西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦国無双4-II その2

<<   作成日時 : 2015/07/09 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦国無双4-IIですが、新星の章絆の章反逆の章情愛の章までクリアしました。
今作では章ごとに主人公が決まっていて、それぞれの主人公にまつわる物語が描かれています。
ストーリーは全部で13章。
本編で使える武将は限られているものの、武将の総数は56名で、過去作に登場したキャラは一通り使えるみたいです。

画像



新星の章ですが、本作から追加となった井伊直政が主役。
パッケージにもなっているだけあって、主役級な扱いを受けていますね。
使いやすい技も揃っていて、適当に技を繰り出しているだけで大量の敵を倒せると、爽快感抜群のキャラクターでした。

画像

ストーリー的には徳川家の配下に加わった井伊直政が、中核を担う存在に成長していく物語。
本多忠勝との絡みが多く、最初から最後までサポート武将に選べます。
養母である井伊直虎は途中で離脱するものの、直政本人が使いやすいキャラクターな上、本多忠勝も選べるので、入門編に良さそうな章ですね。





絆の章では、真田幸村の兄である真田信之が主人公。
序盤では武田家に仕え、父・昌幸や弟・幸村と共に戦いますが、後々の展開では徳川家の武将として家族と敵対する物語となっています。
その結果、史実では明治時代まで真田家が存続し、信之自身も90歳まで生きて天寿を全うしたと、凄い人物だったようですね。

画像

信之ですが、前作に当たる戦国無双4の主役的なキャラクターだったらしく、性能は高いですね。
レベルが上がって技が増えるまでは厳しいですが、主要な技が揃ったら縦横無尽に暴れまわれます。
どちらかと言うと、チャージ攻撃より神速攻撃が得意なキャラクター。



章によって選べるパートナーがバラバラですが、2ステージ目から妻である稲姫が参戦。
そのまま最後まで登場するので、稲姫をパートナーに選ぶと楽かも。



反逆の章では、松永久秀が主人公。
織田信長の配下ながら、策略を弄して信長への反旗を翻してるのですが、信長は全てを知った上で久秀を許します。
それが気に入らなくて、余計に反逆に力を入れると言うストーリー。

画像

最終ステージは完全にオリジナルの物語になっていて、信貴山城で爆死したと言うのは計略の一つ。
本人は密かに生きており、明智光秀が謀反を企てたように見せかけ、織田軍と明智軍を戦わせると言う「真説・本能寺の変」が描かれています。

ゲームの松永久秀は非常にクセが強く、手に持った鎌を振り回しながら、ダイナマイトに点火して敵を吹き飛ばすと言うキャラクター。
攻撃の隙も大きく、途中で敵に割り込まれてダメージを受ける事も多い為、井伊直政や真田信之の直後に使うと難しく感じます。



ただ柳生宗矩を最後までパートナーに選べるので、久秀の操作が苦手なら宗矩メインで戦うと良さそうですね。
私がそんな感じでしたから。
宗矩は特別強くは無いものの、弱くもありませんしね。



情愛の章では、小少将が主役となります。
ゲームで見るまで知らなかった人物ですが、ストーリーモードでは魔性の女として描かれていますね。
自分に近付いた人間は不幸になると、その事をどこか諦めている様子のある小少将。
しかし、雑賀孫市やガラシャと出会い、不幸に抗うようになると言う物語。
モデルとなった人物が武将ではないようですし、こちらもオリジナル色が強い章でしょうね。

画像

キャラクターの性能ですが、クセの強い技が多いです。
ただ久秀に比べると乱戦に強い技もありますし、新しい技を覚えると問題なく戦えるようになりますから、レベルが上がるまでが大変と言うキャラクターかも。

2ステージ目からサポートにガラシャを選べるようになり、最終ステージはガラシャと二人だけで戦う展開になりますから、サポートにはガラシャを選び続けた方が楽になります。



ちなみにこのゲームでは、秘伝書を消費してキャラクターにスキルを覚えさせると言うスタイルになっています。
ガラシャの場合、一定時間倒した敵が巻物(経験値アップ)を落としやすくなるスキルと、一定時間敵がお金を落としやすくなるスキルを習得可能。

画像

これらのスキルを発動させ、神速攻撃で敵集団に飛び込むと、一気にレベルが上がりますね。
お金も結構稼げます。
途中でその事に気が付いたのですが、オカゲでガラシャだけレベルが飛びぬけて高くなってしまいました。



と言う感じで、今作では個人をメインとしたストーリーが展開されています。
ただ、時代には偏りがありますね。
初期の群雄割拠の頃は、ほぼ描かれていません。

主に描かれているのは、安土桃山時代。
信長が天下統一を間近にした頃や、秀吉が天下統一を成し遂げた頃。
もしくは秀吉の死後、家康が台頭してきた時代がメイン。
アニメの戦国無双を見た人なら、アニメで描かれた範囲が中心と言えばわかりやすいかも。

戦国時代の武将として有名な武田信玄や上杉謙信などは登場せず、条件を満たすとフリーモードで使えるだけ。
そういう点では、人によっては不満の残る構成でしょうね。

画像

前作の戦国無双4だと、個人では無く地方で起きた戦いをメインに描かれていたようです。
例えば九州の章を選ぶと、島津家が九州を統一する物語が展開されると。
個人へ焦点は当たりにくくなりますが、幅広い時代の戦いを体験できた模様。

私が求めていたストーリーモードは、どちらかと言うと前作の方でした。
同じように思っている人も多いのか、実は戦国無双4-IIよりも前作の戦国無双4の方が値段が高かったりします。

画像

実際に購入するまで戦国無双4-IIは猛将伝みたいなものだと思っていて、前作のストーリーも含まれていると勘違いしていましたから、もっとよく調べておくべきでした。
まぁゲームシステムに関しては十分に満足していますし、前作と比較しなければ不満らしい不満は無いわけですけどね。

ただ今回はストーリー目的に購入したので、その辺りは少し残念でした。
購入に至った切っ掛けは、真・三國無双7のストーリーモードが面白かったからですし。
あちらは三国志の初期から晋が統一を成し遂げる直前までが描かれていて、歴史の流れや世代交代など、興味深い展開が多かったです。

それと同じようなものを求めていただけに、「ストーリーモードは前作の方が楽しめたかも・・・」なんて考えたり。
まぁ実際に前作を遊んだことはありませんから、前作も私が抱いているイメージと違う可能性もありますが。


戦国無双4
コーエーテクモゲームス
2014-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国無双4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戦国無双4-II その2 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる