西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ5 その3

<<   作成日時 : 2016/09/18 07:24   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

モルガナとダンジョンへ突入した主人公でしたが、ここで戦闘のチュートリアルとなりますね。
ダンジョンには敵のシャドウが徘徊していて、○ボタンで攻撃すると戦闘に突入。
シャドウに近づくと「CHANCE」と表示されるので、その時にボタンを押す形。
敵に見つからずに背後から攻撃を仕掛けると、先制攻撃となって戦闘が有利になります。

画像

先日の戦闘とは違い、アナライズも可能になっています。
L1ボタンを押すと、敵の情報を見ることが可能。
情報では敵のレベル、最大HP、最大SPを確認できます。
それ以外にも耐性や弱点を確認できるのですが、これは実際に攻撃した属性分しか表示されませんね。
初めて遭遇した敵には色々な属性の攻撃を試して、弱点や耐性を調べるのが基本。

画像

先へ進むと大量の足音が聞こえたので、手近な扉の中に隠れました。
この部屋は歪みが少なく、城の主の影響力も少ないので、シャドウはやってこないと言う話。
すると室内が歪んで一瞬教室の姿が見えます。

この世界は、主の心が映し出したもう一つの現実。
歪んだ欲望が具現化した世界だという話。
その世界の事を、モルガナは「パレス」と呼んでいるそうです。

画像

主人公の恰好も、この世界の影響のようですね。
パレスでは何でも主の思い通りに歪むらしく、その歪みを防ぐには強い反逆の意志が必要。
主人公の姿は、主人公が持つ反逆のイメージの表れだとモルガナは話していました。

竜司は服よりモルガナの方が気になると言いますが、モルガナは正真正銘人間だと言いますね。
猫のような姿になっているのは、本当の姿を失くしたから。
しかし最後に「多分」と付け加えていたので、本人も本当の所はわかっていないのかも。
ただ元の姿に戻る方法はわかっているらしく、ここへ忍び込んだのも下調べの為だったようです。

画像

この後、竜司が準備してきたモデルガンと傷薬を入手。
イベントで逃げ込んだ部屋はセーフルームになっていて、仲間と話したりセーブが可能。
ダンジョンにはこのようなセーフルームが複数用意されているようですね。

敵の会話で奴隷は修練場に移された事がわかったので、今度はそちらへ向かう事になります。
ここで警戒度の説明になりますね。
敵に発見されるとパレスの警戒度が増加。
警戒度はメーターで表示され、高くなるほど敵の警備が厳しくなるようです。
警戒度が上がり過ぎると、最悪の場合、探索が続けられなくなる場合もあると言う事。

画像

見つからずに敵を倒せば、警戒度は少しだけ下がるようです。
他にも日付が経過する事でも自然減少。
警戒度が上がり過ぎて探索が出来なくなったら、日を改めて探索する必要があるようですね。
過去作のようなタイムリミットがあるとするなら、警戒度には気を付ける必要があるかと。

可能な限り敵に見つからないように、不意打ちで戦闘を仕掛けなければならないと言う所は、過去のシリーズには無かった要素。
P3やP4だと戦闘の難易度に影響するだけで、先手を取れなくても問題ありませんでしたからね。
過去作に比べると、ダンジョン探索の難易度は上がってるかもしれません。
警戒度がゼロの状態だと敵も油断していて、背後以外からでも不意打ちできるようですから、敵に見つからないと言うのが何より大事かと。

画像

その後は銃を使った戦闘のチュートリアルが発生。
戦闘で十字キーの上を押すと、銃を構えます。
その後で対象を選び○ボタンを押すと、銃で攻撃。
弾が無くなるまで、連続して射撃できます。

銃は近接攻撃より高い威力がありますが、弾数に限りがありますね。
現実世界に戻れば自動的に補給されるものの、それ以外の回復手段は少ないとか。
現在の銃は弾数が16発なので、これを上手くやり繰りする必要があります。

画像

ちなみにモデルガンから弾が発射されたのも、パレスの影響。
ここは認知の世界なので、相手が本物だと思えば、それは本物になるのだと。
見た目がリアルなモデルガンだから、相手が本物だと誤認し、実銃のような威力を発揮した模様。
その割にモルガナの使用する飛び道具は、巨大なパチンコでしたが。

また、ここから仲間への作戦指示が可能に。
仲間の行動指針を変更するだけでなく、直接指示も出せるようですね。
基本はAIに任せ、ボスなどの強敵はプレイヤーが指示を出すと良さそうな感じ。

画像

先へ進むと、今度は総攻撃のチュートリアルに。
弱点を突いて敵を全員ダウンさせると、△ボタンで総攻撃が可能になります。
総攻撃は敵全体に大ダメージを与えられますが、号令を出す主人公が行動不能だったり、主人公以外の仲間がいない状態では使用不可能。
ザコには必殺の威力があるので、弱点を突いて敵をダウンさせ、総攻撃を仕掛けるのが基本になるかと。

画像



修練場に入ると、虐待を受けているバレー部の生徒を発見。
その状況に竜司は怒りを覚えますね。
虐待を受ける生徒を助けようとする竜司でしたが、生徒たちは放っておいて欲しいと訴えます。
大人しくさえしてれば、処刑はされないと。

画像

その発言に衝撃を覚える竜司でしたが、モルガナが言うには、ここの生徒たちは本物の人間では無いそうです。
鴨志田が認知しているだけの人間で、よく出来た人形みたいなもの。
主人公たちのように現実から迷い込んだわけではないと。

つまりは鴨志田にとって生徒は奴隷も同然で、生徒はこうあるべきだと言う意識から、このような生徒たちが作り出されたのでしょう。
とは言え、捕まっている生徒は全員バレー部員で、表沙汰になってはいないものの、現実でも普段からこのような扱いを受けているのだろうと言う話。

画像

その話を聞いた竜司は、憤りを隠せない様子。
竜司が言うには、鴨志田には体罰の噂があるようです。
あくまで噂でしたが、普段からこのような事が行われているなら、警察沙汰になるのではないかと話していました。

パレスでは携帯のカメラは作動しなかったので、竜司は虐待を受けている生徒の顔を覚える事に。
ここから牢屋を調べて、生徒を探すことになりますね。
行ける場所は限られているので、すぐに目的は達成できるはず。

画像

全員の顔を覚えた後は、城から脱出する事に。
ここからは自動で移動し、出口に近づいた所でシャドウ鴨志田に見つかってしまいます。
竜司は鴨志田を否定しますが、鴨志田は竜司の裏切りについて話しますね。
かつて竜司は陸上部のエースだったようですが、暴力騒ぎを起こして仲間の夢を潰したと。

竜司は否定しますが、鴨志田は聞く耳を持たず、配下のシャドウに主人公たちを始末するように指示します。
ここで戦闘に突入しますが、この戦闘は2ターン目に強制的に全滅。

画像

窮地に陥った主人公達でしたが、ここで竜司の過去が判明しますね。
以前鴨志田は臨時で陸上部の顧問を引き受けたようですが、指導と言う名目で体罰が行われていた模様。
鴨志田にとって実績を上げるのは自分だけで十分で、それなりの成績を残す陸上部は目障りだったと。

前のコーチは鴨志田に逆らって、追放されたようですね。
この時鴨志田は、「楯つかなければエースの足を潰すだけで勘弁してやった」と話します。
どうやら竜司の暴力事件は鴨志田に仕組まれていて、目障りだった陸上部のエースだった竜司の足を故障させることが目的だった模様。
さらにその事件を理由に、陸上部も廃部になったようです。

画像

大事なものを奪われたと知った竜司は、鴨志田に反逆の意思を見せつけます。
そしてペルソナ能力を覚醒させ、キャプテンキッドを召喚。
主人公とモルガナと一緒に、番兵隊長に戦いを挑みます。

画像

と言う事で、番兵隊長との戦いになりますね。
お供として穢れた二角獣を引き連れていますが、こいつらは攻撃力が非常に高いので、早めに始末しないと危険。
電撃が弱点なので、竜司のジオでダウンさせ、そのまま撃破したいですね。
番兵隊長だけになってしまえば、後はどうとでもなります。



戦闘後はイベント。
番兵隊長を倒されても、シャドウ鴨志田は慌てた様子は無く、その場に水着姿でネコミミを付けた杏を呼び寄せます。
どうやらこの杏も本物では無いらしく、鴨志田がそうあるべきだと認識している存在のようですね。
シャドウ鴨志田はさらに番兵を呼び出してきたので、不利だと判断した主人公たちは一度撤退する事に。

画像

安全な場所まで移動したところで、モルガナがシャドウの説明をしてくれますね。
シャドウは抑圧された本性で、人が日ごろ目を背けている人格。
本物の鴨志田には、パレスやシャドウ鴨志田の事は知り得ないと話していました。
このまま現実の鴨志田に会っても大丈夫だと。

そしてモルガナは約束を守ったのだから、今度は自分に協力してもらうと言いますね。
モルガナの目的は、真の姿を取り戻す事。
しかし主人公たちはモルガナに付き合うつもりは無いらしく、モルガナを置いて帰って行きました。
この展開はモルガナも予想してなかったようで、必死に叫んでいる姿が見られます。

画像

現実に戻ってきた竜司は、顔を覚えた生徒を捕まえて、鴨志田から体罰を受けている事実を吐かせようと考えていました。
そうすれば鴨志田もおしまいだと。
そして竜司は、体罰の証人探しの手伝いを主人公に頼んできます。

どうやら転校前から主人公の悪評が広まっているのも、鴨志田が言いふらしたからみたいですね。
自分が被害に遭ったと言う事もあるのでしょうが、鴨志田の歪んだ心を見た竜司は、この事態を放っては置けない様子。
そんな竜司から信頼を感じた所で、「坂本竜司」のコープが発生しました。
コープとは、P4でいう所のコミュ。

画像

すっかり意気投合した二人は、一緒に食事に向かいます。
主人公の境遇の真相を知った竜司は、主人公に共感していました。
自分も同じような境遇と言う事で、さらに親近感が沸いたようですね。
二人は連絡先とチャットのIDを交換し、打倒鴨志田の決意を露わにしていました。

その後、場面は学校に。
杏が鈴井志帆と言う女生から、相談を受けているシーン。
志帆はバレー全国大会のスタメンに選ばれたものの不安で、杏が励ましていると言う構図。
しかし杏は、志帆の怪我が気になっている様子でした。

そこに同じクラスの三島由輝もやってくるのですが、こちらも怪我が目立ちますね。
三島は鴨志田が呼んでいる事を伝えに来たのですが、鴨志田の名前を聞いた志帆はどこか怯えてる様子。
そんな志帆を杏が励まし、後姿を見送ると言うシーンでした。

画像

その後はルブランに戻ってきた主人公のシーンに。
ここで竜司からのチャットが届きますね。
アレ風なデザイン。
今回はこのように、仲間とチャットする事もあるようです。

画像

このタイミングで自室のダンボールを調べると、DLCのアイテムが入手できました。
衣装系のアイテムはダンジョン攻略中の姿が変わるタイプで、普段着は変わらない模様。

ベッドを調べると、再び竜司からチャットが届きます。
主人公のスマホに入っていたイセカイナビが、竜司のスマホにも入っていたと。
やはり竜司は入れた覚えがなく、何度消しても復活すると言う話。

そして主人公がベッドで眠りにつくと、ベルベットルームで目を覚まします。
ここではコープの説明を受けますね。
コープとは利害が一致した同じ志を持つ者同士の信頼関係の事で、協力者たちは学校や街中で出会える模様。
協力者達との関係が深まれば、コープの力も増加。

画像

イゴールからの期待を感じた主人公は、「牢獄の監守長」のコープが発生しました。
コープ発生と同時にアビリティも習得。
敵全員をダウンさせた時に、シャドウと会話交渉ができると言う効果。

画像

またアルカナバーストも習得しました。
ペルソナ合体を行う際に、各アルカナのコープランクに応じて経験値を入手すると言うもの。
例えば牢獄の監守長の対応アルカナは愚者。
牢獄の監守長がランク3になっていた場合、合体で愚者のペルソナを生み出すと、一定レベル上昇した状態のペルソナが手に入ると言う感じ。
コープランクが上がるほど、新規作成したペルソナのレベルも上がると。

これらのアビリティは、イゴールから教わったようです。
他にもコープの関係を結んだ協力者から、アビリティを習得できる模様。
コープランクを上げた際に、アビリティを習得する事もあるようです。
次に習得可能なアビリティは、コープの欄から確認可能。



と言う感じで、竜司もペルソナ能力に覚醒しました。
コープなども発生し、いよいよペルソナらしくなってきましたね。
まだイベントを追いかける段階でゲーム性は乏しいですが、もう少し進めれば自分でスケジュールを考え、どのような行動をとるか判断する必要が出てくるでしょうから、そこからが本格的なゲームスタートと言えるかも。
現時点でも、結構なプレイ時間になってますけどね。
それでもまだ4月ですから、ボリュームはかなりありそうな感じ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今、自分は4つ目のパレスを攻略中ですがボリュームはホント凄いですね。
また、一つ一つに演出が加えられていて関心します。
neku
2016/09/19 00:52
早いですね。
私は記事の方が追い付いてませんが、最初のパレス攻略の所まで進んでます。
2人目のターゲットが明かされた所ですが、毎回同じくらいの展開になるとしたら、全体的に濃密でボリューム満点のゲームになりそうですね。
現在でプレイ時間が23時間になってますし。
Westwood
2016/09/19 08:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ5 その3 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる