西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その32 [幻影の塔編・1]

<<   作成日時 : 2016/01/10 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本編をクリアしたので、幻影の塔へと向かいました。
幻影の塔は、PS4版から追加された新要素。
武器を素材に自動生成ダンジョンを作り出し、敵を倒しながら奥の階層を目指すと言う内容ですね。
専用のストーリーも用意されています。
ストーリーは本編の進行状況によって開放されていくようで、幻影の塔編のストーリーを進めるには、本編も進めなければなりません。
と言う事で、クリア直前のデータを使い、幻影の塔へ向かってみました。

画像

ちなみに本編はミデアと言う世界が舞台でしたが、幻影の塔編はマゴリアと言う別の世界が舞台となります。
メタリカやビスコと言った人物が出てくるものの、性格や関係などは本編とは違っていたり。
世界の歴史も、結構違うようでした。

幻影の塔ですが、素材に使う武器によって、敵の強さやドロップする武器が変化します。
これは武器のランクで決定されるようですね。
武器の名前に最後についている、数字がランク。
これが高ければ高いほど、強い敵や武器が出るようになると。
単にストーリーを進めたいだけなら、初期に拾った武器を素材に使うと楽かも。

画像

最強クラスの装備が欲しい場合は、Ω系の装備を使うと良いですね。
練武の氷雪の西部にあるお店では、何故か魔女ノーラの灯Ωが無料で販売されています。
店を出入りする度に在庫が復活するので、いくつか買い占めてこれを素材に使うと良いかと。

画像

Ω系の武器を素材に使うと、PS4版から追加された新武器が手に入るようになります。
練武の氷雪で手に入る装備よりも、さらに高性能。
さらに上の装備があるのかは、今の所不明です。

画像

ちなみに上記の店は、ギガカロリー回復アイテムのおやつクッキー100日パンも販売。
他のショップでは販売されていませんし、何かと利用価値の高いお店ですね。

[関連記事]
魔女と百騎兵 Revival その3 [幻影の塔]



以前10階まで潜っていたので、今回は11階から再開しました。
扉を開く方法を探っていたリカですが、試した呪文が合っていたらしく、扉を開くことに成功していました。
これで11階から先へ進めるようになります。
本編を3章まで進めた為、扉を開く条件を満たせたと言う事ですね。

画像

歩を進めたリカでしたが、ローブ姿の人物に出会います。
リカは先制して魔法で攻撃した所、ローブ姿の人物は魔法を見て驚いていました。
どうやらこの世界は魔女が非常に少ないらしく、ローブ姿の人物は初めて魔女を見て驚いたと。
そしてその場から慌てて逃げ出してしまいました。

画像



後は塔を登っていくだけ。
敵を全滅させると階段が現れるので、ひたすら敵を倒す事になります。
本編に比べるとアイテムのドロップ率が高く、素材に使ったのと同程度の装備が手に入るのが魅力。
レア敵のピニャータの出現率も高いように感じます。

稀に黄色のコンテナが出現しますが、これは触媒。
PS4版から追加された新システムである、錬成に使うアイテムです。
触媒を使い、別の武器を素材に使う事で、ベース武器の能力をアップさせることが可能。
錬成を活用する事で、さらに武器を強化できると。

画像

それと敵を倒していくと、濃縮マナゲージが溜まって行きます。
ゲージは3本あるのですが、2本以下でリカを呼び出すと、時間経過でゲージが減少。
ゲージがゼロになると、リカの召喚が終わります。

しかし最大まで溜めてリカを呼び出せば、時間経過で召喚が終わる事は無くなりますね。
ゲージがリカの体力となり、ダメージを受けるたびにゲージが減少。
それによりゲージが無くなってしまうと、召喚が解除されてしまうと。
リカで敵を倒すとアイテムのドロップ率が上がるので、上手く使い分ける必要があるようです。

画像

20階に辿り着くとイベント。
先ほどのローブ姿の人物が敵に囲まれていて、助けを求めてきます。
しかしリカは、人間を助ける義理は無いと見捨てますね。
仕方なくローブ姿の人物は自力で切り抜けようとしますが、歯が立ちませんでした。

画像

この時ローブが脱げ落ち、人物の姿を見ることが出来ます。
この人物は、マゴリア世界のビスコでした。
やはり犬化の呪いをかけられていますね。
そんなビスコの姿を見たリカは興味を抱き、百騎兵に助けるように命じます。



と言う流れで、ボスの小口虫戦に。
多数のザコに紛れてボスが1体配置されていますが、私はLv40のダンジョンを作った為、余裕で一掃できました。
苦戦するようなら、ランクの低い武器でダンジョンを作った方が楽かと。

戦闘後はイベント。
助けられたビスコは、自己紹介します。
マゴリア世界のビスコは、アマタイア王国の騎士と名乗りますね。
こちらでも王女であるのかは不明。

画像

百騎兵はビスコの姿を見ると驚くのですが、マゴリア世界のビスコは百騎兵なぞ知る由も無く、他人を見るような態度。
その事に腹を立てて、百騎兵はビスコを殴り飛ばしていました。
ビスコに対しても、割と友人のような感情を抱いていたのかもしれませんね。

ここでビスコのフルネームを見て気が付いたのですが、ビスコの姓であるドートリッシュは、ウルカの仲間の魔女と一致しますね。
画像を漁ってみたら、ミデア世界のビスコも”ドートリッシュ”と名乗っていました。

画像
本編2章での自己紹介

ビスコの母親と思われるヴェライエの姓は、同じくウルカの仲間として語られた”ヘルゼーエン”ですし、意外とこの辺りの事情も複雑なのかもしれません。

ウルカの仲間であるドートリッシュが王家に嫁ぎ、その子孫である現アマタイア国王とヘルゼーエン家の魔女であるヴェライエとの間に生まれたのが、ビスコと言う可能性が一番高そうですが。
ビスコが沼への耐性が高く、メタリカの薬が効かなかったのも、その辺りが関係していたのかも・・・。

画像
ウルカの仲間の魔女

と言う所で幻影の塔編に戻りますが、どうやらマゴリア世界では魔女狩りが行われたらしく、そのせいで魔女の姿を見る事が無くなったようですね。
リカも魔女として迫害を受けてたようで、その為に人間の事を良く思っていないようです。
しかし半獣人であるビスコには興味が湧いたらしく、事情を尋ねていました。

ビスコが語る所によると、マゴリア世界の国王は寛大な人物であるそうですが、見るのも嫌と言うほどの生来の犬嫌い。
その犬に噛まれた事で立腹し、犬を見かけ次第処罰するようにお触れを出したそうです。
賞金まで出したので、王国では犬が次々に殺され、死体が山のように積み上がるほどだったとか。
国王が犬を嫌悪しているのは、ミデア世界でビスコが犬化の呪いを掛けられたことが影響している可能性は高そう・・・。

画像

そんなある日、ビスコが目覚めると獣化していたようです。
国民が犬を殺すたびに、獣化が進行していった模様。
なぜ国王本人ではなく、ビスコに呪いが降り注いだのかは不明。

医者もさじを投げ、解決の糸口が見つからないビスコは、藁をも掴む気持ちで幻影の塔を訪れたと言う話でした。
幻影の塔は、願いを叶えると言う伝説があるので。

その話を聞いたリカは、あるのか無いかともわからない奇跡にすがろうとは、なんと他力本願な事かと一蹴。
しかしビスコの命を救ったのは自分だから、その命は自分のものだと言いだしますね。
そして願いを叶えるかどうかは別だが、塔の頂上まで連れて行ってやると言います。
文字通り、犬のように働くことが条件でしたが。
ビスコも最初は躊躇うものの、仕方なくその条件を受け入れて付いていくことにしました。

画像



触媒を手に入れたので、試しに錬成してみました。
錬成は錬成屋で行う事が可能。
錬成屋は、幻影の塔入り口の右下にあります。



錬成ですが、装備のレアリティによって実行回数が変化。
コモンは1回、レアは3回、エピックは5回、レジェンドは10回と言う感じ。
その為、レアリティが高い装備を錬成していった方が良いかと。

画像

錬成では、まずベースとなる武器を選択します。
次に代償となる装備を選択。
この時に、能力がどれだけ増えるか確認できますね。

画像

代償アイテムを選んだら、最後に触媒を選択。
触媒によっては武器に特殊な能力を付与できる可能性があるので、どの触媒を使うかも重要となってきます。
実際に付与されるかどうかは、確率次第みたいですけどね。
後は実行を選べば、一定のマナを消費して錬成は完了。

[追記]
触媒による追加効果は、確実に付与されるようです。
アイテム欄で△ボタンを2回押すと、付与した能力を確認可能。
百騎兵のステータスでも、総合的な付与能力を確認できました。

画像

本編クリア後に幻影の塔編のストーリーを楽しもうと思っていたので、今まで手付かずでしたが、幻影の塔や錬成システムはなかなか面白いですね。
アイテムもポロポロと落としますし、そうやって手に入れたアイテムを使って、さらに装備を強化出来ますから。
ストーリー放置で、幻影の塔に延々と潜っていたい気分。

と言う事で、実際にアイテム集めに奔走していました。
ストーリーを終わらせた20階まで進み、脱出して戻って来ると言う流れ。
これだけでも1周で40個近いアイテムが手に入りますね。
浅い階層だからかレベルの割に敵も弱く、経験値はかなり貰えました。
本編でアイテム集めや経験値稼ぎをするよりは、幻影の塔を活用した方が楽そうです。

画像

レアリティが高いアイテムも、割と頻繁に入手。
アイテムの所持上限は500個なので、コモン系の装備は全て捨てたほど。
本編ではイマイチ使いどころの無かったコモンキエールと言ったアイテムも、幻影の塔では出番が多いかも。

ただアイテム集めは楽しいのですが、ロードの頻度が多めなのが少し気になりますね。
1フロアでの戦闘時間は、長くて1分程度。
狭いフロアだと10秒足らずで終わりますし、そもそも敵が居なくて通過するだけの場合も。



しかし階層移動時には、毎回15秒程度のロードが挟まれます。
エリア移動時のロード時間としては特別長いわけでもないのですが、ロードの頻度が多いのでちょっと長めに感じると。
私は慣れてきたら大丈夫でしたが、人によってはかなり気になるかも。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その32 [幻影の塔編・1] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる