西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムブレイカー3 その11 DLC第四弾 [BUILD EVOLUTION]

<<   作成日時 : 2016/12/21 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年12月20日より、ガンダムブレイカー3のDLC第4弾「BUILD EVOLUTION」が配信開始となりました。
先月、先々月と25日にDLC配信されていたので、そろそろ配信されるだろうと思って公式サイトをチェックしていたのですが、なかなか配信日の発表は無かったんですよね。
ところが、12月20日に予告も無く、突然DLCが配信されて驚きました。
GジェネのDLCも配信されていたので、そちらをチェックしている時に気が付いたという形。
前回のDLCはPSN側のトラブルで1日遅れとなったので、今回は予告なしの配信になったのかもしれませんね。

また今回のDLCに対応するべく、アップデートも行われています。
DLCを適用する前に、まずはゲームソフトのアップデートが必要。
アップデートではアクション等の調整も行われたらしく、強武器だった6連装ミサイルポッドが弱体化された模様。
1発撃つだけでEXゲージ、覚醒ゲージを一気に稼げたので、便利だったんですけどね・・・。
覚醒を維持し続ける事もできましたし。

画像



今回のDLCで追加されたのは、下記4機体とビルダーズパーツ、新アイテム「リミットブレイカー」、あとはミッションですね。
ただスペリオルドラゴンは僚機専用で、プレイヤーが使えるわけではありません。
そういう意味では、追加機体は3体のみと言えるかも。

・ガンダムキマリス
・モビルワーカー
・アルケーガンダム
・スペリオルドラゴン


画像

スペリオルドラゴン以外は、DLCミッションに出現する敵を倒すとパーツを入手可能。
一定数のパーツを手に入れれば、ショップでも販売されます。
ただしガンダムキマリス以外は、HGショップでしか販売されません。



■ シナリオ1 「われはトイボット」
玩具ロボットとして作られたロボ太に焦点があてられた物語。
AIながらも今の生活に充実感を得ているロボ太は、いずれプレイヤーやミサが大人になり、自分が不要となってしまう事に不安を覚えてしまった模様。

画像

エリア1では、ジェガン、ギラ・ドーガ、ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)が出現。
エリア2では、ジム・カスタム、ヅダ、ケンプファーが配置されていました。
エリア3では、ボスとしてガンダムキマリス、ガンダムバルバトスが登場。
強敵として、ドラゴンガンダムも出現します。

画像

このステージでは、下記のビルダーズパーツが手に入りました。
それぞれドラゴンガンダム、ガンダムキマリスがドロップします。

・ドラゴンヘッド
・スラッシュディスク
・コンバットナイフ




■ シナリオ2 「現実逃避」
このステージではミサ、ロボ太の3人で出撃しますが、エリア2でロボ太が離脱してしまいます。
ロボ太が内に抱える不安を打ち明けるのですが、それがバグだと思って、製作者のカドマツにメンテして貰いに行くと言う形。

画像

エリア1では、ザクII、グフ、高機動型ザク改が出現。
最後にはボスとしてモビルワーカーも現れます。
強敵としてスタークジェガンも出現しました。

画像

エリア2では、GN-X、GNアーチャー、ガンダムヴァーチェ。
エリア3では、GN-X III、アルケーガンダムが出現します。

画像

ビルダーズパーツは、下記の3種が手に入りました。
それぞれスタークジェガン、モビルワーカー、アルケーガンダムが落とします。

・ニーアーマー
・ライト
・コックピット
・GNファングラック
・片側アンテナ




■ シナリオ3 「堂々めぐる」
ロボ太の様子を見に行くミサとプレイヤーでしたが、カドマツからロボ太が思考の無限ループに陥ったと伝えられます。
自分の役目と、ロボットと人間との関係で思考がループしている模様。
人間と違ってAIは、無限に思考を続けてしまう為、そこから抜け出せない模様。
そこでカドマツは外から刺激を与える為、ガンプラバトルを利用して、プレイヤーとミサをロボ太のAIに送り込みます。

画像

エリア1では、V2アサルトバスターガンダム、ゴッドガンダム、ユニコーンガンダムが出現。
エリア2では、Zプラス、FAZZ、Ex-Sガンダムが出現します。
どちらのエリアでも、ボスとしてSDガンダムが登場。

エリア3では、3体の騎士ガンダムが対話していました。
ロボ太のAIが自問自答している事を現している様子。
ただロボ太自身は思考がループしている事に気が付かないので、刺激を与える為に3体の騎士ガンダムと戦う展開に。

画像



■ シナリオ4 「最良のとき」
ロボ太のAIの最深部へ向かう二人でしたが、そこには騎士ガンダムとサタンガンダムに分かれたロボ太がいました。
ロボットにあるまじき考えを邪な気持ちとして捉え、それをサタンガンダムの姿で現している模様。
しかしミサが「自分たちは友達だ」と何気なく発っした言葉で、ロボ太の悩みは解消されます。

画像
画像

ロボ太はいつまでも二人と一緒に居たいと思っていたのですが、二人が大人になれば自分は不要な存在になると勝手に思い込んでいた模様。
それが単なる思い込みだと理解して、悪い心として切り離していたサタンガンダムと融合。
そんなロボ太に、カドマツが新しい姿としてスペリオルドラゴンをプレゼントしてくれました。

と言う事で、スペリオルドラゴンを手に入れたロボ太相手に、戦う事になります。
この力を試してみたいので、二人に相手をして欲しいと言う流れ。

画像

スペリオルドラゴンを倒すとコンテナが3つ出現し、中からリミットブレイカーを入手できます。
DLCを入手してない人も、オンラインの協力プレイでこのステージをプレイすると、リミットブレイカーを入手できる模様。

その後は、ロボ太は彩渡商店街の玩具店にて、ロボ太と言う名前と、かけがえのない友を授かったというモノローグで終了。
ステージ構成に目立った変化は無かったものの、ストーリーはなかなか面白かったです。

画像



リミットブレイカーですが、プラスチック合成時に使用する事で、パーツの限界を超えた強化が可能になります。
Lv30になったパーツには星マークが付きますが、リミットブレイカーを使うと星2つのマークに変化。
最大で星3つまで強化可能。
武器なら基礎DPS、本体はアーマーが上昇します。
ただしリミットブレイカーは、Lv30のパーツにしか使えません。

画像

高難易度だとアーマーが増えた所で影響は少ないのですが、武器のDPSが上がるのは嬉しいですね。
リミットブレイカー1個で1回分の強化になるので、強化も簡単ですし。
ボス戦だけのすぐ終わるステージで、最低3つ手に入る所も有り難いですね。

画像



新機体のガンダムキマリスですが、バックパックが2種類ありますね。
通常の物と、ブースター装備の2種類。
HGショップだと通常版、MGショップだとブースター版に分かれている所が難点。
ドロップだと、どちらのパーツも手に入りますけどね。

画像
画像

画像
画像

固有アビリティに特筆すべきものはないのですが、オプション兵装は特徴的ですね。
頭部パーツをセットすると、閃光弾を使用可能。
これはいくつかの光球を打ち出し、それに触れた敵をショック状態にすると言う効果があります。
光球は割と大きく、狙ったタイミングで敵を行動不能に出来るのが便利。
一度に4発の光球を打ち出すのですが、マルチロック兵装なので、一度に複数の敵を無力化できるのも利点。

画像
画像

腕パーツをセットすると、スラッシュディスクを使えるようになります。
円盤を射出するのですが、命中させた敵の防御力を短時間ダウンさせる効果が有り。
こちらはビルダーズパーツでも、同様の効果があります。

足パーツをセットすると、コンバットナイフと高機動形態フルブーストが使用可能。
コンバットナイフは、サーベルタイプの武器。

高機動形態フルブーストは、前方に急加速するアクションになります。
攻撃判定があり、短距離を高速移動しますね。
槍の強攻撃に近い挙動。
ロックした対象に向かって飛んでくれるので、近接攻撃の追い打ちや離脱に使えるかと。

画像



アルケーガンダムですが、固有アビリティは無し。
GNバスターソードは大剣系の武器で、装備するとGNバスターソードライフルモードが使用可能になります。
こちらはライフル系の武器ですね。
ライフルの方は、バースト射撃と照射で固定かも。
私が手に入れた物は、全てこのタイプでしたから。

画像

アルケーガンダムの足を装備すると、GNファングとGNビームサーベルを使えるようになります。
GNファングはファンネル系の武器で、放出後はロックオン対象を自動的に攻撃してくれます。
ファンネルと違う点は、対象をショック状態にしてくれる所。
敵の動きを封じてくれるので、かなり便利です。

画像

GNファングはビルダーズパーツも用意されていて、こちらも同様の効果があります。
敵のスタンはかなり便利なので、ファンネル系の武器は今後GNファングが主流になるかもしれませんね。

画像

GNビームサーベルは、足にセットされたサーベルで攻撃するもの。
この機体特有の攻撃ですね。

シールドを装備すると、GNフィールドを使用可能。
展開中は物理射撃・ビーム射撃のダメージを軽減してくれる模様。
シールド武装の一種で、ゲージが無くなると強制的に解除されてしまいます。
ただダメージを受けなければ、ゲージは減らないようでした。
その代わり、展開中はゲージの回復もありません。

画像



モビルワーカーは、ガンダム系の機体にしては珍しく、鈍重なデザインが魅力ですね。
上手く活用する事で、MSらしくない機体を作ることも出来るかと。
人によってはこのデザインだけで、価値のある機体かもしれません。

画像
画像

こちらも固有アビリティに、注目すべきものは無し。
バックパックにスラスター容量+2000のアビリティが付いてますが、ゲーム本編にスラスター容量+5000のアビリティが用意されていますし。

モビルワーカーも、オプション兵装が個性的でした。
胴パーツをセットすると、ウインチとライトが使用可能。

画像

ウインチですが、ワイヤーを射出し、敵に当てると目の前に引き寄せます。
障害物や巨大敵に命中させた場合は、自分がワイヤーの当たった地点に高速で移動。
障害物に対して連続で使うと、結構な距離を高速で移動出来るので、移動目的でも便利だったりします。
まぁワイヤー系の兵装は、本編にも収録されていますけど。

面白いのがライト。
使用すると胴のライトが点灯し、敵に狙われやすくなる効果があります。
敵の注意を引きつけるタンクとしての役割を持つ機体を作るなら、ライトの効果は便利かも。
ビルダーズパーツのライトも同様の効果があるので、そちらを使う手もありますが。

画像

腕パーツをセットすると、クローが使用可能。
これは突進しながら敵を掴み、最後にダメージを与えながら敵を吹き飛ばすと言う攻撃。
ゲージ等の消費は無く、何度でも使えるのが特徴。
ゴッドガンダムなどのフィンガー系EXアクションを、オプション兵装にしたような攻撃。



これでDLC第四弾の内容は全て。
新機体は面白いアクションが用意されていますし、ビルダーズパーツは性能面でも外見でも特徴的なものが追加されているので、なかなか良いDLCでは無いかと。
リミットブレイカーでさらなる強化も行えますし、第四弾だけ購入するのも有りだと思います。
僚機として一緒に行動する事の多いロボ太にも、新しい機体が追加されますし。

[リンク]
ガンダムブレイカー3 公式サイト

ガンダムブレイカー3 - PS4
バンダイナムコエンターテインメント
2016-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガンダムブレイカー3 - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンダムブレイカー3 その11 DLC第四弾 [BUILD EVOLUTION] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる