西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ5 その30

<<   作成日時 : 2016/11/21 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月6日
修学旅行前日の朝ですが、この日も明智に出会えました。
怪盗団の人気上昇と比例するように、怪盗団を批判する明智の人気は低下。
明智を改心させるようにと言う声もあがっているらしく、いつの間にか自分も立派な悪者になったらしいと、明智は笑っていました。
ただ自分が標的になれば怪盗団の手口も解明できるのではないかと、割と前向きに捉えている様子。

画像

この日の授業の答えは「クロノスタシス

放課後はコンビニでバイト。
先輩の奈々美ですが、どこか元気のない様子でした。
理由を尋ねたら、少し前に怪我をした猫を見かけたそうです。
そして先ほど店内にいた大学生達が、近所で憂さ晴らしのために、動物を苛めている大学生がいると話していたのだとか。

その人物が、三島から情報を提供されていたターゲット。
奈々美は犯人の名前も聞いていたようで、これでターゲットの情報を入手できました。
後はメメントスへ向かい、改心させるだけ。
現状のミッションは全て進行可能となりましたが、明日から修学旅行でしばらくメメントスへ向かえないのが残念。

画像

夜は惣治郎の手伝いをして終了。
主人公が修学旅行に行っている間は、双葉がモルガナの面倒を見るようです。
しかしモルガナは、どこか元気がない様子。



9月7日
空港に集まった主人公と竜司、杏、真は、出国前の記念に写真を撮影しました。
その直後、双葉からメッセージが届きますね。
主人公の携帯にアプリを仕込んだらしく、携帯のカメラを利用して、双葉も主人公たちの様子を確認している様子。
仲間たちは双葉が敵じゃなくて、本当に良かったと安堵していました。

画像



9月8日
主人公たちは飛行機に乗り、空の上でした。
機内の様子がアニメーションで流れますが、以前校門前でぶつかりそうになった女生徒も乗っていますね。
3年生だと思われるので、彼女も引率として派遣された模様。

画像

そして主人公たちは、ハワイに到着。
竜司はかなりハイテンションで、浮かれていました。

杏は同じクラスの女子に誘われ、女子たちと一緒に過ごすようですね。
竜司は部屋割りを決める際、主人公と同じ部屋を希望しますが、主人公とはクラスが違うので却下されていました。
主人公は、同じクラスの三島と同じ部屋に。

画像

部屋に荷物を置いた主人公たちは、水着に着替えてワイキキビーチへとやってきます。
真と杏も一緒で、ハワイのオススメスポットを皆で調べていました。
ただみんなで集まって携帯をいじってるのは、日本と変わらないと真は話します。
竜司も思ってたのと違うと感じ、杏はもっとハワイらしい事をしようと提案。
しかしハワイらしい事が思いつかなかったようで、適当に過ごしていたようでした。

画像

夜はホテルの部屋で、三島と談笑。
三島は少し前に怪盗チャンネルにランキング機能を付けたようで、その事を話していました。
サイトを作った本人もビックリするくらいの反響で、こんな凄いことに参加できるなんて、怪盗団を応援していて本当に良かったと話します。

また三島は、明智の事を教えてくれますね。
メジエドの一件以来、明智の人気は地に落ちたらしく、公式ブログも炎上しているのだとか。
三島は怪盗団の正義を見抜けなかった罰だと、得意げになっていました。

画像



9月9日
ハワイ2日目の朝を迎えた主人公たちですが、辺りを見渡しても日本人ばかりで、思っていたような雰囲気では無いと話していました。
そんな時、何故かロサンゼルスへ行っているはずの祐介が、何気なく主人公たちの所へやってきます。
なんでもひどい嵐が来ているらしく、アメリカ本土へ上陸できなかったのだとか。
天候が落ち着く見込みもないので、行き先が急遽ハワイへ変更になったと言う話。
以前の花火大会で大雨に見舞われたのも、祐介が雨男だったのではないかと、仲間たちは話します。

画像

結局、いつものメンバーで、自由時間を過ごす事に。
主人公たちは出かけた先で、ビッグバンバーガーを発見。
渋谷にあるのと同じ系列店で、オクムラフーズが運営している模様。

オクムラフーズと言う名前を聞いて、竜司は怪盗チャンネルのランキングに「オクムラ」と言う名前があった事を思い出します。
そういうのだけは間違えないと、自信満々の竜司。
その話を聞いて、真は何か考え込む素振りを見せていました。
怪訝に思った祐介が尋ねていましたが、オクムラフーズは競合他社が都合よく撤退するなど、何やら怪しい話もあるようですね。
ただ確証の無い事なので、この話はここで終わりとなりました。

画像

その後、一行はワイキキビーチへと移動していました。
杏は日焼け止めを買い忘れたらしく、真と一緒にコンビニで買い物。
2人が戻ってくるまでの間、男性陣は周囲の様子を確認に向かいます。
こちらでも「カイトウ」という言葉が聞こえてくるので、それが自分たちの事なのか確かめようと言う流れ。

と言う事で、ビーチ前の広場にいる外国人から、話を聞くことに。
対象は3人いますが、3人とも日本語で話してくれます。
3人から話を聞いたら一瞬画面が暗転し、ベンチの所に女生徒が現れました。
女生徒に近付くと、竜司達も相手に気が付きます。

主人公たちは、ベンチに座る少女からも話を聞いてみる事にしました。
ここで少女が、同じ学校の3年生だとわかります。
少女は気晴らしで引率を引き受けたようですが、自由時間を持て余していたと話しますね。
ただ自由時間ももう少しで終わりなので、そろそろ戻ると言って去っていきました。

画像

少女と入れ違いで、杏と真も戻ってきます。
真は少女と同級生だと言う事は知っていましたが、あまり話したことは無いとか。
花火大会の時は知り合いのような反応を見せていましたが、それほど親しくは無いようですね。
そして主人公たちも、ホテルへと戻る事にします。

ここで日本で解析を続ける双葉のシーンに。
解析は上手くいっているようで、双葉はご機嫌ですね。
一方でモルガナは、自分抜きでも全然問題ないと、自信を喪失していました。
自分が人間では無いかもしれないと言う不安も大きいようです。

画像

夜になると、主人公は自室で三島と話していました。
怪盗チャンネルをチェックしていた三島は、オクムラフーズの会社の社長が、改心させて欲しい人ランキングで、急上昇してると話しますね。
三島が言うには、オクムラフーズはブラック企業と言う噂があるようです。

そんな話をしていたら、主人公の部屋に竜司と杏がやってきました。
竜司は同室の生徒が彼女を連れ込み、気まずいので出てきたという話。
杏は同室の子が彼氏の部屋に、鍵を持って出かけたそうです。
外に出たらオートロックがかかって締め出されたので、ここにやって来た模様。

画像

そんな感じで、竜司と杏も主人公の部屋に泊まっていく事になりました。
ただ部屋にはベッドが2つしか無く、ソファーを使うとしても一人は床。
主人公も竜司も杏を床に寝させるつもりはないらしく、トランプで寝る場所を決めます。
結果は三島がベッドを獲得し、主人公がソファー、竜司が床で寝ると言う事に。

その後で三島はトイレで部屋を出て行くのですが、杏は怪盗団を結成してから半年も過ぎたと感慨深げに話します。
その割にお互いの事をよく知らないと言うので、主人公と竜司に女性の好みを尋ねてきますね。

主人公は「スタイルのいい子」、「頭のいい子」、「不思議ちゃん?」、「別にない」から、どれかを選ぶことに。
それぞれ杏、真、双葉に該当しますね。
過去作と同じなら、ここで選んだ人物の好感度が上がるのかも。

画像

竜司は逆に杏の好みを尋ねるのですが、トイレから三島の苦しそうな声が聞こえ、そちらに注意がそれて答えはうやむやに。
三島は水道水を直に飲んでいたらしく、外国でやっちゃいけない事ベスト3だろと、竜司に呆れられていました。

その後は特捜部の部長のシーンとなります。
何者かと電話で話しているのですが、口ぶりから察するに、秀尽学園の事を週刊誌にリークしたのは、電話相手のようですね。
部長は見限られた手合いが裏切る可能性は十分あると話し、「心臓麻痺と言う事にでも」と、意味深な言葉を発していました。
何らかの方法で、校長を処分しようとしている様子。

画像



9月10日
意外にも三島は、昼間には元気な姿を見せていました。
竜司は今回のハワイ旅行が思っていたようなものではなく、不満があるようですね。
周りには恋人といちゃついていた連中もいて、足りなかったのはそれだと話します。
そして思い出作りの為に、午後からナンパに出かけようとしていました。
三島も連行されますね。

その時、主人公の携帯に着信音が鳴ります。
竜司は何かを察したらしく、主人公を残して三島と二人で出発。

画像

自室に戻った主人公が携帯を見ると、真が連絡を入れて来ていました。
予定が無ければ一緒に散歩しないかと。
杏と竜司からも、似たような連絡が入っていますね。

ここで最後の自由時間を、誰と過ごすかの選択に。
9日の昼間にセーブが出来るので、一通り見ておくと楽しめるかも。

ちなみに真と過ごした場合、ビーチへ出かけて、夕方まで一緒に過ごします。
この時、アクセサリーの「ティキキーホルダー」を入手。
真からのプレゼント。
効果は魔と耐+5と言うもの。

画像

杏と過ごした場合、2人でビーチへ。
内容的には、真の時と同じですね。
ただ恋人になっているかどうかで、杏の反応が変わりそうな感じでした。
アクセサリーの「メネフネチェーン」も貰えます。
効果は力と耐+5と言うもの。

画像

竜司と過ごした場合、ビーチでナンパするのですが、全て失敗。
夕方になると祐介を発見し、祐介を巻き込んで最後のナンパに。
しかし結局は失敗に終わり、祐介に慰められて終了。

画像



9月11日
修学旅行最終日。
いつものように皆で集まり、感想を話していました。
そして日本になったら活動再開しようと、意気込みを新たにします。

9月12日
主人公たちは飛行機へと搭乗しますが、時差の関係で日本は12日になっていました。
日本では秀尽学園の校長が、警察署へ向かおうとします。
しかし横断歩道の途中で突然苦しみだし、意識を失ってしまいました。
それに気付かず、青信号で右折してきたトラックに轢かれると言うシーン。

画像

主人公がルブランへと戻ってくると、惣治郎と双葉、モルガナが出迎えてくれます。
ちょうど明智の出演しているテレビ番組も放送されていましたが、明智は以前の怪盗批判と言うスタイルではなく、怪盗団に義賊っぽさを感じると、怪盗団を認めるような発言。
MCからも心変わりを指摘されていましたが、明智はもう炎上するのが嫌で、世間に合わせているような感じでした。

その後、双葉は例のデータ解析が終わったと報告。
ただ主人公たちは旅行で疲れているので、明日集まって話そうと言う事になりました。

ベッドで眠りにつくと、真の自宅へとシーンが切り替わります。
真は自宅で勉強をしてたのですが、そこに冴が帰宅。
秀尽学園の校長が亡くなった事を教えていました。

画像

状況から自殺の可能性があるそうですが、冴は不信感を抱いている模様。
自殺を考えている人間がタクシーを使い、警察署まで行くだろうかと。
あまりに急な心変わりから、怪盗団に改心させられたのではないかと話していました。

真はその事を否定。
これまでのケースから考えて、改心させるのは自白させる為で、今回の件は行動が矛盾してるように感じると話します。
その話に理解を示したのか、冴は修学旅行中に何かがあったのだろうかと考え、自室へと戻っていきました。

画像



9月13日
朝は緊急の全校集会があり、ここで校長の死亡が生徒たちに伝えられました。
生徒たちは怪盗団の仕業だと噂話をしていましたが、竜司は何もしていないと憤っていますね。
他のメンバーも、何かしら思う所がある様子。

画像

その後、未来の時間軸になります。
ここで審判コープがランク4に上昇。
また奥村と言う人物を怪盗団が狙い、今までと違う結末を迎えたような事もわかりますね。
何が起きたかは、この後で判明するのでしょう。

夜は主人公の部屋に、怪盗団のメンバーが集まっていました。
校長の死はネットでも話題になっていて、今の所は怪盗団の仕業だとは思われていないようです。
週刊誌に鴨志田事件を隠蔽していたとスクープされたので、それを苦に自殺したと思われているとか。

世間では死んで当然の人物だと思われているらしく、一般市民たちの味方は怪盗団だけだと言う風潮になっている模様。
怪盗団の影響力があまりにも大きくなりすぎている為、自分たちの行いは本当に正しいのかと、真は不安を訴えていました。
竜司は実際に隠蔽は行われていたので、自業自得だと言う論調。
竜司は当事者ですから、校長を恨む気持ちもあるのでしょう。

画像

話題が逸れてきたので、モルガナが本題に移るように促しますね。
今回集まったのは、双葉が解析したデータを皆で見る為。
真の姉の冴ですが、一連の連続事件の内、明らかに事故や病気でない不審なものを抜き出していたようです。
それらに共通点が無いのか、探っていた模様。

そして過半数の事件で、大きな利益を得る立場にあった存在を特定したと言う話。
その人物が、株式会社オクムラフーズの社長である、奥村邦和。
ビッグバン・バーガーを経営している会社ですね。
競合他社に不祥事や役員の退任など、オクムラフーズに有利に働く出来事が不自然に多いとか。

画像

モルガナも事件か事故かもわからないのに、特定の社長ばかり得しているのは、怪しすぎると話していました。
そいつが故意に起こしている事件と考える方が自然だと。
さらに双葉は、既に奥村にパレスが存在する事を、確認済みでした。

竜司は次のターゲットは奥村で決まりと乗り気ですが、祐介は慎重ですね。
まだ奥村が悪人と決まったわけでも無く、世間の怪盗ブームも気味が悪いと。
杏も最近の盛り上がり方は普通ではなく、少し落ち着いてからの方が良いのではないかと提案していました。

しかし消極的な皆の態度が気に入らないらしく、モルガナが文句を言っていました。
そのまま竜司と口喧嘩に。
そして自分の居場所はここには無さそうだと話し、皆に別れを告げて飛び出してしまいます。

画像

その後は冴と明智のシーンに変わります。
冴は怪盗団を正義と受け入れている世間の反応が気に入らない様子。
そして冴は、今回の校長の一件で、最近の廃人化や精神暴走事件は、怪盗団の仕業だと確信したと話していました。
オクムラフーズの社長の周りで廃人化の事例が多発しているらしく、奥村と怪盗団に接点があるのではないかと考えている模様。

ただ冴はかなり強引な捜査をしているらしく、明智からも注意を受けていました。
しかし冴は、規則通りの捜査では尻尾を掴めない相手だと、気にしていない様子。
明智は規則を無視した世直しは怪盗団と同じだと告げ、その場から立ち去っていきます。

画像

その後はモルガナのシーンに。
モルガナは1人で奥村のパレスに乗り込んだらしく、不覚にもシャドウに敗れていました。
そこに謎の人物が現れ、モルガナに声をかける所でイベント終了。
ゲーム内では明らかになっていませんが、プレイヤーには謎の人物が誰なのかわかりますね。
修学旅行でも遭遇した、3年生の女生徒。

画像



9月14日
双葉は戻ってこないモルガナの事を心配していました。
皆にも連絡を取ってみるも、他のメンバーはあまり気にしてない様子。
一晩帰ってきてないだけなので、まだ深刻には捉えていないようでした。

この日の授業の答えは「献残屋
カレンダーを見ると10月17日から中間試験なので、クイズ形式の授業はこれから増えるかも。

夜になると、パレスのシーンに切り替わります。
モルガナが謎の人物と一緒に行動しているのですが、影を見る感じだと、謎の人物は既にペルソナ能力に目覚めているのかも・・・。

画像

その後はルブランの店内に。
双葉が戻ってこないモルガナを心配していますね。
その時、テレビのニュースで、オクムラフーズの本社ビルの窓ガラスが多数割られており、社長の銅像が倒されるなどの被害が生じていると報道されます。

ニュースを見た双葉は、モルガナが単身乗り込んだと思い、明日みんなで奥村のパレスに行ってみようと提案していました。
慎重派のメンバーも緊急事態だからと、その提案を受け入れます。



と言う感じで、新しいパレスへ乗り込む直前まで進みました。
中間テストが10月17日から行われるので、今回のリミットはそれより前になりそうです。
ただ今回はメメントスに潜っておらず、手持ちのお金も20万くらいしかないんですよね。
装備を買い替えるのに結構なお金が必要ですから、今回の探索は少々厳しい事になるかも。
敵から受けるダメージが結構大きいので、防具だけでも揃えておきたい所ですが・・・。

画像



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日のルフランの地下迷宮につづいて、
ペルソナ5もクリアーだぁ!
楽しかったけど、自分のランキングではルフランの方が上かな(^o^;)
パレス攻略が面倒かった。
いつかアニメ化してほしいなぁ。
いやささ
2017/01/14 13:02
ペルソナクリアおめでとうございます。
私はちょうどキリが良い所まで進んだので、そこで休止しています。
Gジェネの方も落ち着いてきたので、そろそろ再開したい所ですが、グラビティデイズが控えているのでもう少し寝かせる事になりそうです。
アニメは見てみたいですが、金城の声優さんが亡くなってしまったので、オリジナルのキャストでのアニメ化が難しそうなのが残念ですね。
Westwood
2017/01/15 19:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ5 その30 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる