西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS DARK SOULSIII ダークソウル3 その11 [セカンドキャラ作成]

<<   作成日時 : 2016/04/10 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

気分転換に新キャラ作ってみました。
セカンドキャラは理力特化の魔法使いタイプにする予定。
しかし今回の純魔は、序盤厳しいですね。
メインキャラはロスリックの高壁クリアまでに5回死んだかどうかと言う状態でしたが、セカンドキャラは死にまくりました。
初代の純魔はイージーモードと言えるほどに楽でしたが、今作だと苦行となりそうです。

画像



今作の魔術、奇跡、呪術ですが、FPを消費して使用できます。
過去作だと魔法毎に使用回数が設定されていましたが、今作はFPさえあれば何度でも魔法を使えると。

ちなみに魔法を使うには、それぞれに対応した触媒を持つ必要があります。
魔術なら杖、奇跡ならタリスマン、呪術なら呪術の火と言う具合。
これらの触媒を装備してR1もしくはL1を押すと、選択している魔法を使えると言う形。

ただFPを回復するエストの灰瓶は、エスト瓶と使用回数を共有しています。
何回使えるかは、鍛冶屋で割り振る事が可能。
例えばエスト瓶の使用回数を減らす代わりに、エストの灰瓶を増やすと言う感じ。

画像

ただ序盤だとエスト瓶の使用回数が少ないので、FP回復に回しにくいのですよね。
魔法を乱発しすぎると、途中でガス欠となってしまいます。
後々はわかりませんが、魔法の使いどころを見極める必要が有り。



序盤で手に入る魔術は、ソウルの矢ソウルの太矢(素性:魔術師)、ファランの短矢の3つ。

ソウルの矢は、僅かに誘導する魔法の矢を放つ魔法。
発生も早く、消費FP7と使いやすいのですが、威力が低め。
序盤のザコ敵も1発では倒せず、何らかの攻撃で追い打ちする必要が有り。

ソウルの太矢は、強力な魔法の矢を放つ魔法。
ソウルの矢の強化版と言う感じですね。
消費FP11で威力も高く、普通のザコなら1発で倒せます。
騎士タイプの敵も、2発打ち込めば瀕死に追い込める威力。

ただし撃つまでに時間がかかり、ボタンを押してから2〜3秒後に発射となるのが難点。
撃ち終わるまで移動はできますが、ローリング等で動作をキャンセルする事は出来ない為、大きな隙が出来てしまいます。

画像

ファランの短矢は発生が早く、連射も可能。
消費FP3と軽いのが特徴ですが、致命的なまでに威力がありません。
これを3発当てるより、ソウルの矢を1発当てた方がダメージ高いので、使う場面がほぼ皆無。
発射時に1歩踏み出すので、足元に気を付けないと落下する危険性もあります。

これらの魔法の内、主力となるのはソウルの太矢
発射までが長いですが、ソウルの矢を2発撃つよりはFP消費も少なく、威力も高いですから。
地形を利用したり、こちらに気付いてない敵を狙う事で、発射の長さもある程度カバーできます。

画像

ただ序盤だとFP量が少なく、魔法を多用できないのが難点。
ロスリックの高壁は盾を持った敵も多く、ガードされるとダメージ低下してしまいますしね。
FPを節約する為にも、どうしても武器で戦う必要が出てきます。
そうなると素性に魔術師を選んだ場合、装備や近接戦闘向けのステータスが低いので、非常に苦労すると。

魔術師向けの装備や新しい魔法を手に入れるには、ある程度先へ進める必要がありますからね。
そこまでをどう乗り切るかが、純魔の試練でしょう。



純魔を育てる場合は副葬品に炎の貴石を選んで、祭祀場に着いたら炎のショートソードを作ると良いかもしれません。
ショートソードは祭祀場の侍女が600ソウルで販売しています。
これを鍛冶屋で変性強化して貰うと。
装備には筋力8、技量10必要ですが、素性に魔術師を選んだ場合、筋力を1上げるだけで装備可能。

画像
画像

もしくは炎のロングソードを作っても良さそうです。
装備には筋力10、技量10必要。
ロングソードロスリックの高壁にいる剣を持った亡者が落とすほか、グレイラット救助後は1,000ソウルで購入できます。

筋力11まで上げると銀鷲のカイトシールド(物理カット100%)が装備できるので、そちらを狙うならロングソードをメイン武器にした方が良いかも。
銀鷲のカイトシールドも、ロスリックの高壁で手に入ります。

画像

[関連記事]
DARK SOULSIII ダークソウル3 その3 [ロスリックの高壁2]

ロスリックの高壁の屋根にいる結晶トカゲは粗製の貴石を落とすので、粗製武器を作っても良さそうですね。
粗製武器は物理攻撃力が大幅に上がる代わりに、ステータス補正を受けられなくなると言う特徴。
直剣は筋力と技量で補正が受けられるのですが、純魔は理力と集中力を伸ばしていくことになるので、補正が受けられなくても問題無いのがポイント。

とりあえずは炎武器か粗製武器をメインにして、要所要所で魔法を使うスタイルの方が安定しそうでした。
将来的にはメイン武器を、結晶武器に作り替えても良いかも。
結晶武器は、理力で補正が受けられるようになりますから。



そんな感じで魔法使いは、武器を織り交ぜて戦っていかないと厳しいです。
レベルが上がり、エスト瓶の使用回数が増えれば違ってくるでしょうが、序盤は難易度高め。
最初は魔術師以外の素性を選び、徐々に魔術師へ修正していく方が楽かも。

ただ魔法は離れた所から攻撃できるので、ボス戦は楽なんですけどね。
強敵なども、地形を利用すれば安全に倒せたりしますし。
素性が魔術師以外だと、主力となるソウルの太矢を手に入れられるのが少し先になるので、ボスや強敵で楽をするか道中の戦いで楽をするかの違いかも。


魔法使いでのボルド戦


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はどのシリーズも最初は魔法使いタイプに育ててますが、今作は序盤が大変ですね。

前作までだと、初期でもソウルの矢が確実に30発使える状態からでしたが、今回はFP制になってしまいましたからね。
それにオフラインだと他のプレイヤーに頼った闘い方もできないですしね。

FP制なので、後半になればなるほどエスト瓶の使用回数や魔術の種類も増えるので結構楽になってくるだろうと思います。

ORUTA
2016/04/10 23:52
今回は前作までと違って、FPさえあれば強力な魔法を何度でも使えるのが利点ですね。
魔法の使用回数を増やす為に、同じ魔法を複数装備させる必要もないので、記録枠も前作程は必要ないかもしれません。
メインキャラだと現段階でエスト瓶の使用回数は9回ですし、レベルアップでFPの量も増えますから、序盤を乗り越えさえすれば楽になるかもしれませんね。
そこに至るまでがツライですけど。
Westwood
2016/04/11 19:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DARK SOULSIII ダークソウル3 その11 [セカンドキャラ作成] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる