西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.)

<<   作成日時 : 2016/07/24 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガンプラはしばらく自重すると言いながら、「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.)」を買ってしまいました。
バンシィとシナンジュを買うのは、さすがに我慢しましたが。
このガンプラは2016年6月に発売された新作。
名前の通り、フルアーマーユニコーンのレッドカラーバージョンですね。
以前に発売されたフルアーマーユニコーン(グリーンVer)の、カラーバリエーション。

画像
画像
画像

ただ武装にハイパー・ビームジャベリンが追加。
現在放送中のアニメ「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」のオープニング、エンディングに併せたマーキングシールが付属すると言った変化もある模様。
グリーンカラーのユニコーンもカッコイイのですが、レッドカラーも好きですし、武装が増えていると言う事なので、今回はこちらのキットを購入。
いつか余裕があったら、グリーンカラーとノーマル版(デストロイモードじゃない方)も揃えたいですね。

フルアーマーユニコーンは全身武器の塊ですが、ガンプラでもフルセット付属しています。
その為、パーツ数が非常に多いですね。
ランナー数は17本と、私が過去に作ったガンプラの中でも最多かも。
細かい作業も多いですし、作り慣れていない人は苦労しそうです。
それでも無塗装・無接着でかなりクオリティの高い物が仕上がるので、作る価値はあるかと。
設定にあるほぼ全ての武器が付属してくる為、HGUCのユニコーンでは、このキットが決定版と言えます。

画像

このフルアーマーユニコーンですが、通常のデストロイモードにもする事が出来ます。
一部未使用パーツを使いますが、どのパーツを使うかは見たらわかるかと。
シールドに関しては一部パーツをフルアーマー用のシールドに使うので、どちらかを選択する必要があります。
フルアーマーにも展開型のシールドが付属してますが、こちらはビームガトリングをセットしないと、腕に取り付けられないのですよね。
ビームガトリング付きでいいなら、フルアーマーの方のシールドを使えば良いですけど。

[リンク]
HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.)



このキットですが、サイコフレームの発光部分は、全てクリアパーツで再現されています。
ランナー1本丸々クリアパーツと言うレベルで、パーツ数も多いですね。
クリアパーツは裏側にアルミホイルを敷いて見栄えをよくすると言うテクニックがあるのですが、このキットはパーツのサイズも小さく、裏側も複雑な構造。
その為、アルミホイルを敷くのは、かなり難しいです。

画像

私は諦めて普通に作りましたが、それでも十分な完成度でした。
ただ場所によってはクリアパーツから内部の構造が透けて見えてしまうので、気になるなら手を加えた方が良いでしょうね。
しかし、クリアパーツの使用量は、かなり多いですね。
ここまでクリアパーツを使ったガンプラを作るのは初めてかも。

画像

腰のフロントアーマーは左右繋がっていますが、中央から切断すれば別々に動かせるタイプ。
軸に接着剤を塗って少し厚みを持たせると、抜ける事も無くなるかと。

画像

関節は二重関節ではないものの、問題無いレベルで動きますね。
肩の付け根も動きます。
肘、膝はだいたい90度くらい曲がります。
あえて言うなら、足首の可動範囲が狭いくらい。

画像
画像

武装は非常に多く、設定にあるものがほぼ全て揃っています。
内容はビームマグナム、ハイパーバズーカx2、ビームガトリングx3、シールド(展開)x3、シールドx1、ハイパー・ビームジャベリン、ミサイルランチャーx2、ハンドグレネードx4、ビームサーベルx2、ビームトンファーx2、予備弾倉x1、大型ブースターx2。
一部はフルアーマー用のパーツで、本体やバズーカにセットする事になりますが。
これらに加え、未使用の展開型シールドのパーツもついています。

画像

腕に取り付けられたビームトンファーは、実際にビームを展開する事も出来ます。
一度取り外して向きを変え、ビームの刃を取り付ける形。
ただビームの刀身はビームサーベルと共有なので、サーベルとトンファーを4つ同時に展開するには数が足りませんね。

画像

ビームガトリングは、両腕に装着可能。
シールドもビームガトリングの上に装着する形になります。
取り付けが少々難しく、はめ方が甘いとすぐ外れてしまうのが難点ですね。

画像
画像

ユニコーンガンダムですが、普通のシールドをファンネルのように操って見せたのが印象的ですが、このキットはシールドファンネルを再現するスタンドが付属。
これにより飛行モードとディフェンスモードを再現できるのが嬉しいですね。
個人的には、フルアーマーよりこちらを再現できる方が衝撃的でした。

画像
画像
画像
画像

ビームジャベリンですが、収納状態と展開状態をパーツ差し替えで再現。
収納状態はビームを展開したバージョンも再現可能で、どちらもシールドにセットできます。
説明書には取り付け方が載っていませんが、シールドとビームガトリングの間に挟み込む形。
ビームガトリングにビームジャベリンを取り付け、その上にシールドをセットすると。
個人的にはシールドに取り付けた状態でビームを展開するのが好きですね。

画像
収納状態(上)と展開状態(下)

画像
収納状態のパターン

展開状態も、ハルバードのような状態と、柄の両端にビームを展開した状態の2パターンを再現できます。
ジャベリンを両手に握らせる事も可能。
サーベルと同じで、左手に持たせる事も出来ますね。
なかなかの長物で、サーベルには無い恰好良さがあります。

画像

ただジャベリンはそれなりの重量があるので、手首が支えきれずにクルクルと回ってしまいます。
角度を付けると手首が重量に負けて、穂先が下を向いてしまう感じ。
両手持ちさせると大丈夫ですが。

この問題は昔のガンプラからあって、関節部に瞬間接着剤を塗って厚みを持たせる、セロテープを張り付けるなどして抵抗を増やし、関節を補強すると言うテクニックが生み出されたほど。
なので気になる人は、手首に手を加えた方が良いかも。
私は柄の部分を足やバックパックに引っ掛け、表からは見えない感じで支えていますが。

画像

それとビームジャベリンは色分けされてないので、塗装した方が良さそうですね。
ビームの発生器は本体と同じホワイトみたいなので、ここをホワイトで塗るだけで見栄えが変わりそうな感じ。

[リンク]
ゆるくなった関節 (バンダイホビーサイト)



そして本題のフルアーマーユニコーン。
こちらは背面に大型ブースターを装着し、全身に武器を取り付けてあるため、かなりのボリュームがありますね。
特に大型ブースターのオカゲでサイズも大きくなっているので、飾るには場所を取ります。
完成度は見事ですが。

画像
画像
画像
画像

大型ブースターを装着するとバランスが悪くなりますが、専用の支柱が付属。
この支柱をセットしておけば、直立状態で飾れるようになります。
アクションベースに取り付けるなら、この支柱は必要無し。

ただアクションベースもたまに重量に負け、ユニコーンが傾く事がありますけどね。
ユニコーンとアクションベースの接続部は円形の棒状なのですが、これがクルクル回る感じ。
多少傾く程度ですけど、気になる場合は手を加えた方が良いかもしれません。

画像
画像
アクションベース2があれば支柱は必要なく、直立以外のポーズも可能

全体的に完成度が高く、良い出来なのですが、多少気になる点もありますね。
割と外れやすく、構造的に接着するわけにもいかないパーツがいくつかあります。
肘の関節や、銃の持ち手など。

特に銃用の手首はポロポロと簡単に外れてしまうので、バズーカを持たせる気が無いなら、思い切って接着した方が良いかもしれませんね。
それくらい外れやすいです。

後はシールドのサイコフレーム脇にある白いパーツ。
これもちょっとした衝撃で外れやすいのですが、接続部がクリアパーツになってますからね。
下手に接着すると見た目が犠牲になりそうで、そのままにしてあります。

ビームサーベルも手に持たせるとスカスカで、ビームの刀身の辺りまでずり落ちてしまいます。
柄の部分ではなく、ビームを握っているような感じ。
銃器のように固定する事が出来ず、サーベルの柄が細めなの原因。
サーベルを手に持たせたい場合は、何か工夫する必要があるかと。

あとはビームガトリングの取り付け。
ビームガトリングは両腕とバックパックに装着するのですが、これがはめ込み難いです。
取り付けが甘いとすぐに外れてしまいますし、固定しようとするとかなり強く押し込む必要がありますしね。
外す時も壊れそうな抵抗があって、頻繁に付けたり外したりするには不向き。
他のパーツを傷つける可能性もあるので、一度バラしてから作業した方が安全です。

そんな不満もありますが、全体的に見ると満足ですね。
武装も多いですし、色々なバリエーションが楽しめます。
私は上記の理由でビームガトリングにはあまり触れたくないので、シールドはディフェンスモードにして飾りました。
ビームジャベリンも手首の問題がありますが、カッコイイですね。

画像

本作にはマーキングシールも付属しているのですが、本体を作るのに時間がかかってしまった為、まだ張り付けていません。
こちらは時間が出来た時に、貼り付けようと考えている所。

画像
TV放送版を元にしたマーキングシール





人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.) 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる