西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その13 [第二幕 第6章・後]

<<   作成日時 : 2015/10/27 07:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

異空間で道を塞がれた百騎兵は、門を閉ざした魔女を探す事になりました。
夜光列車が言うには、そう遠くには居ないはずと言う話。
ただ先へ進めないだけで、拠点には戻れるようですね。
屋敷のリビングでも、普通に会話イベントが発生しました。

画像

前回の夜光列車との戦いで、ファセット「シノビ・ザ・アサシン」が誕生。
刀剣と槍鎌の扱いに長けており、ダッシュ時のスタミナ消費量を大幅に軽減するスキルを所持。
またカロリーの自然消費量が少なくなるスキルもある為、長期活動向けのファセットですね。

ダッシュのスタミナ消費量の軽減効果ですが、効果は非常に大きいです。
通常だと6秒程度しかダッシュできないのに対し、シノビ・ザ・アサシン装着時は25秒ほどダッシュ可能。
今までスタミナ消費が大きすぎる為にダッシュは控えていましたが、今後はかなり楽になるかも。

画像

ファセットはメインとサブを設定可能で、スキルに関しては両方の効果が100%発揮されます。
ただサブに設定できるファセットは2つまでなので、ここからは装着するファセットを選ぶ必要がありますね。

私はパワー・フォートレスを外し、シノビ・ザ・アサシンをセット。
やはりカロリー消費が抑えられるのは魅力ですし、ダッシュのスタミナ軽減も便利ですから。
マージナル・ゲイズは、アニマの出現率アップとカルマの増加を抑えるスキルが魅力。
そう考えると、パワー・フォートレスのスキルが、現状では一番不要と言うのが理由ですね。



今回は異空間を探索。
ここは不思議な色相の洞窟の中と言った感じのエリアですね。
一方通行のワープもあり、マップの繋がりを把握しにくい所が厄介。
魔撃に弱い敵が多いですが、魔撃に耐性のある敵も混ざっているのも嫌らしい所。
毒のトラップも多く、毒でHPやカロリーが減るのも面倒でした。

ある程度進んでいくと、盲目の魔女を発見します。
そこにビスコも駆けつけてきました。
魔女はビスコたちがやってきた理由を察していて、門を閉ざしたのは自分だと言います。

画像

しかし門を開ける事はできないとも言いますね。
意地悪をするのが、魔女の仕事だと言う理由。
ただ翠ノ実を2個持ってきたなら門を開けると、取引を持ち掛けてきます。
翠ノ実は、この異空間にもあると言う話。

他に手はなさそうなので、翠ノ実を探す為に再びビスコとは分かれる事に。
ビスコは自分の嗅覚が役に立つ時が来たと、自信あり気な様子でしたね。
犬化の呪いを掛けられたことにも、だいぶ慣れてきた様子。

画像

イベント地点から北東に進むと、最初のピラーがあります。
イベント地点南東のワープに入った場合は、西側となりますね。
ここから南東の端に進めば、2つ目の小ピラー。

画像

その後は、2つ目のピラー西にあるワープに突入。
次にワープ先南にあるワープへ突入。
次も南にあるワープに突入すると、3つ目の小ピラーがある地点に到着。

ここから南西に進むとイベントがありますね。
一足早く翠ノ実を見つけたビスコが、既に実を確保していました。
翠ノ実はビスコの好物でもあるので、砂糖漬けにしたら美味しそうだと涎を垂らしていましたが・・・。

画像

百騎兵に気が付いたビスコは、今回は鼻のオカゲで何の障害も無く見つかったと、自慢げに語ります。
自分でも役に立てると言う所を証明できたのが嬉しいようですね。
そして翠ノ実を百騎兵に手渡し、急いで魔女の元へ戻る事に。

と言う事で、魔女の元に向かうとイベント。
翠ノ実を渡すと、魔女は約束通りに門を開いてくれます。
急いで夜光列車の元へ戻ろうとするビスコでしたが、それを魔女が引き留めていました。

怪訝に思うビスコに、魔女は忠告をしますね。
いつだって本当に大事なものは、その手の中にあると言う事。
それを心に留めておけば、いろんな事が見えてくると言う話。

画像

そして魔女は手を出すように言って、先ほど受け取った翠ノ実を渡します。
砂糖漬けにすると美味しい、と。
意味が分からずに戸惑うビスコでしたが、夜光列車が二人を置いて出発しそうだったので、魔女に別れを告げて急いで戻って行きます。

その様子を見ていた魔女は、何やら意味深な言葉を残して消滅。
最後のセリフから考えると、魔女は未来のマーリカかビスコだったのかも。
異空間は時間の流れが不安定で、それ故に過去のビスコと出会い、助言を与えたと言う可能性。
まぁ自分の事を「わたくし」と呼びそうなのは、この二人くらいしか思いつかないと言うのが理由ですけど。

画像

その後、夜光列車の元へ移動するとステージクリア。
夜光列車はまだ発車しておらず、百騎兵とビスコは無事乗り込むことが出来ました。





夜光列車に乗った百騎兵達は、魔女都ヴァルプルギスに到着。
近付いてきた案内役の魔女の話によれば、人間の住む世界とは違う空間に存在しており、夜行列車でのみ辿り着ける都だとか。
夜会は七日七晩続けられるのですが、今年は今夜が最終日の模様。

夜会が行われている議事塔ブロッケントゥルムに辿り着いた百騎兵を出迎えたのは、見習い魔女のテレッサでした。
テレッサはビスコ達を案内する為に来たと言いますね。
何を企んでいると言うビスコの問いには、夜会の席で騒ぎを起こして貰いたくないので、一緒に楽しもうと答えます。

画像

覚悟を決めたビスコはテレッサに付いていこうとするのですが、百騎兵は仕掛けられていたトラップに直前で気付いて回避。
ビスコは反応が遅れ、捕えられてしまいました。
テレッサの目的は、夜会が終わるまで二人を閉じ込めておくつもりだったようです。
百騎兵をただの使い魔だと思っているテレッサは、ビスコを捕らえただけで満足し、ビスコを連れてその場を去って行きました。

画像

イベント後は、百騎兵のみで探索する事に。
魔女の都と言うだけあって、入り口付近は街になっていますね。
NPCや家、商店などもあります。

街の奥に進むと、大量の魔女兵との戦いに。
ここには閉ざされた扉がありますが、街中に置かれている魔女の像3つを赤い床に乗せると開きます。
像は街の入り口付近に1個、商店裏手の路地に2個落ちてますね。
開いた門の中に入るとステージクリア。

画像



門を抜けた先は、議事塔ブロッケントゥルム
ここにも街と同じ仕掛けがあって、像を3つ集めて門を開くことになります。
像は近場に置かれている事が多いですが、敵より像をロックオンしてしまい、敵を狙いにくくなるのが厄介ですね。
ダンジョンから出ると像の位置は元に戻るので、外に出る場合は奥のピラーを開花させてからにしたいもの。

画像

また振り子のようにハンマーが揺れている仕掛けもありますが、これはランタン型のスイッチにディアローを当てると解除できます。
よく見て進めば当たる事は無いと思いますが、解除するに越したことはないかと。
解除できない場所もありますが。

他にも以前ボスとして登場した、魔法人形タイプのザコもいますね。
こいつは敵の近くにデコイモを設置して、少し離れた所から古塔タイプの打撃武器で攻撃すると安全に撃破可能。
ザコにしては耐久力と攻撃力が高い相手なので、戦術トーチカや武器の特性を上手く利用した方が楽に戦えます。
戦闘エリアも狭いですし。

画像

近くに振り子の仕掛けがある場合、上手く誘い込むことが出来れば、振り子で倒す事も可能。
経験値は手に入らないのが難点ですが。



最上階まで進むとイベント。
議会場では、魔女達がメタリカの処遇について話していました。
その場に連れてこられていたビスコも、意識を取り戻りますね。
自分たちの気に入らない相手を騙し、笑いものにする魔女達の本性に怒りを覚えるビスコ。

画像

ここでビスコの呪いの話も出ますが、少女のような姿のラビィと言う魔女は、呪いをかけた犯人では無さそうです。
完全に犬化もさせられない、素人の仕事と笑いものにしていたので。

画像

個人的に一番怪しいのは、テレッサの師匠であり、ビスコと同じ王国に住む灰汁の魔女ベルダ。
真面目そうですが、こういうタイプが一番腹黒いのでは無いかなと。
同じ王国の住人と言う共通点もありますし。

画像

そんな所に百騎兵もやってきますが、南瓜の魔女リューベンスの術によって、意識を失ってしまいました。
そして議長を務める霧の魔女ネザリアが到着。
ネザリアは無口なようで、代わりに杖が喋っていました。

夜会最終日の議題ですが、メタリカへの処罰をベルダが提案します。
メタリカから一切の魔力を剥奪し、その魔力で都を照らせば、100年は光り続けるだろうと。
魔女と認められてないのに魔女の術を使った罪、森の魔女マーリカの命を奪った罪による処罰。

画像

砂塵の魔女パープルピールは、メタリカがそれほどの魔力を秘めているとは信じられない様子で、弟子にあたる焔の魔女ラビリ・ラルラ・ラー(ラビィ)は、それほどの力がある相手なら自分に戦わせろと息巻いていました。

マーリカを信奉していた薄氷の魔女リリアーヌは、メタリカがマーリカを手にかけたと聞いて怒り心頭。
報いを受けさせると怒りに震えていました。
テレッサはメタリカも年貢の納め時だとほくそ笑むと言う感じで、それぞれ異なる反応を見せますね。

画像

ビスコはマーリカが生きている事を伝えるのですが、ネザリア(の杖)は構わずに採決に移ろうとします。
そこへメタリカの声が響き渡りました。
ここで初めて、ネザリア本人が言葉を発しています。
ネザリアはメタリカの事情を知っているようで、この地にはピラーも無いのに、メタリカが現れた事を疑問に感じた様子。



メタリカは夜行列車に沼を運ばせ、議会場に溢れさせた模様。
その際の切符は、メタリカの偽造だったようです。
混乱の際、メタリカの沼に頭を突っ込んだテレッサは、師匠であるベルダに助けて欲しいと命乞いをして気絶。
割と悲壮だったので、もしかしたらこれで死んでしまったのかも・・・。

画像

メタリカが部屋にこもって落ち込んでいたのでは無く、ずっと復讐の方法を考えていたのだと知ったビスコは、思わず笑いをこぼしていました。
魔女達の本性を知った事もあるのでしょうが、ビスコもだいぶメタリカ寄りになってきましたね。

画像

そしてメタリカの所業に血が騒いで仕方ないパープルピールと、マーリカの仇を討ちたいリリアーヌが共闘してメタリカへ戦いを挑みます。
一方、メタリカは沼の真骨頂を見せてやると言って、謎の液体を飲んで沼にダイブ。
すると、巨大化したメタリカが現れました。
砂塵と薄氷の魔女タッグに対し、こちらは百騎兵と巨大メタリカのタッグで立ち向かうと言う展開。

画像



と言う事で、パープルピール&リリアーヌとの戦いに突入します。
議会場はメタリカがメチャクチャにしてしまい、足場が途切れ途切れになっていますね。
床には風紋が設置してあるので、ジャンプ台を使って別の足場に移動する事に。

今回は初となるメタリカとの共闘ですが、フレンドリーファイアのあるこのゲームにおいては、メタリカすら敵です。
一応敵に対して魔法を放ってくれるのですが、百騎兵が居てもお構いなしに攻撃してきますから。
その巨大な姿で、画面を覆い隠すと言うメタな攻撃までしてきますし・・・。

ここは時々発生する広範囲への落雷、隕石を避けながら、如何に2体の魔女を撃退するかと言う戦い。
特に隕石は攻撃範囲が非常に広いので、画面が引き気味になったらワープを利用して隕石を回避したいですね。
落下地点には紫の柱が立つので、柱のある足場にいると危険。
すぐに離脱できるように、ジャンプ台の地点で待機すると良いかと。

画像

実質的には3対1と言っても過言ではないので、まずは敵の数を減らす事が優先ですね。
デコイモを設置して敵の狙いを逸らし、HPが低めのリリアーヌから倒すと良いかと。

リリアーヌは打撃に弱く、ワープ後に3方向へ氷柱を飛ばして消えると言う繰り返し。
氷柱は見た目より判定が大きいので、放たれる前に背後に回り込むと良いですね。
背後にさえ回り込んでしまえば、消えるまで殴り放題ですから。

画像

リリアーヌを倒したら、パープルピールの相手。
こいつは遠距離だと百騎兵の足元に竜巻を発生させてくるので、デコイモで狙いを逸らしたいですね。
その上で常に移動しておけば、竜巻を食らう事は少なくなるかと。
逆に動き回る為、メタリカの雷撃を受ける可能性は高くなりますが・・・。

近くに敵がいる場合は、杖から竜巻を発生させて攻撃してきます。
竜巻に紛れて、誘導弾も飛んでくるところに注意が必要。
ただしばらく動きを止めるので、この時が攻撃のチャンスですね。
デコイモを囮に狙いを絞らせ、側面や背後に回り込めば一方的に攻撃できます。



この戦闘は難易度がかなり高めなので、アイテムを惜しまずに戦った方が良いかも。
パターンを掴めて来ると楽に戦えますが、それでも被弾すると結構なダメージ受けますから。
アイテムを消費した上で敗北したら、ロードしてやり直した方が良いですね。
私も軽く5〜6回は敗北して、やり直す事になりました。



戦闘後はイベント。
巨大化して暴れ続けるメタリカを止めようと議長のネザリアが立ち塞がるのですが、朝日が昇り、夜会の終わりを迎えると言う所でスタッフロールに。

画像

夜会が終わる前に魔女達を皆殺しにしようとするメタリカでしたが、ビスコが制止します。
夜会の終わりを告げるニワトリはビスコが確保しており、ビスコが口を塞いでいる間は夜会は終わらないと。

そしてビスコは、議長のネザリアに提案します。
メタリカを正式な魔女として認め、今後は夜会にも招待するようにして欲しいと言う内容。
メタリカも酷い事をしたが、魔女達もメタリカに酷い事をしたので、両者ともこれまでの事は不問にして欲しいと告げますね。
話題の中心にいるメタリカは、ビスコの剣幕に押されてたじろいでいました。



議長であるネザリアは、ビスコの提案に対する採決を取りますね。
ビスコは賛成で、パープルピールは反対。
賛成と反対が1対1と言う状態でしたが、ラビィが賛成票を投じて、ビスコの提案が可決されました。
ラビィは、メタリカが面白い奴だからと言う理由で賛成したようです。
メタリカと戦ってみたいだけとも言われていましたが。

画像

そしてネザリアはマーリカの名を口にして、ネザリアの帽子の上でマーリカネズミが鳴き声を上げると言う所で、第二幕 第6章「魔女と魔女達の夜会」は終了。

画像

今回は気になる点がいくつかありましたね。
異空間にいた魔女とか、ネザリアとマーリカの関係とか。
また灰汁の魔女ベルダが何やら画策している様子も見られたので、何を目論んでいるかも気になります。

画像

ここまでプレイしてきてメタリカにだいぶ感情移入していた為か、議会への乱入シーンは爽快でした。
ビスコとメタリカの関係も、いい感じになってきましたね。
最初は敵対して戦うかもしれないと懸念していましたが、今は微笑ましく見守っています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その13 [第二幕 第6章・後] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる