、今後の戦いは少し厳しいかも。

画像

今月は根の子参りの討伐強化月間だったので、そちらに出陣しました。
槍使いの真吾が長生きしてくれたので、久々に戦闘へ投入。
ただ老衰で健康度が63しかない為、後列に配置しておきましたが。

鬼神の祠に向かった所、七枝 タケル荒吐鬼 ぺこが復活していました。
復活するタイミングは、12月なのでしょうね。
前作は3月と9月に復活していたので、今回は6月と12月に復活するのかも。

ボス戦ですが、今回は真吾と宗一郎の親子が参加していた為、奥義の併せで簡単に倒せました。
術に限らず、奥義も併せで発動する事が可能。
奥義の併せの場合、2人参加で5倍ダメージ。
補助術無しでも数千ダメージとか叩き出すので、非常に強力。

画像

ただし奥義の併せを使うには、お互いが親子関係で、同じ奥義を覚えている必要があります。
もしくは双子の兄弟・姉妹で、同じ職業、同じ奥義を覚えている場合に併せが可能。
親と子、孫の3代で同じ奥義を継承していた場合、3人による奥義併せも行えますが、最短で子供を作っても寿命で亡くなる可能性が高いので、実現するのは難しいですね。

奥義3人併せはトロフィーの取得条件になっているので、セーブせずに結魂を使って子供を作っていくと良いかも。
結魂だとその月に子供がやってくるので、普通に子供を作るより早く実戦投入可能になりますから。

タケルとペコは、鬼頭に関する追加情報を教えてくれました。
鬼頭は、全ての鬼を従える為に作られた祭具。
使うと絶大な力が手に入りますが、それと引き換えにじわじわと心を乗っ取られてしまうと言う話ですね。
なので鬼頭を手に入れても、決して使わない事だと助言を与えてくれました。

画像

今回で3度目の討伐となる為、七枝 タケル荒吐鬼 ぺこの解放に成功。
両者共にプレイヤー一族へ助言を与える為に地上へ降りてきて、試練を与えてくれたと言う感じでした。

その後はザコを倒して経験値と奉納点を稼いでいましたが、宗一郎が新たな奥義「宗一郎大陸陣」を編み出しました。
敵の攻撃と土の術を無効化すると言う効果。
効果対象は味方全員で、誰かへの攻撃を一度だけ防いでくれるようです。
健康度の消費は8ですが、使い所を見極めると便利かも。

画像

屋敷に戻って来た所、槍使いの真吾が死亡。
結構な長生きで、最後に奥義の併せを見せてくれたので満足。

画像

■ 1128年3月
今月は夜鳥子を転生させました。
そろそろ田鶴姫を救出する準備を整えておこうかと。
1年後くらいには世代が変わり、戦力がさらにアップすると思われるので、その時期に救出へ出かける予定です。

画像

■ 1128年4月
夜鳥子が屋敷に到着。
まだ戦闘には参加できないので、2ヵ月間は訓練期間。

今月は当主である深雪の子供を作っておきました。
相手は「金翔天 竜馬
特注防具がまったく成長せず、防御力に不安がありますから、体の土を伸ばしておこうと思って。
予想では持ち主の体の土が高くなれば、特注防具の防御力も上がると思うんですよね。
ちなみに特注武器の方はかなり攻撃力が上がり、現在では手持ちの刀で2番目に強いです。

画像

■ 1128年5月
討伐強化月間になっていたので、今月は七色温泉に向かってみました。
踊り屋の君江が初陣となるので、今回も育成がメイン。

屋敷に戻って来た所、踊り屋の研が亡くなりました。
なかなか優秀なキャラクターだったので、氏神登録の話が発生。
登録しておいて損は無いので、さっそく氏神化。
これで研は、氏神「常立ノ東条」になりました。

画像
画像

■ 1128年6月
深雪の娘が屋敷に到着。
名前は「晴美」にしました。

画像

かなり優秀な素質の持ち主となっていますね。
特に体関係の素質は、文句の付けようがありません。
技の火と水が他に比べて低く、そこが気になる程度。

夜鳥子が実戦部隊入りしたので、育成の為に富士見ヶ原へ。
鬼神の祠には歓喜ノ舞がいましたが、現状だと梵ピン使えるキャラクターがいないんですよね。
加えて剣士の深雪は娘の訓練役で屋敷に残ってますから、今回は鬼神と戦わずにザコだけを殲滅。

その結果、巻物の火竜を入手。
敵前列に火属性の大ダメージを与えると言う術ですね。



と言う感じで、3回目の夜鳥子転生まで進みました。
夜鳥子は転生の度に強くなるので問題ありませんが、プレイヤー一族は子供によって素質が激変しますから、ストーリー上のボスに戦いを挑めるのはまだ先になるかもしれませんね。
奉納点2万程度の神様と子供を作れるようになってきているので、もう少し世代が進めば素質高い子供が増えて、戦力増強されると思いますけど。

■ 現在の主力キャラクターのQRコード

画像

画像

画像

画像

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分もここまで叩かれる理由が分かりませんがTwitter等、キチンと意見をもらってキチンと対応している枡田さん含め開発スタッフの方々は素晴らしいと思います
neku
2014/08/14 19:41
15年ぶりに名作RPGが復活と言う事で妙に注目浴びてしまいましたし、その影響もありそうですね。
色々とバランスも調整するようですし、改善する姿勢があると言う所は嬉しいですね。
Westwood
2014/08/14 22:24
はじめまして
伏○は隊長を自動防御付きの防具装備可能な人にして後列へ、一人を回復補助に付ける
吠えたら即清水
残り二人で奥義か魔法の合わせで〜な感じでなんとか勝たせていただいております。(単体ターゲットでも魔法や奥義はカバウをスルーするみたいです)
手下は隊長を狙いますが本体のターゲットはランダムで攻撃力も高めなので、周りがこれにイチゲキでやられて崩壊することもしばしば
清水無し、自動防御無し、手下を蹴散らせる火力無し、だと攻撃力UPが完了した後の波状攻撃に耐えられないかも。戦うなら格闘を隊長にして補助積んで避けるとか...ヌエコを衰弱死覚悟で酷使するとか...どっちも運試しみたいになっちゃいますけどね
tori
2014/08/17 01:54
私は敵が強化する以上に石猿で防御力を上げようとしていましたが、その前に倒される事が多かったですからね。
それなら清水で打ち消す方が有効かもしれませんね。
一応自動防御付きの防具は所持しているので、今度その方法を試してみます。
Westwood
2014/08/17 21:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺の屍を越えてゆけ2 その16 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる