西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS Bloodborne ブラッドボーン

<<   作成日時 : 2015/06/18 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

PS4ソフト「Bloodborne」のプレイを開始しました。
このゲームはPS3で発売された「デモンズソウル」と同じく、SCEとフロムソフトウェアがタッグを組んで制作した作品。
精神的な続編と言うべきもので、デモンズソウルの要素を受け継ぎつつ、まったく新しいゲームになっていますね。
前々から気になっていたソフトですが、ディスガイア5と発売が被ってしまったので、このタイミングで購入しました。

画像

Bloodborneはオンラインに対応しています。
ただ他のプレイヤーとの協力・乱入プレイは、PlayStationPlus会員限定。
デモンズソウルで言う所の血文字や幻影は、会員になっていなくても利用できるようです。

タイトル画面では、「PLAY ONLINE」と「PLAY OFLINE」の2つのモードを選択可能。
オンライン要素を楽しみたいなら、PLAY ONLINEを選ぶことになりますね。
一人で遊びたいならPLAY OFLINEを選ぶと。
まぁプレイの度に、オンラインかオフラインを選択できますけど。

私は1周目は自分の力で攻略したいので、オフラインで開始しました。
今回は協力プレイしている時にしか乱入されることも無いので、オンラインでプレイしても問題無さそうではあるのですが、そこらじゅうにヒントが転がっているような状態になりますし。

NEW GAMEを選ぶとゲームがスタート。
ゲームのオプションを設定すると、オープニング。
その後でプレイヤーキャラクターを作成する事になります。

画像

プレイヤーキャラクターで設定できるのは、下記の4項目。

名前
性別
年頃
過去
外見の詳細

年頃と言うのは、見た目に関する項目ですね。
若年壮年老年の3種から選択可能で、ここで選んだ年齢に近い外見となります。

過去と言うのは、デモンズソウルダークソウルで言う所の生まれ。
プレイヤーがどのような過去を過ごしてきたかで、初期能力が変化します。
迷った場合は体力の高い「村の生き残り」や、バランスの良い「従軍経験」辺りが良いかもしれませんね。
私は技量系に特化したいと言う事で、「プロフェッショナル」を選びました。

画像

外見の詳細を選ぶと、細かなキャラクタークリエイトが行えます。
バーを調整して、好みの外見を作りあげるタイプですね。
顔にホクロや傷を入れたり、メガネを付けるなんてことも可能。
体格なども、いくつかの種類の中から選べます。

画像

作成したキャラクターは、お気に入りとして8個まで保存しておけます。
クリエイト画面で読み込みを行えば、いつでも前に作ったキャラクターを読み込めると。

と言う事で、今回は男性キャラクターを作ってみました。
割と適当で、細かい所は髪型と髭で誤魔化しています。

画像



キャラクターの作成が終わると、いよいよゲームスタート。
謎の老人に輸血されたプレイヤーは、奇妙な獣や白い人影にまとわり付かれる夢を見て、ヨセフカの診療所で目を覚まします。

画像

開始直後は何も持っておらず、何をすれば良いかもわかりませんが、とりあえずは明りの灯った扉を開ける事になりますね。
階段を降りた所には水銀のようなものがあり、触れると手記を読めます。
これがデモンズソウルで言う所の血文字ですね。

様々なヒントが書かれている他、オンラインでは他のプレイヤーの残した文章を読むことができます。
自分で文章を残す事も可能。
時には嘘が書かれている事もあり、どの程度信じるかはプレイヤー次第。
まぁオフラインでプレイしている限りは、公式のメッセージしか残されていませんが。

画像

ここにある手記には、攻撃方法とロックオンの方法が書かれていますね。
ロックオンは右スティック押し込み。
攻撃はR1ボタンとなります。

その先の部屋に進むと、人を喰らう巨大な獣を発見できます。
武器が無いので倒すのは難しいですが、背後に回り込んで攻撃すると意外と倒せそうでした。
まぁここでは倒されるのが正解みたいですけど。

画像

獣に倒されたプレイヤーは、狩人の夢と言う場所で目覚めます。
小さな屋敷と、その庭のような場所。

画像

正面に進むと人形が置かれており、その脇に武器を持った人影・・・使者がいますね。
これを調べると、ノコギリ鉈獣狩りの斧仕込み杖のどれかを貰えます。
獣狩りが使う仕掛け武器。

どの武器を貰うかは好みですが、必要能力値と能力補正には気を付けたいですね。
必要能力値は、その武器を使う際に必要となるステータス。
たとえば必要能力値が筋力10なら、筋力10未満のキャラクターは、その装備を満足に扱えません。

画像

能力補正は、対応するステータスが高いほど、攻撃力が上がります。
能力補正が技量Cなら、技量が高いほど攻撃力が上がると。
自分のステータスに合った武器選びが大事。
私は技量系のキャラを目指しているので、技量補正の高い仕込み杖を貰っておきました。

その奥にいる使者からは、銃を受け取れます。
貰えるのは獣狩りの短銃か、獣狩りの散弾銃のどちらか。
短銃は攻撃力が高いものの、しっかりと狙う必要があり、散弾銃は当てやすい代わりに威力が低く、射程も短いと言う特徴。
どちらを貰うかは、好みの問題でしょうね。
私は短銃を貰いましたが。

さらに奥の使者からは、狩人の手記を貰えました。
このアイテムを使う事で、手記を残せるようです。
オンライン用のアイテムですね。

人形を正面に見て左奥には、水盆の使者がいます。
話しかけると、血の遺志と引き換えにアイテムを購入可能。
血の遺志は敵を倒した時に手に入りますが、死亡するとその場に落としてしまいます。
再スタートして回収に成功すれば、落とした分の血の遺志が手に入る仕組み。

ただし回収前に死んでしまうと、前に落とした分は無くなってしまいます。
場合によっては敵が血の遺志を拾っている事もあり、その敵を倒さなければ回収できず。
血の遺志を持った敵は、目が光っているので判別可能。

DLC「使者の包帯頭」を入手している場合、屋敷の裏側にいる使者から使者の包帯頭を入手できます。
場所は水盆の使者の真上にある扉から、扉を正面に見て左に進んだ所。
DLCは100万本突破記念で配信されたもので、誰でも無料で手に入れる事ができます。

画像

これを近くにいる洞の使者に装備させると、出現する使徒の外見が変化。
まぁそれだけの見た目アイテムですね。

茂みの中ではお爺さんが眠っていたものの、話しかける事は出来ず。
そのまま周囲を探索すると、手記にいろいろな事が書かれていますね。
基本的なテクニックなども書かれているので、一通り目を通しておくと良いかと。

画像

一通り手記を読んで回ったら、人形前のヤーナムの墓石を調べ、一階病室へと転位します。
ここが先ほど獣と戦った場所ですね。
先ほどとは違って武器を手に入れたので、雪辱を果たすことになると。

このゲームでは、右手に装備するのは全て仕掛け武器となっています。
L1ボタンを押すと武器が変形し、通常とは違う攻撃が可能。

例えば仕込み杖は通常だと杖で殴りますが、変形させると鞭のように振り回す攻撃法になります。
杖の時と違い、リーチが大幅に長くなりますね。
攻撃の最中にも切り替えは可能なので、上手く両者の特性を生かして戦っていくことになると。

画像

左手に装備する武器は、銃器となります。
L2ボタンで射撃しますが、水銀弾を消費。
弾はお店で買うか、敵が落としたものを拾う事で回収できます。
また十字キーの上を押すと、HPと引き換えに弾を5発入手可能。
水銀弾とは違って、自分の血を一時的に弾の代わりにすると言うもの。

銃は遠距離攻撃が可能なだけでなく、敵の体勢を崩す事もできますね。
敵が特定の攻撃を繰り出した瞬間に弾を当てると、敵はしばらく体勢を崩します。
その際に近づいてR1ボタンを押すと、大ダメージを与える内臓攻撃が可能。
内臓攻撃によるダメージは非常に大きいので、積極的に狙いたいもの。



ちなみに敵の背後から溜め攻撃を当てた場合も、敵は体勢を崩します。
この時にも内臓攻撃を狙う事が可能。

もうひとつ特徴的なシステムとしては、リゲインがあります。
敵からダメージを受けた時、素早くその敵を殴り返せば、一定量のHPを回復可能。
リゲインによる回復量は大きいので、こちらも積極的に狙いたいですね。
説明文を読む限りでは、獣狩りの斧はリゲインの回復量が増える効果がある模様。

画像

先ほどの獣を倒して先に進むと、ヤーナム市街に到着。
所々にある光る遺体を調べるとアイテムが手に入るので、見逃さないように回収したいですね。
死角になるような場所に置かれている事も多いです。

ヤーナム市街では、松明を持った人のような敵がうろついています。
こいつらは動きをよく見て、相手の隙を突いて攻撃したいですね。
背後に回り込むのも有効。
このゲームでは、正面から殴りあうのは得策ではありません。

画像

その奥には敵がいないように見えますが、近付くと地面に座っている敵が起きて襲い掛かってきます。
少しずつ近付けば1体しか襲ってこないので、1体ずつ始末していくと楽。
近くには火炎瓶が落ちているので、こちらも回収しておきたいもの。
物陰で見えにくい場所に落ちています。

画像

人型の敵と戦ったところには、大きなレバーがありますね。
これを動かすと、隣にあるハシゴが降りてきます。
ハシゴを登った先にはランタン(灯りの使者)があり、これに灯りを付けると、ここから狩人の夢に行き来できるようになります。
死亡時もここから再開できるので、ランタンを探しながらプレイすると良いでしょうね。

画像

ちなみに狩人の夢に戻ると、HPは完全回復。
しかし倒した敵が復活してしまいます。
それを逆手にとって、血の遺志やアイテムを稼ぐことも・・・。

奥へ進むには、先ほどのランタンの右手の道に進入。
そのまま道なりに敵を倒していくと良いですね。
途中にある壊れた柵を飛び下りる事もできますが、辿り着く先はどのルートも同じ。



道なりに進むと盾を持った敵がいますが、こいつはR2長押しの溜め攻撃を当てると、ガードを崩すことが可能。
その隙に攻撃を叩き込めば、簡単に倒せます。

画像

その先にある階段を降りたい所ですが、まずは階下の様子を探りたいもの。
敵が大量に歩いているので、見つからないようにやり過ごしたいですね。
敵をやり過ごしたら、階段を降りて背中の方向へ進みます。
行き止まりには扉がありますが、脇にあるレバーを動かせば、ランタンまでのショートカットが開通。

画像

ショートカット付近には巨大な敵がうろついていますが、こいつは倒しても何も落としませんね。
倒した先にも何もないので、無視した方が良いかも。
倒すのであれば、大振りの攻撃を誘い、それに銃を当ててダウンさせます。
その時に内臓攻撃を繰り出すと、比較的楽に倒せました。
隙が大きい技が多いので、背後に回り込んでから溜め攻撃を当て、それから内臓攻撃を狙っても良いかも。



敵が大量に現れる通路ですが、短銃や石ころなどで少数ずつ誘き寄せて戦えば、楽に突破できますね。
正面に向かって右手側に階段があるので、そこに潜り込めばスルーして進むことも可能。
階段上の通路の物陰には敵が隠れていたり、階段下の敵が反応して襲ってくることもあるので注意。

画像

そのまま進んでいくと大きな篝火があり、大量の敵が配置されています。
これも動きをよく見れば、スルーして進むこともできますね。
対岸に階段が隠れているので、その階段を登って奥に向かえばOK。

奥に進むと、噴水のある広場に出られます。
近くに巨大な扉がありますが、手前には石を持った巨大な敵もいますね。
こいつは無視して進むこともできますが、攻撃モーションも大きいですし、銃でダウンさせて内臓攻撃を狙うと楽に倒せるかと。
近くにある遺体からは、灯りとして使える松明も回収できます。

この辺りまで来ると血の遺志も溜まっているので、一度狩人の夢に戻っても良いですね。
血の遺志2,500くらいで、水盆の使者が売ってるヤーナム狩装束一式を購入できるので。
初期装備より防御力が高いですし、購入しておくと楽になります。
無理に進んで血の遺志をロストするよりは、戻ってキャラクターを強化した方が良いかと。

画像



と言う感じで、序盤のヤーナム市街を探索中。
ここまでプレイした感じですが、過去のシリーズに比べてアクションが楽しいですね。
このゲームは盾による防御が出来ず、ステップなどで敵の攻撃を回避するのがメインとなりますが、その分ステップの性能は高いです。

そうやって敵の攻撃を回避しつつ、ダウンからの内臓攻撃を決めるのがかなり気持ち良いですね。
ザコ相手にもダウンを狙いすぎて、水銀弾が底を尽きかけてしまいました。

またPS4になって、グラフィックもかなり綺麗になっています。
敵の返り血を浴びると、プレイヤーの衣装が血で真っ赤に染まるなんて演出もありますね。

画像

そんな感じで、ゲームの雰囲気も良いですし、アクションも楽しいですから、過去のシリーズ以上に楽しんでいます。
デモンズソウルダークソウルとは違う方向性に進化してますし、これらのゲームをプレイしていても十分楽しめますね。
ダークソウル3の発売も発表されましたが、本作とは違った方向性となるでしょうし、そちらも楽しみになってきました。

[リンク]
Bloodborne 公式サイト
『DARK SOULS III(ダークソウルIII)』正統進化を遂げるシリーズ最新作、始動


Bloodborne(通常版)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2015-03-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bloodborne(通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Westwoodさんのブログを見るきっかけになったのがデモンズソウルだったので、ブラッドボーンは嬉しいですね。
これからも楽しませていただきます。
owl
2015/06/19 22:15
ありがとうございます。
自分でも思っていたよりも面白かったので、しばらくはブラッドボーン主体で遊ぼうと考えています。
ですので、期待していただけると嬉しいですね。
Westwood
2015/06/20 02:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Bloodborne ブラッドボーン 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる